MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エビメバル&イシモチ、東京湾に春がきた!【東京湾・金沢八景】

エビメバル&イシモチ、東京湾に春がきた!【東京湾・金沢八景】

東京湾のエビメバル釣りが開幕した。モエビエサを使うこの釣りは、繊細な道具を使うとより一層スリリングに楽しむことができる。竿はやはりメバル専用竿が楽しい。

入れればほぼトリプル、悪くてもダブルでくる。短時間ながら、みなさん「もうクーラーに入りません」と早春の釣りを満喫

3本バリにパーフェクトもたびたびあった。

釣果を伸ばすコツは追い食いをねらうこと。

ひなたさゆりチャンはダブル、トリプル連発。ゆっくーりやってもイシモチ19匹。

これから潮が濁ると良型メバルが増えていく。

メバルの魅力は何と言ってもその強い引きにある。軟らかい竿で楽しもう。

エビメバル、イシモチの仕掛けを用意しよう。

後半はアオイソメでイシモチ狙い。

「釣果の半分はエサ付けで決まります」(船長)というほどエサ付けは重要。ひと節目に軽く刺すぐらいでOK。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」。

東京湾のメバル釣りが2月1日に開幕した。釣り方やエサによって呼び方が変わるが、ここで取り上げる「エビメバル」とは、モエビエサをを使うことからこう呼ばれている。狙う水深が浅く、メバルの強い引きをダイレクトに味わえて人気が高い。
金沢八景「一之瀬丸」には、解禁日の1日に多くのメバルファンが集まった。始めに八景沖のポイントを試すと、小型が多いながらも派手なアタリがたくさん出た。カサゴまじりで順調に食い、次第に良型も増えていった。
「数を伸ばしたかったら、最初にアタリがあってもしばらく待ってください。ダブル、トリプルで掛かりますよ」と西村幸治船長。
「一之瀬丸」では、「ショートメバル五目」の名で出船している。7時出船で11時過ぎまでメバルを狙い、後半はイシモチへ。メバルはいい人で40匹ほどと順調な食いを見せた。
後半のイシモチがこれまたスゴかった。1時間半ほどながら、トップはなんと50匹超え。それもそのはず、入れればほぼトリプル、悪くてもダブルでくるんだもん。短時間ながらみなさん「もうクーラーに入りません」と早春の釣りを満喫。
「これから潮が濁れば、メバルももっと面白くなりますよ」
まだまだ寒い日は続くけど、春はもうすぐそこですよ!

以上の記事は「つり丸」2013年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読