MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙うは大型マダイ! 早春の大原沖は激アツだ!【外房・大原沖】

狙うは大型マダイ! 早春の大原沖は激アツだ!【外房・大原沖】

大原沖のテンヤマダイはイワシの群れの接岸により、イワシを追っているマダイを狙えるシーズンに入っている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

根周りとイワシパターンで型狙い!

朝の1投目でアタった大ダイ。

サイズのいいマダイがタモに取り込まれた。

マダイが上がった直後には、丸々太ったマハタの4kg級が取り込まれた。

上のマハタとほぼ同時にアタったのはヒラマサだった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「LT広布号」。

大原沖のテンヤマダイを狙うなら大型狙いでいきたい!
「沖根周りとイワシの群れを状況次第で狙います。沖の根周りもイワシの群れもサイズのいいマダイが狙えますよ」とは大原港「LT広布号」の野島幸一船長。
沖の根周りはおもに水深40〜60mを狙うという。季節が進み、もう少し暖かくなると水深70〜80mの深場も狙っていくようだ。そのため、重めのテンヤの準備も忘れずに!
「テンヤ、カブラはつねに2〜15号までを持ってきてください。どんな状況になるかわかりませんから」と野島船長。
そして、今後期待したいのがイワシについたマダイ。取材時はマダイは不発だったが、イワシの群れはいるので今後が楽しみ。イワシパターンで掛かるのは大型の確率が高く、青物や大ビラメのヒットもある。とにかく、早春の大原沖は楽しみだ!

タックルは標準的な ひとつテンヤ用でOK。テンヤ、カブラは 2〜15号を用意

開始直後の朝マヅメにノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛」が絞り込まれた。

「LT広布号」で配られるエビエサは「DANGER海老 ピンク」。これとエコギア「オーバルテンヤ」の組み合わせでヒット!

根周りを狙う場合も、イワシに付いたマダイを狙う場合も、タックルは標準的なひとつテンヤマダイ用があれば大丈夫だ。
竿はひとつテンヤ専用。長さは2.4〜2.7mぐらい。前述したように、根周りでは潮が速いときは重いテンヤを使用する。10号以上のテンヤを使う機会も増えるので、あまり軟らかくない竿がオススメ。
また、イワシ狙いではテンヤをキャストする。より遠くにキャストしたいのであれば、竿は短くない方がいいだろう。
リールは小型スピニング。細いラインで5〜10㎏の魚とやり取りすることもあるので、ドラグ性能がいいものを使おう。
道糸はPEラインの0.6〜1号。細ければ細いほど、潮流の影響を受けにくい。
PEラインの道糸の先に、リーダーとしてフロロカーボンの2〜3号を5〜6m直結にする。その先にテンヤ、またはカブラを結ぶ。
「テンヤ、カブラは季節に関係なく、つねに2〜15号を用意していてください」と野島船長。
前述したように、今後、根周りでは水深のある場所を狙う機会が多くなる。潮が速いときには10号以上のテンヤやカブラでないと、底立ちを取れないこともある。必ず重いテンヤやカブラは準備しておくこと。
潮がとくに速いときは、オモリの形状から潮流の影響を受けにくいカブラタイプを使うのがオススメ。オモリの底が平らな形状をしたテンヤは、潮流の影響を受けやすいので、潮があまり速くないときに使うのがいいだろう。
イワシについたマダイを狙う場合は、テンヤ、カブラは風の強さや水深によって6〜10号を使い分けるといいだろう。
またイワシ狙いでは、エビエサではなくワームを使うのが主流。ベイトのイワシに似たワームやエビを模したワームなど、いろいろ試してみよう。
エビエサでも釣れないことはない。しかしイワシ狙いでは、テンヤをキャストして船下まで巻いてくる釣り方で狙うので、テンヤを巻いてくるときにエビの頭が取れかけて、不自然な動きを起こしやすくなるのだ。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル