いよいよ本番だっ! 乗せまくろう、ヤリイカ!【沖ノ瀬〜洲崎沖】

いよいよ本番だっ! 乗せまくろう、ヤリイカ!【沖ノ瀬〜洲崎沖】

「今日は同じ色のプラヅノでヤリイカをねらってみようと思います」こう切り出した取材班に対して剣崎間口「喜平治丸」の鈴木武之船長はあっさりと、「それ、乗るよ!」。


日によりめまぐるしく変わる展開、これに対応すれば釣果は確実

久々のヤリイカ釣りを楽しんだレイコ。  

朝イチはサバも多くスルメメイン。後半はサバも消え11㎝ブランコでヤリイカねらい。

朝イチはジャンボスルメイカ。スルメが多いときは14㎝か18㎝を使ったほうが乗りが良くなる。

ポイントは洲崎沖から沖ノ瀬にかけての水深200m前後。日によりスルメメインだったりヤリメインだったり、状況が変わる。これに対応することが重要だ。

ピンク一色のタキはいきなりダブル。

パラソル級から小型までサイズはさまざま。まだ今年のヤリイカは「こうだ!」という感じではない。

直結、ブランコ、それぞれ同色で仕掛けを組んでみた。さて、釣れるかな?

周りもほとんど1杯掛け、2杯掛けという状況だったので遜色はなかった。でも、いくら乗っても同じ色じゃツマンナイね。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

聞けば、鈴木武之船長はヤリイカのみならずマルイカなども同じスッテ、同じ色などでさまざまな実験をしてきたという。
前半はスルメが多く、検証は後半戦に。と、実験1投目にダブルで乗ってきた。その後も周りにまったく遜色のない乗りを見せたのでした。
よって「全部同じツノでも乗る」。だけど、やっぱりあれこれ考えて釣るから楽しいわけで、「実験は実験、いろいろまぜて釣りたいな」というのが、私たちのホンネです。
ヤリイカ釣りはスルメまじりでいいシーズンです。みなさんもあれこれ試していい釣果をあげてくださいね!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


身近なビッグゲーム! 城ヶ島沖水深100mでイシナギ炸裂【城ヶ島沖】

身近なビッグゲーム! 城ヶ島沖水深100mでイシナギ炸裂【城ヶ島沖】

4月中旬、神奈川県城ヶ島沖でイシナギがついに炸裂! イシナギといえば、千葉の勝浦沖や南伊豆の河津沖が有名だが、こちら城ヶ島沖も負けていない。この日はなんと船中11本もの本命が浮上し、40㎏級まじりで最大はなんと58㎏!


今年もロングランに期待! LTも楽しめる日立沖のヤリイカ【日立沖】

今年もロングランに期待! LTも楽しめる日立沖のヤリイカ【日立沖】

ここ数年、ヤリイカの本格的な開幕は「春」と言っていいほどシーズンが後にずれ込む傾向がある。駿河湾から相模湾、南房から外房へと、〝ヤリイカ前線〟は西から東へと移動していくが、最後に釣れだすのが、ここ常磐エリアだ。


パラソル級主体のヤリイカ、爆乗りシーズン大詰め!【外房・川津沖】

パラソル級主体のヤリイカ、爆乗りシーズン大詰め!【外房・川津沖】

早春の時期から開幕している外房のヤリイカ。4月に入ると絶好調。パラソル級の大型主体に数釣れている。


パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

今回お邪魔した勝浦川津港「基吉丸」。5月頃にピークを迎える超巨大魚「イシナギ」釣りの高い実績が非常に有名な釣り宿。この時期、平日はおもにキンメダイの漁へ。そして週末はヤリイカの乗合船を出している。


型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】

型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】

例年、春になると勝浦沖でヤリイカが好調に釣れ始める。ここのヤリイカの特徴は、浅場で大型が乗ってくること。イカの重量感がダイレクトに竿に伝わり、楽しさ抜群の釣りだ。4月15日の日曜日、釣友を誘って勝浦川津港の「不動丸」にお邪魔した。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読