オニカサゴを釣りたきゃ“誘い過ぎない”コト!【相模湾・小田原沖】

オニカサゴを釣りたきゃ“誘い過ぎない”コト!【相模湾・小田原沖】

その魚を使ったしゃぶしゃぶは本当に絶品。じんわりと温かい昆布出汁に身をさっとくぐらせ、皮目がチリっとして表面がパッと白くなったら食べごろ。火が通った部分は甘みと旨みが強くなり、皮の下にはコラーゲンがたっぷり! 中はレアで食感も残っている。そのしゃぶしゃぶとは“オニしゃぶ”。「オニカサゴ」だ。


超がいくつあっても足りないほどの高級魚、激ウマオニカサゴを食べたいのであれば、高級料亭に行くか、自分で釣るしかない

キロオーバーの見事なオニ! 基本的には通年狙える魚だが、釣りたいのはやっぱりこの寒い時期。“オニしゃぶ”と呼ばれるしゃぶしゃぶや鍋が絶品なのだ!

ついに本命登場か!? という引きで上がって来たのはカンコこと良型ウッカリカサゴ。もちろんこの魚もとってもおいしい。

根魚ゆえ誘いは手持ち竿でマメに誘って…というイメージがあるかもしれないが、底ダチを取り直し、時折このように大きく仕掛けを持ち上げる程度でOK!

オニカサゴは水圧の変化に強い魚なので、小型はぜひリリースを!

こちらはゲストでよく登場するユメカサゴ。煮付けなどで美味!

コアラだ! これも美味しい魚ですよ!」。小さいアラだから、コアラ。アラといえば、超高級魚。棘には気をつけよう。

船で用意されるエサはサバの短冊。

常連さんはホタルイカやイカタン、大きなサバの切り身など、様々なエサを持ち込んでいた。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」。

この魚を食べたいがために釣りをする─。
そういう方はきっと多いだろうし、そいう対象魚も多いことだろう。その代表格のひとつが、この「オニカサゴ」ではないだろうか。
まさに“赤鬼”のような厳つい形相はまず近所のスーパーや魚屋などで見かけることはなく、超がいくつあっても足りないほどの高級魚ゆえ、市場に出回ったとしても高級料亭などへ行ってしまう。
つまり、激ウマオニカサゴを食べたいのであれば、そのようなお店に行くか、自分で釣るしかないのである。
そんななか、そんなオニカサゴ釣りを初心者にも手軽に楽しませてくれる船宿がある。小田原港「坂口丸」だ。
「オニカサゴ釣りは、水深の深いポイントで重いオモリを背負って手持ちで一生懸命誘うので、重労働の釣りというイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。むしろ、誘いすぎないほうがいいぐらいです。誘いは底ダチを取る程度で十分なので、疲れたら置き竿にしてもいいですよ。ただ、底ダチ取りだけはマメに行うようにしてください。根掛かりの可能性が高まってしまいますから」とは、久保田幸司船長。
どうです? 案外楽しめそうでしょ!とくにしゃぶしゃぶはマジで激ウマなので、ぜひ挑戦していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

「今年もよさそうですよ。魚は西から東まで、相模湾の広範囲にいます。数もかなり入って来ているようですよ」と話すのは、今期いち早くシイラ乗合船を開始した平塚港「庄三郎丸」の後藤久船長。いよいよ相模湾にエキサイティングなシーズンがやって来た。


ライト中深場タックルで幻の大型魚アラ浮上!(駿河湾・大宝丸)

ライト中深場タックルで幻の大型魚アラ浮上!(駿河湾・大宝丸)

10㎏のアラ。まさに幻といえる高級魚だ。この貴重な大アラを近年ターゲットにして何本も釣り上げている船宿がある。清水の「大宝丸」がそれだ。


青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

年明け早々にはイワシに付いた大ダイフィーバーに沸いた外房・川津沖の一つテンヤマダイ。6月初旬の時点では、青物や根魚といった嬉しいゲストまじりで楽しめている。


ダブルトリプルは当たり前! 近場で楽しめるムギイカ(坂口丸)

ダブルトリプルは当たり前! 近場で楽しめるムギイカ(坂口丸)

スルメイカは一年で生命を終える年魚で、ムギイカサイズが釣れる時期は短く、気がつけば成長して深場に落ちていく。そんな期間限定のムギイカが相模湾で好調だ。


相模湾のシロギス、2時間の〝チョイキス〟を楽しもう!【相模湾】

相模湾のシロギス、2時間の〝チョイキス〟を楽しもう!【相模湾】

葉山芝崎港「福栄丸」のチョイキス乗合いが人気だ。土日祝日限定で14時から16時までの2時間だけのそれこそチョイ釣り。その分料金は格安で船酔いの心配も少ないと、船釣りビギナー向けの安心設計? が人気の所以だ。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読