MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】

内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】

一昨年ぐらいから関東にも上陸した「ティップランエギング」。それまで関東でメインの釣法となっていた中オモリを介したシャクリ釣りとは違い、アオリイカが餌木を抱いたときのアタリを感じて掛ける釣りだ。

perm_media 《画像ギャラリー》内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】の画像をチェック! navigate_next

ティップランは難しくない! 未経験者のあなたもトライすべし!!

ティップラン初挑戦の小林編集長は、潮が動かず厳しい状況下で2杯のアオリイカをゲット!

小さな幅でシャクったら餌木をステイさせてアタリを待つ!

触腕に掛かっているときは、無理せずタモを使って取り込もう。

潮が動かず、キャストして狙っていたイラストレーター・乾さんにアタった!

イラストレーター・乾さんは、Nリグ(通常の餌木+ナス型オモリ)で乗せた。

これは特大のスミイカ。

当日、本誌編集部員が使用したタックルと餌木。ロッドはテイルウォークの「ソルティシェイプティップランナー77MH」と「ティップライド77M」。餌木はバレーヒルの「スクイッドシーカー35MH」。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「ゆたか丸」。

そんな釣趣抜群の新釣法で、この時期、まずまずの好釣果が記録されているのが内房エリアだ。一年のなかで最も水温が低下する厳寒期の2月にもかかわらず、トップはツ抜け、ボーズなしという日が何回もあったほどだ。
それならば、「未経験者でも釣れるのでは?」という思いで、本誌編集部2人&イラストレーター・乾さんの3人の未経験者が内房でティップランエギングにトライしてきた。
当日は微風、かつ潮が流れないというティップランにとっては悪条件に見舞われた。それでも3人中2名がアオリイカをゲット。一人だけアオリイカが釣れなかったS編集部員も大型スミイカを釣り、とりあえず全員が「イカ」と呼べる獲物を釣り上げる結果に。
じつは今回の参加者全員が前日に「つり丸」の過去記事、DVD、動画サイトなどを見ただけの「一夜づけ」で挑戦。それでも下船後、3人に共通した感想は「潮が流れれば一人4、5杯はいけたかも」というもの。ティップランは難しくない! 未経験者のあなたもトライしてみよう!!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
東京湾のマダイが好機突入中!タイラバを使ったマダイゲームは安定感抜群。二大好機の春は大型が出やすいのが魅力!基本釣法をおさらいして大ダイをゲットしよう!
ナイトゲームのシーバス乗合はシーズン前期の最終盤に突入中!夜のキャスティングゲームでシーバス&メバルと遊ぶ!ぜひ一度体験してほしい。
最新記事
西伊豆で乗っ込み終盤のマダイ&イサキを満喫!!イワシ次第ではヒラメ爆釣の可能性もある初夏の安良里沖。今後大本命の食わせサビキもおすすめ!
東京湾小物釣りの代表選手シロギスが元気いっぱい!これからの時季はビギナーや子供にでも釣れる手軽さが魅力だ。大型まじりの数釣りを楽しもう!
餌木タコゲームをより深く、快適に楽しむための専用ロッド「ラグゼ オクトライズ フネタコ」極調子170/先調子178
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル