MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のマルイカ、釣果伸ばすなら断然LT【相模湾・秋谷沖~亀城根】

相模湾のマルイカ、釣果伸ばすなら断然LT【相模湾・秋谷沖~亀城根】

日によって多少のムラはあるものの、おおむねトップ20~30杯と開幕以来堅調な釣果が続いている相模湾東部のマルイカ。前号で「今年は本物!!」とかなり強気に言い切ってしまったから、正直ちょっとひと安心…だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

数を伸ばすならLTの直結または直結ブラ仕掛けが断然有利

思わず笑みがこぼれます。

まだムラはあるものの、トップ20~30杯程度で堅調に推移している。

LTは竿先に出る小さなアタリを取って乗せていく。タキは最後の一時間だけ釣りをして6杯。この日はLTの直結または直結ブラが断然有利だった。

広々としてピカピカ清潔の「第二十一まごうの丸」。LTはオモリ60号以下でOKだ。

2月中・下旬現在のポイントは秋谷沖~亀城根周辺の70~90mが中心。60m台にもちらほら反応が見え始めている。

直ブラやブランコ仕掛けを使い、シャクって乗せるスタイルではこのような掛かり方が多くなる。バレやすいので巻き上げはゆっくりと。

アタリでアワセて乗せていくと、こんな掛かり方をする。これならバレは少ない。美咲の「FNブル」は今年も大活躍だ。

左のマルイカはいいところに掛かっていたんだけど、速く巻きすぎてズルズルっとズレてこんな掛かり方に。電動で巻くときはホント注意しましょうネ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「まごうの丸」。

今期の特徴としては、大型サイズが少なく、中・小型サイズの割合が高いこと。そのため、数を伸ばすならLTの直結または直結ブラ仕掛けが断然有利となっている。
取材日はかなり状況的に渋かったが、LT&直結の本誌コンが15杯でトップ。最後の一時間だけ釣りをしたLT&直結ブラのタキが6杯で2番手だった。

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル