いよいよ本番だっ! 乗せまくろう、ヤリイカ!【沖ノ瀬〜洲崎沖】

いよいよ本番だっ! 乗せまくろう、ヤリイカ!【沖ノ瀬〜洲崎沖】

「今日は同じ色のプラヅノでヤリイカをねらってみようと思います」こう切り出した取材班に対して剣崎間口「喜平治丸」の鈴木武之船長はあっさりと、「それ、乗るよ!」。


日によりめまぐるしく変わる展開、これに対応すれば釣果は確実

久々のヤリイカ釣りを楽しんだレイコ。  

朝イチはサバも多くスルメメイン。後半はサバも消え11㎝ブランコでヤリイカねらい。

朝イチはジャンボスルメイカ。スルメが多いときは14㎝か18㎝を使ったほうが乗りが良くなる。

ポイントは洲崎沖から沖ノ瀬にかけての水深200m前後。日によりスルメメインだったりヤリメインだったり、状況が変わる。これに対応することが重要だ。

ピンク一色のタキはいきなりダブル。

パラソル級から小型までサイズはさまざま。まだ今年のヤリイカは「こうだ!」という感じではない。

直結、ブランコ、それぞれ同色で仕掛けを組んでみた。さて、釣れるかな?

周りもほとんど1杯掛け、2杯掛けという状況だったので遜色はなかった。でも、いくら乗っても同じ色じゃツマンナイね。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

聞けば、鈴木武之船長はヤリイカのみならずマルイカなども同じスッテ、同じ色などでさまざまな実験をしてきたという。
前半はスルメが多く、検証は後半戦に。と、実験1投目にダブルで乗ってきた。その後も周りにまったく遜色のない乗りを見せたのでした。
よって「全部同じツノでも乗る」。だけど、やっぱりあれこれ考えて釣るから楽しいわけで、「実験は実験、いろいろまぜて釣りたいな」というのが、私たちのホンネです。
ヤリイカ釣りはスルメまじりでいいシーズンです。みなさんもあれこれ試していい釣果をあげてくださいね!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

9月に開幕した駿河湾・石花海のヤリイカ。連日絶好調で、しかも非常においしいのが特徴だ。そんな石花海のヤリイカ釣りで使用する仕掛けは、プラヅノ11㎝のダブルカンナ仕様が定番。他のエリアと異なり、石花海でダブルカンナのツノを使うのは、イカのサイズが大きいことが最大の理由だ。


浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

「ここ数年は秋から冬は水温が高すぎるのか、ヤリイカが釣れるような潮じゃないことが多かったですね。今年は潮の流れもいいのか、久しぶりに当たり年と言ってもいい釣れ方をしていますね」とは、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。


昼ヤリイカはこれからがポイント広がり期待大!(坂口丸)

昼ヤリイカはこれからがポイント広がり期待大!(坂口丸)

今シーズンの相模湾はヤリイカが多そうだ。「去年はすごい多かったよね。今年はそこまでじゃないけど、どこにでもイカがいる感じだよ」と、早川港「坂口丸」の久保田忍船長は言う。今シーズンの開幕は早く、お盆開けごろにはすでにまとまった釣果が出ていて、100杯以上の日も度々記録された。


美味ヤリイカシーズン開幕! 仕掛けから釣り方までご紹介(春盛丸)

美味ヤリイカシーズン開幕! 仕掛けから釣り方までご紹介(春盛丸)

8月中旬ごろ、相模湾の東部、西部ともにヤリイカが開幕した。東部でまとまって釣れだしたのは城ケ島沖〜長井沖。中小型主体に、いい日にはトップ50杯以上を記録することもあった。


すでに90杯オーバーも出て絶好調! 東京湾口のヤリイカ(一之瀬丸)

すでに90杯オーバーも出て絶好調! 東京湾口のヤリイカ(一之瀬丸)

東京湾口では秋の声とともにヤリイカが釣れだし、高水準の釣果をたたき出している。「今年は8月下旬からヤリイカを狙っています。スルメがあまりよくなかったので始めた感じですが、ヤリイカの群れはどこでも見つかって、イカはかなり多そうですよ」こう話すのは、金沢八景「一之瀬丸」の一之瀬竜也船長。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読