MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
飯岡沖のヤリイカ、開幕! 釣果安定&群れ濃厚!【外房・飯岡沖】

飯岡沖のヤリイカ、開幕! 釣果安定&群れ濃厚!【外房・飯岡沖】

飯岡沖のヤリイカというと、「いったいどこがポイントなんだろう?」と思う方もいるかもしれない。正確には、片貝海溝と言われる場所がヤリイカのポイントなのである。ここは一気に深みに落ちる海溝で、深場ではアコウなどの深海釣りも楽しめる。そのヘリにこれからの時期ヤリイカが集まってくるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》飯岡沖のヤリイカ、開幕! 釣果安定&群れ濃厚!【外房・飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

最初こそ2杯、3杯掛けだったが、次第に5杯、7杯と多点掛けのラッシュに!

「太幸丸」の初出船となったこの日、順調に乗ってみなさん40杯以上の釣果を得た。サイズは小型が多く今後に期待を持たせてくれた。

ポイントは1時間半ほど走るが、群れが濃いぞ!

朝イチはスルメも。大サバも多かったが日中はサバが消え釣りやすくなった。

ひとたびヤリイカが釣れだすと、ほぼダブル以上で乗っていった。

中だるみタイムもあったが、良型含め入れ乗りタイムも堪能できた。

中盤から後半に掛けては5杯掛け、7杯掛けなどで一気に数が伸びた。

あっという間にオケがうまっていった。

水深は150〜180m ほど。少しずつ水深が落ちていくヘリを狙っている。

プラヅノは11cmメインで。カンナはダブルでもOKだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「太幸丸」。

外房・飯岡沖のヤリイカが1月下旬に急きょ釣れだし、連日好釣果をあげている。開始早々からトップ50杯以上を記録し、安定感抜群の釣りが展開されている。
ポイントである片貝海溝は、深海から一気に浅みに掛け上がっており、そのヘリにヤリイカたちが大挙してやってくるのだ。
飯岡港「太幸丸」の初出船となった1月31日は、10隻近い船がポイントに集結。開始直後は、スルメがポツポツ乗り、ヤリイカはなかなか顔を出さなかったが、3流し目から一気にスイッチが入った。水深150mほどから流し始め、180mほどまで少しずつ深くなっていくが、ここからほぼ乗りっぱなしに。最初こそ2杯、3杯掛けだったのが、次第に5杯、7杯と多点掛けのラッシュに。サイズは小型主体ながら、これだけ乗れば乗り味も十分。電動がいい感じでうなり声をあげる。
「例年通りのスタートですね。今日は反応がなくなってもずっと乗っていましたね。イカの群れも多そうです」と実川浩司船長。
前半はほぼベタ底で乗っていたが、後半は上のツノにも乗るようになって、一気に数が伸びていった。この水深なら、1杯ずつではもったいない。最初の1杯が乗ったら、誘いを入れて追い乗りを待つのが釣果を伸ばすコツ。
「まだ始まったばかり。今年はかなり面白そうですよ」と船長。さあ、いよいよヤリイカシーズン全開だ。

以上の記事は「つり丸」2013年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル