浅場でカカリ釣りの夜ヤリイカ開幕中【駿河湾・大瀬崎沖】

浅場でカカリ釣りの夜ヤリイカ開幕中【駿河湾・大瀬崎沖】

駿河湾奥の沼津沖周辺はヤリイカシーズンまっただなか。日中は大瀬沖、「魚磯丸」に乗船すると久料からは約15分ほどの水深150〜200mで良型ヤリイカが乗る。比較されるのが駿河湾中央部の石花海だが、サイズは引け劣らず大型で10杯も釣れば十分だ。


釣り方色々。ライト、メタルスッテ、エサ巻き餌木…昼は真沖でお気軽釣行も可能

コマセヅノの浮きスッテに大型が乗った。

きちんと誘えばこの通り。

乗りがよいとこんな良型が入れ乗りになるという。

プラヅノに大型が乗った。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津久料「魚磯丸」。

関連する投稿


釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

相模湾のヤリイカ釣りもいよいよ本格シーズンに突入した。相模湾、長井出船で狙うポイントは、近場では城ヶ島沖、少し足を伸ばして洲崎沖から沖ノ瀬と広範囲にわたる。潮の速さや水温、釣れているイカがヤリイカメインなのかスルメイカメインなのかで、それぞれを釣り分けている。


乗り急上昇のヤリイカに加え大型スルメ&美味マサバ【外房・勝浦沖】

乗り急上昇のヤリイカに加え大型スルメ&美味マサバ【外房・勝浦沖】

外房勝浦沖でもヤリイカの乗りが急上昇中だ。50㎝前後の大型のオスに、20㎝台のメスもまじり、いい日はトップ40〜50杯。5杯、6杯の多点掛けもあり、釣り味、食味どちらも楽しめる状況だ。


飯岡沖のヤリイカ、大型主体に数釣りも!【外房・飯岡沖】

飯岡沖のヤリイカ、大型主体に数釣りも!【外房・飯岡沖】

各地でヤリイカがシーズン本番を迎えているが、中でも房総半島北端の銚子・飯岡エリアは、早春からゴールデンウイークごろまでロングランで大型ヤリイカ主体の数釣りが楽しめるポイントだ。


ヤリイカ絶賛爆乗り中だぁ!【外房・飯岡沖〜利根川河口沖】

ヤリイカ絶賛爆乗り中だぁ!【外房・飯岡沖〜利根川河口沖】

飯岡沖周辺のヤリイカは、1月下旬ぐらいから釣れだした。そして2月中旬になると、爆乗りモードに突入。トップ90杯台や束釣りを記録するようになった。また、良くない日でもトップは40杯前後を記録している。


乗っ込み! ジャンボヤリイカがターゲット【茨城・波崎〜鹿島沖】

乗っ込み! ジャンボヤリイカがターゲット【茨城・波崎〜鹿島沖】

親潮の影響が色濃い茨城海域でも、ヤリイカシーズンがいよいよ開幕した。ここのヤリイカ釣りの最大の特徴は昼間の釣りにも関わらず、ポイントの水深が浅いこと。浅場の豊富なベイトを求めて、産卵のために集結するのだ。親潮域だからこその環境だ。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


ひとつテンヤ&タイラバで狙う東京湾のマダイ【東京湾】

ひとつテンヤ&タイラバで狙う東京湾のマダイ【東京湾】

ここ数年、東京湾では真冬でもエビタイが釣れ続いている。横須賀から鴨居沖までのコマセ禁止エリアで釣れるマダイの体色は紅を差したように赤く、特に冬場は惚れ惚れするくらい深みのある色になる。このマダイをターゲットにしているのが金沢八景の「野毛屋」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読