MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣り方色々、選べて楽しい夜釣りのヤリイカ【東伊豆・初島周り】

釣り方色々、選べて楽しい夜釣りのヤリイカ【東伊豆・初島周り】

今期のヤリイカはどの場所も好調で、どこへ出掛けようか悩むウレシイ状況が続いている。そんな中、東伊豆・初島周りの夜釣りでは、そのサイズが大型化。パラソル級の確率がアップしているという。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

一般的なプラヅノ仕掛けで誘ってもよいが、船長は胴付き、もしくはテンビン使用のエサ巻き餌木スタイルを推奨

日中の深場のヤリイカ釣りではなく浅場の釣り。シャクリは激しくギュンギュン行わず、ソフトに誘うこと。

思わず笑みがこぼれます!

船長のエサ巻きにアカイカが抱き着いてきた。

「サメの身エサはカンナの際から付けるのが基本だよ」と常連さんが教えてくれた。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「清貢丸」。

各地で好調な乗りを見せている今期のヤリイカだが、ここ東伊豆・初島周りの夜釣りでは、そのサイズが大型化、パラソル級の確率が高くなっている。
「胴長で40㎝近いのも乗ってくるから釣り応えがあるよね。夜は水深が浅くなって、よりカンタンに釣れるからイカデビューする人にも持ってこい。ウチはゲーム感覚で楽しめるニュースタイルのイカメタルもOKだから、いろいろな釣り方で攻略してみて」とは、夜釣りのヤリイカにアツい情熱を持って挑み、漁でもイカを狙う宇佐美港「清貢丸」の稲本貢一船長の声だ。
ちなみに現在狙っているポイントは、
水深40〜60mダチ。ちょっとした溝の落ち込みや根の際、カケアガリをピンポイントで攻めていると言う。
 釣り方は、前記したイカメタルはもちろん、一般的なプラヅノ仕掛けで誘ってもよいが、船長は胴付き、もしくはテンビン使用のエサ巻き餌木スタイルを推奨している。
「経験上、より大型が乗ってくるからさ。手返しも早いしね」と語った船長の言葉の通り、この日もエサ巻き餌木に大型が良く乗っていた。
さぁ、釣り方は自由です。独特な雰囲気がある夜釣りのヤリイカを存分に楽しみましょう!!

通常のイカタックルでOK。テンビンの腕長は23㎝

タックルは昼間のイカ釣り道具でOK。胴付きのエサ巻き餌木釣りは2本バリ仕様で挑む。船長が配るサメの身をエサ巻きに付けて勝負開始!

研究の結果、テンビンは腕長23㎝がベストと船長(船で購入可)。

イカメタルは、30g前後のメタルスッテで底が取れる。

プラヅノ仕掛けは、市販の11㎝でOK。浮きスッテなど変わったツノを1本まぜるとコマセ効果が出て良く乗ると船長。

エサ巻き餌木を使った仕掛けは2種類ある。
「ビギナーには底を取りやすい胴付きを、経験者には、より餌木がナチュラルに動くテンビンを推奨しているよ」と稲本船長。
日中も夜もヤリイカのタナは底付近。まずは底取りを第一に考えて欲しいと言う。ちなみに胴付き仕掛けにセットするエサ巻き餌木の数は2本で、これ以上だと手返しが悪くなる。なお幹間などの長さや号数は仕掛け図の通りだ。
「常連さんなどは、この仕掛けをベースに、いろいろアレンジ(テンビンの上にスッテを付けたり)してるけど、やりすぎは逆効果だからね。あくまで手返し重視の釣り。それとテンビンの腕長は、試行錯誤の末23㎝がベストと判断したので、その長さを使うようにして下さいね」。
日中の釣りではオモリ120〜150号を使うが、夜釣りは水深が浅い分、オモリも80号と軽くなる。ただし使用タックルは昼間の釣りと同じでよいそうだ。
「取り込みを考えると3m近くある竿の方が、やりやすいけど、そのために用意することもないからね。とにかく手返しよく釣って下さい」とのことだ。

リフト&フォール後の待ちで乗ることが多い

デリケートなヤリイカ。雑に抜き上げると、触腕などが切れてバレるので、こちらもソフトに行おう。

船長が攻めるポイントは、ちょっとした溝の落ち込みや根の際、カケアガリが中心で、そこにいるイカの反応を見て、投入の合図を出している。
「ヤリが溜まっている場所にピンポイントで仕掛けを落とすイメージかな」。
合図があったらテンビンも胴付き仕掛けも、なる早で投入して、まずはイチ早くヤリイカにエサ巻き餌木を見せること。ちなみにここでズシッっと乗ってくることも多々あるので注意が必要だ。
仕掛け投入後は、糸フケを取って誘いに入るが、ここでは日中のような激しいシャクリ(動き)は必要ない。
「水深が浅いので、竿先を30〜40㎝持ち上げるだけで仕掛けは動くからね。ソフトに持ち上げて、ゆっくり落とすリフト&フォールの誘いを入れるのが基本で、重要なのは落とし切った後に、5秒程度のウエイティングタイムを入れることにある」と船長がアドバイスをくれた。
この待ち時間にヤリイカが餌木を抱くことが多いそうで、アタリもしっかり出ると言う。なおここでアタらなければ、少しずつにタナを上げて探ってみるように!
最近ブレイク中のイカメタル釣法は、エサ巻き餌木と考え方が似ている(1杯をゲーム感覚で掛けて行く)ので「清貢丸」では率先して取り入れている。
「関東では、なかなか楽しめる場所がないけど、ウチに来ればできるので、ぜひ!」と船長。なお釣り方は、攻略図にあるようなボトムを意識した釣り方を試してみよう!!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル