MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場の大型ヤリイカを狙え!【駿河湾大瀬崎沖&東伊豆沖初島周り】

浅場の大型ヤリイカを狙え!【駿河湾大瀬崎沖&東伊豆沖初島周り】

昨年夏から秋、日本海は福井県越前沖や小浜沖、金沢沖で大ブレイクした夜イカゲーム。餌木やナマリスッテひとつでアカイカやブドウイカなどのケンサキイカをひとつテンヤマダイやタイラバなどのライトタックルで釣るというもの。

perm_media 《画像ギャラリー》浅場の大型ヤリイカを狙え!【駿河湾大瀬崎沖&東伊豆沖初島周り】の画像をチェック! navigate_next

カカリ釣り&流し釣りパターンで、新釣法は通用するのか!?

ひとつスッテの威力発揮。バーチカルエギングは餌木のサイズがカギ。

周辺がすっかり暗くなってからが、フィーディングタイム。イカたちが電気の明かりに集まったベイトフィッシュを求めて集まってくる。

枝糸を出して浮きスッテを付けるのも一手。スッテの動きを変えるテクニックのひとつ。

群れて回遊してくるヤリイカ。同時ヒットはザラだ。

エギングでは餌木のサイズがカギとなった。2.5号以下のサイズが有効だ。

日本海のケンサキイカには実績のあるナマリスッテ。ヤリイカにもバッチリだ。

Olandのスッテスクゥイッドは、カラーは13色、サイズは2.8号、3.5号、5号、6.5号とある。

ナマリスッテは漁具。3号〜60号までサイズはさまざまだ。水深30〜40mのポイントでの定番サイズは、8〜10号。

地元ではジンドウイカと呼ばれるケンサキイカ(マルイカ)が多くまじった。

福井沖では、特に夜イカゲームが熱い。半夜で一人100杯超えなんてこともザラ。しかも、お手軽で簡単、そして、テクニックで差が出るとなれば、コレを見逃さずにはいられない。昨年は、突然の大ブレイクゆえに、ナマリスッテは、地元の各釣具店からはもちろんメーカーの在庫切れが相次いだほど。今シーズンもさらにブレイクする予想で各メーカーから新商品が続々を登場する予定。
試釣を行ったのは、沼津沖内浦湾口の大瀬崎沖と東伊豆初島周り。
前者はカカリ釣り、後者は流し釣りスタイル。これで結果を得られれば、太平洋エリアでもこの新釣法が定着すること間違いないとの目論みである。
試釣日は2月なかば。今シーズンのヤリイカは産卵期が遅れ気味でようやく乗り始めたところ。2晩ともあいにくの雨模様だったが、海上は凪ぎ。
初日は大瀬崎の陸地まであと数mのところにアンカーを打ち、釣り開始。早々にひとつスッテに中層でマルイカが乗ってきた。
5本プラヅノの釣り師たちに負けず劣らず順調にマルイカとヤリイカを掛けていったのである。
結果としては、プラヅノ組に対してスッテ釣法はほぼ同数、もしくは、やや少ない程度。しかし、バーチカルエギングは乗った程度。エギのサイズが大き過ぎたのだという。だが、ノリノリモードになったときに、どのような乗り方をするか? かなり興味深い。
二日目は、初島周りのヤリイカにチャレンジ。
初島周り水深50m前後に集結するヤリイカを狙う。ベイトに群れるイカを流し釣りで釣る。
ひとつスッテはエンジン流し釣りでも十分対応できる。PEは0.6号が基準。できればもっと細く0.4号がベストだ。
ヤリイカはサバに着いて回っている。しかし、この釣り方は、思った以上にサバはヒットしない。
乗りが渋かったせいか、ひとつスッテよりもエギに乗りがよいという結果を得た。理由は、イカの活性が低いときは、ボトム付近を横方向に長い時間トレースできるエギが有効。船は流し釣りをしているから、ティップランと同じ理屈だ。
爆釣といかないまでも、太平洋で初めて試したこの釣り。確かな感触を得ることができた釣行になった。

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル