MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサは夏の東京湾の人気ルアーターゲットだ。気軽に青物の強烈なファイトが味わえる、湾内のルアーゲーム。さあ、刺激的な時間の始まりだ。

夏の東京湾、ルアーターゲットの筆頭はタチウオ。それに加えて、今季、魚影が濃いのがイナダだ

第二海堡周りには、タチウオ船団が形成された。浅場ではジギング有利。

トルクフルなファイトを、めいっぱい満喫しよう!

釣り上げて、喜び溢れ、破顔一笑。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

夏の東京湾、ルアーターゲットの筆頭に挙げられるのがタチウオだ。高い人気を誇るこのタチウオに加え、今季、魚影が濃いのがイナダだ。
「タチウオは釣れてはいるんですが、バリバリ食うような状況じゃないんですよね。かわりといっては何ですけど、イナダの調子はいいですね」
とは、磯子八幡橋「鴨下丸」のルアー担当、萩原敏広船長。
7月下旬の取材時では、午前タチウオ、午後は青物狙いで出船中だった。ならば、とばかりに一日通しの同船取材を敢行した。

肝心のタチウオはご機嫌斜め。気分を一新、午後のルアー青物狙いに突入したものの…

青物はスピニングタックルで狙う。

ジグのカラーはピンク系やブルーピンクなどが定番で人気も高い。

東京湾内のおいしいイナダがターゲット。

午前のタチウオは第二海堡周りを狙った。多くのタチウオ船が集結するにぎわいだったが、肝心のタチウオはご機嫌ななめ。気分を一新して午後のルアー青物狙いに突入したものの、こちらもイージーとは言えない状況。決まった人だけが数を重ねるテクニカルな状況だった。
長潮と潮の動きが小さい日の釣行だっただけに爆釣とはいかないことを覚悟をしてはいたが…。しかし、そうした状況下でも釣る人は釣る。これもまた醍醐味といえるだろう。「基本に忠実に一日諦めずに釣り続けただけです」
とは、午前午後ともに竿頭となった品川区の松浦浩二さん。
今回は盛り上がりにかける状況だったが、今後はイナダに加えワラサやカンパチの回遊も期待できる。ただし、まだまだ暑さは続く。炎天下で終日釣り続けるのは体力的にも厳しい。十分な水分補給と暑さ対策をして、夏の東京湾を満喫していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
東京湾 湾奥のサワラゲームが激アツだ。千葉・船橋港「フレンドシップ」はこの日は午前と午後の二便で出船。午後のポイントはなんと東京ディズニーシーの目の前。こんなところでサワラがボッコボコ!
常磐エリア鹿島北沖のブランドタコが早くも解禁&絶好調!根掛かり少なく1kg前後良型安定釣果をキープしている。開幕初日に約10人のマダコフリークが集まり、いま流行りの2個餌木仕掛けでマダコを狙った!!
最新記事
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019~全国魚市場・魚河岸まつり~ 11月14日~17日
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
JGFA沖釣りサーキット2019 第4戦 アマダイ大会12月15日に開催 参加者募集
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読