MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いよいよ本番だっ! 乗せまくろう、ヤリイカ!【沖ノ瀬〜洲崎沖】

いよいよ本番だっ! 乗せまくろう、ヤリイカ!【沖ノ瀬〜洲崎沖】

「今日は同じ色のプラヅノでヤリイカをねらってみようと思います」こう切り出した取材班に対して剣崎間口「喜平治丸」の鈴木武之船長はあっさりと、「それ、乗るよ!」。

日によりめまぐるしく変わる展開、これに対応すれば釣果は確実

久々のヤリイカ釣りを楽しんだレイコ。  

朝イチはサバも多くスルメメイン。後半はサバも消え11㎝ブランコでヤリイカねらい。

朝イチはジャンボスルメイカ。スルメが多いときは14㎝か18㎝を使ったほうが乗りが良くなる。

ポイントは洲崎沖から沖ノ瀬にかけての水深200m前後。日によりスルメメインだったりヤリメインだったり、状況が変わる。これに対応することが重要だ。

ピンク一色のタキはいきなりダブル。

パラソル級から小型までサイズはさまざま。まだ今年のヤリイカは「こうだ!」という感じではない。

直結、ブランコ、それぞれ同色で仕掛けを組んでみた。さて、釣れるかな?

周りもほとんど1杯掛け、2杯掛けという状況だったので遜色はなかった。でも、いくら乗っても同じ色じゃツマンナイね。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

聞けば、鈴木武之船長はヤリイカのみならずマルイカなども同じスッテ、同じ色などでさまざまな実験をしてきたという。
前半はスルメが多く、検証は後半戦に。と、実験1投目にダブルで乗ってきた。その後も周りにまったく遜色のない乗りを見せたのでした。
よって「全部同じツノでも乗る」。だけど、やっぱりあれこれ考えて釣るから楽しいわけで、「実験は実験、いろいろまぜて釣りたいな」というのが、私たちのホンネです。
ヤリイカ釣りはスルメまじりでいいシーズンです。みなさんもあれこれ試していい釣果をあげてくださいね!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
荒川笹目橋「けやき丸」では“湾奥ルアー五目”が熱い!「シーバス中心にサワラやイナダも顔を出し、ビギナーさんでも十分楽しめます」とのこと。ぜひ仲間を誘って秋の楽釣プランを満喫してみよう!
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!
東京湾奥のサワラゲームがアツい!今年も来た!湾奥のサワラ祭り!レンジ・アクション・スピードを使い分け、激ウマのターゲットを捕獲しよう!!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル