沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサは夏の東京湾の人気ルアーターゲットだ。気軽に青物の強烈なファイトが味わえる、湾内のルアーゲーム。さあ、刺激的な時間の始まりだ。


夏の東京湾、ルアーターゲットの筆頭はタチウオ。それに加えて、今季、魚影が濃いのがイナダだ

第二海堡周りには、タチウオ船団が形成された。浅場ではジギング有利。

トルクフルなファイトを、めいっぱい満喫しよう!

釣り上げて、喜び溢れ、破顔一笑。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

夏の東京湾、ルアーターゲットの筆頭に挙げられるのがタチウオだ。高い人気を誇るこのタチウオに加え、今季、魚影が濃いのがイナダだ。
「タチウオは釣れてはいるんですが、バリバリ食うような状況じゃないんですよね。かわりといっては何ですけど、イナダの調子はいいですね」
とは、磯子八幡橋「鴨下丸」のルアー担当、萩原敏広船長。
7月下旬の取材時では、午前タチウオ、午後は青物狙いで出船中だった。ならば、とばかりに一日通しの同船取材を敢行した。

肝心のタチウオはご機嫌斜め。気分を一新、午後のルアー青物狙いに突入したものの…

青物はスピニングタックルで狙う。

ジグのカラーはピンク系やブルーピンクなどが定番で人気も高い。

東京湾内のおいしいイナダがターゲット。

午前のタチウオは第二海堡周りを狙った。多くのタチウオ船が集結するにぎわいだったが、肝心のタチウオはご機嫌ななめ。気分を一新して午後のルアー青物狙いに突入したものの、こちらもイージーとは言えない状況。決まった人だけが数を重ねるテクニカルな状況だった。
長潮と潮の動きが小さい日の釣行だっただけに爆釣とはいかないことを覚悟をしてはいたが…。しかし、そうした状況下でも釣る人は釣る。これもまた醍醐味といえるだろう。「基本に忠実に一日諦めずに釣り続けただけです」
とは、午前午後ともに竿頭となった品川区の松浦浩二さん。
今回は盛り上がりにかける状況だったが、今後はイナダに加えワラサやカンパチの回遊も期待できる。ただし、まだまだ暑さは続く。炎天下で終日釣り続けるのは体力的にも厳しい。十分な水分補給と暑さ対策をして、夏の東京湾を満喫していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

東京湾にビッグシーバスシーズンが到来している! 一年で最も90㎝オーバーに近い時期、それがまさに今! なのだ。「10月中旬くらいからスタートするのが例年のパターン。ぜひ、90㎝オーバーを狙ってもらいたいですね」と話す、横浜新山下「アイランドクルーズFC」の遠藤正明船長。


ジギング&エサ釣りで狙う! 焼津沖の夜〜早朝タチウオ(貴政丸)

ジギング&エサ釣りで狙う! 焼津沖の夜〜早朝タチウオ(貴政丸)

焼津沖のタチウオが大型まじりで好調だ。「連日1㎏オーバーの大型がヒットしています。このところはルアーのほうがいい釣果が出ていますよ!」という焼津港「貴政丸」の塚田貴政・若船長。


最新の投稿


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読