タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサは夏の東京湾の人気ルアーターゲットだ。気軽に青物の強烈なファイトが味わえる、湾内のルアーゲーム。さあ、刺激的な時間の始まりだ。


夏の東京湾、ルアーターゲットの筆頭はタチウオ。それに加えて、今季、魚影が濃いのがイナダだ

第二海堡周りには、タチウオ船団が形成された。浅場ではジギング有利。

トルクフルなファイトを、めいっぱい満喫しよう!

釣り上げて、喜び溢れ、破顔一笑。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

夏の東京湾、ルアーターゲットの筆頭に挙げられるのがタチウオだ。高い人気を誇るこのタチウオに加え、今季、魚影が濃いのがイナダだ。
「タチウオは釣れてはいるんですが、バリバリ食うような状況じゃないんですよね。かわりといっては何ですけど、イナダの調子はいいですね」
とは、磯子八幡橋「鴨下丸」のルアー担当、萩原敏広船長。
7月下旬の取材時では、午前タチウオ、午後は青物狙いで出船中だった。ならば、とばかりに一日通しの同船取材を敢行した。

肝心のタチウオはご機嫌斜め。気分を一新、午後のルアー青物狙いに突入したものの…

青物はスピニングタックルで狙う。

ジグのカラーはピンク系やブルーピンクなどが定番で人気も高い。

東京湾内のおいしいイナダがターゲット。

午前のタチウオは第二海堡周りを狙った。多くのタチウオ船が集結するにぎわいだったが、肝心のタチウオはご機嫌ななめ。気分を一新して午後のルアー青物狙いに突入したものの、こちらもイージーとは言えない状況。決まった人だけが数を重ねるテクニカルな状況だった。
長潮と潮の動きが小さい日の釣行だっただけに爆釣とはいかないことを覚悟をしてはいたが…。しかし、そうした状況下でも釣る人は釣る。これもまた醍醐味といえるだろう。「基本に忠実に一日諦めずに釣り続けただけです」
とは、午前午後ともに竿頭となった品川区の松浦浩二さん。
今回は盛り上がりにかける状況だったが、今後はイナダに加えワラサやカンパチの回遊も期待できる。ただし、まだまだ暑さは続く。炎天下で終日釣り続けるのは体力的にも厳しい。十分な水分補給と暑さ対策をして、夏の東京湾を満喫していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読