沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

【相模湾のオニカサゴ釣り】釣り方と仕掛け「誘い過ぎない」がコツ!

【相模湾のオニカサゴ釣り】釣り方と仕掛け「誘い過ぎない」がコツ!

その魚を使ったしゃぶしゃぶは本当に絶品。じんわりと温かい昆布出汁に身をさっとくぐらせ、皮目がチリっとして表面がパッと白くなったら食べごろ。火が通った部分は甘みと旨みが強くなり、皮の下にはコラーゲンがたっぷり! 中はレアで食感も残っている。そのしゃぶしゃぶとは“オニしゃぶ”。「オニカサゴ」だ。


超がいくつあっても足りないほどの高級魚、激ウマオニカサゴを食べたいのであれば、高級料亭に行くか、自分で釣るしかない

キロオーバーの見事なオニ! 基本的には通年狙える魚だが、釣りたいのはやっぱりこの寒い時期。“オニしゃぶ”と呼ばれるしゃぶしゃぶや鍋が絶品なのだ!

ついに本命登場か!? という引きで上がって来たのはカンコこと良型ウッカリカサゴ。もちろんこの魚もとってもおいしい。

根魚ゆえ誘いは手持ち竿でマメに誘って…というイメージがあるかもしれないが、底ダチを取り直し、時折このように大きく仕掛けを持ち上げる程度でOK!

オニカサゴは水圧の変化に強い魚なので、小型はぜひリリースを!

こちらはゲストでよく登場するユメカサゴ。煮付けなどで美味!

コアラだ! これも美味しい魚ですよ!」。小さいアラだから、コアラ。アラといえば、超高級魚。棘には気をつけよう。

船で用意されるエサはサバの短冊。

常連さんはホタルイカやイカタン、大きなサバの切り身など、様々なエサを持ち込んでいた。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」。

この魚を食べたいがために釣りをする─。
そういう方はきっと多いだろうし、そいう対象魚も多いことだろう。その代表格のひとつが、この「オニカサゴ」ではないだろうか。
まさに“赤鬼”のような厳つい形相はまず近所のスーパーや魚屋などで見かけることはなく、超がいくつあっても足りないほどの高級魚ゆえ、市場に出回ったとしても高級料亭などへ行ってしまう。
つまり、激ウマオニカサゴを食べたいのであれば、そのようなお店に行くか、自分で釣るしかないのである。
そんななか、そんなオニカサゴ釣りを初心者にも手軽に楽しませてくれる船宿がある。小田原港「坂口丸」だ。
「オニカサゴ釣りは、水深の深いポイントで重いオモリを背負って手持ちで一生懸命誘うので、重労働の釣りというイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。むしろ、誘いすぎないほうがいいぐらいです。誘いは底ダチを取る程度で十分なので、疲れたら置き竿にしてもいいですよ。ただ、底ダチ取りだけはマメに行うようにしてください。根掛かりの可能性が高まってしまいますから」とは、久保田幸司船長。
どうです? 案外楽しめそうでしょ!とくにしゃぶしゃぶはマジで激ウマなので、ぜひ挑戦していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

仕掛けはプラヅノ11㎝で組んだブランコ式の5〜7本ヅノが標準。枝スは3号、幹糸は5号。仕掛けの途中に赤白のウキスッテをまぜると有効なときもあるので準備しておくといいだろう。


オニカサゴ御殿は南房にあり! 確実キャッチ仕掛け(尭丸)

オニカサゴ御殿は南房にあり! 確実キャッチ仕掛け(尭丸)

オニカサゴ仕掛けは、市販のものでよいが、基本はハリス長2m、2本バリ。さらにテンビンの先から20〜30㎝のハリスを1本付けたものがベスト。テンビンも仕掛けも多めに持参していくと良い。


超美味なキンメダイが鈴なり! ライト深場で楽しむ仕掛け(太郎丸)

超美味なキンメダイが鈴なり! ライト深場で楽しむ仕掛け(太郎丸)

「太郎丸」の「アコウダイ五目」で使用するオモリは250号(潮が速いときは350号を使うこともある)。狙う水深は深くても500mぐらいまで。そのため、竿はオモリ250号に対応した深海用がベスト。


フラッシャーで新鮮なエサをゲット! オニカサゴ仕掛け(初栄丸)

フラッシャーで新鮮なエサをゲット! オニカサゴ仕掛け(初栄丸)

勝浦港「初栄丸」も、そのスタイルで出船している。出船後、まずはフラッシャーサビキ釣りを行う。タックルはオニカサゴのものそのままでOK。仕掛けは幹糸6~8号、ハリス4~6号の7~8本バリ、フラッシャーはピンク&ホワイトが定番だ。


誘いとタナの組み立てで正解を導きだす!アマダイ仕掛け (多希志丸)

誘いとタナの組み立てで正解を導きだす!アマダイ仕掛け (多希志丸)

最近のアマダイ釣りはライト系のタックルが主流。「ライト」と謳っていなくても、PE2号以下、ゲームロッドの組み合わせが基本となる。竿は1.6~2mほどで、8対2から7対3程度のゲームロッドを使用する。


最新の投稿


ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。


「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

1月26日に東京都豊島区のホテルベルクラシック東京で開催される「第20回 JGFA新春パーティー」の参加者募集内容です。


良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。


基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

仕掛けはプラヅノ11㎝で組んだブランコ式の5〜7本ヅノが標準。枝スは3号、幹糸は5号。仕掛けの途中に赤白のウキスッテをまぜると有効なときもあるので準備しておくといいだろう。


寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読