MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】

内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】

一昨年ぐらいから関東にも上陸した「ティップランエギング」。それまで関東でメインの釣法となっていた中オモリを介したシャクリ釣りとは違い、アオリイカが餌木を抱いたときのアタリを感じて掛ける釣りだ。

perm_media 《画像ギャラリー》内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】の画像をチェック! navigate_next

ティップランは難しくない! 未経験者のあなたもトライすべし!!

ティップラン初挑戦の小林編集長は、潮が動かず厳しい状況下で2杯のアオリイカをゲット!

小さな幅でシャクったら餌木をステイさせてアタリを待つ!

触腕に掛かっているときは、無理せずタモを使って取り込もう。

潮が動かず、キャストして狙っていたイラストレーター・乾さんにアタった!

イラストレーター・乾さんは、Nリグ(通常の餌木+ナス型オモリ)で乗せた。

これは特大のスミイカ。

当日、本誌編集部員が使用したタックルと餌木。ロッドはテイルウォークの「ソルティシェイプティップランナー77MH」と「ティップライド77M」。餌木はバレーヒルの「スクイッドシーカー35MH」。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「ゆたか丸」。

そんな釣趣抜群の新釣法で、この時期、まずまずの好釣果が記録されているのが内房エリアだ。一年のなかで最も水温が低下する厳寒期の2月にもかかわらず、トップはツ抜け、ボーズなしという日が何回もあったほどだ。
それならば、「未経験者でも釣れるのでは?」という思いで、本誌編集部2人&イラストレーター・乾さんの3人の未経験者が内房でティップランエギングにトライしてきた。
当日は微風、かつ潮が流れないというティップランにとっては悪条件に見舞われた。それでも3人中2名がアオリイカをゲット。一人だけアオリイカが釣れなかったS編集部員も大型スミイカを釣り、とりあえず全員が「イカ」と呼べる獲物を釣り上げる結果に。
じつは今回の参加者全員が前日に「つり丸」の過去記事、DVD、動画サイトなどを見ただけの「一夜づけ」で挑戦。それでも下船後、3人に共通した感想は「潮が流れれば一人4、5杯はいけたかも」というもの。ティップランは難しくない! 未経験者のあなたもトライしてみよう!!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
SLJのメッカ・冬の陣開幕!小さなジグだからバ イトが出る!イナダ&サンパク、マダイも登場!小さなジグを使うが、「広布号」のターゲットは、つねにビッグワンだ!
大原沖の青物ゲームがヒートアップ中!今回の取材では大型10㎏と7.5㎏のヒラマサをキャッチ!ジギング&キャスティングで迎撃開始だ!
【東京湾】キャスト&ジギングで狙う冬シーバスゲームが好期突入!この時期、ビギナーにルアーで魚を釣る楽しさを教えてあげるにも最適だ。ぜひ、仲間や家族を一緒にチャレンジしてみよう。
横浜・根岸湾のメッキゲームが面白い。魚種多彩なうえに、ときにビッグサイズがドンッ!お早めのお出かけを!
東伊豆・伊東沖で、晩秋~翌春までホットシーズンを迎えるのがティップランによるアオリイカだ。ジグやタイラバを使ってルアーの五目釣りを楽しむ二本立ても面白い!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル