オニカサゴを釣りたきゃ“誘い過ぎない”コト!【相模湾・小田原沖】

オニカサゴを釣りたきゃ“誘い過ぎない”コト!【相模湾・小田原沖】

その魚を使ったしゃぶしゃぶは本当に絶品。じんわりと温かい昆布出汁に身をさっとくぐらせ、皮目がチリっとして表面がパッと白くなったら食べごろ。火が通った部分は甘みと旨みが強くなり、皮の下にはコラーゲンがたっぷり! 中はレアで食感も残っている。そのしゃぶしゃぶとは“オニしゃぶ”。「オニカサゴ」だ。


超がいくつあっても足りないほどの高級魚、激ウマオニカサゴを食べたいのであれば、高級料亭に行くか、自分で釣るしかない

キロオーバーの見事なオニ! 基本的には通年狙える魚だが、釣りたいのはやっぱりこの寒い時期。“オニしゃぶ”と呼ばれるしゃぶしゃぶや鍋が絶品なのだ!

ついに本命登場か!? という引きで上がって来たのはカンコこと良型ウッカリカサゴ。もちろんこの魚もとってもおいしい。

根魚ゆえ誘いは手持ち竿でマメに誘って…というイメージがあるかもしれないが、底ダチを取り直し、時折このように大きく仕掛けを持ち上げる程度でOK!

オニカサゴは水圧の変化に強い魚なので、小型はぜひリリースを!

こちらはゲストでよく登場するユメカサゴ。煮付けなどで美味!

コアラだ! これも美味しい魚ですよ!」。小さいアラだから、コアラ。アラといえば、超高級魚。棘には気をつけよう。

船で用意されるエサはサバの短冊。

常連さんはホタルイカやイカタン、大きなサバの切り身など、様々なエサを持ち込んでいた。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」。

この魚を食べたいがために釣りをする─。
そういう方はきっと多いだろうし、そいう対象魚も多いことだろう。その代表格のひとつが、この「オニカサゴ」ではないだろうか。
まさに“赤鬼”のような厳つい形相はまず近所のスーパーや魚屋などで見かけることはなく、超がいくつあっても足りないほどの高級魚ゆえ、市場に出回ったとしても高級料亭などへ行ってしまう。
つまり、激ウマオニカサゴを食べたいのであれば、そのようなお店に行くか、自分で釣るしかないのである。
そんななか、そんなオニカサゴ釣りを初心者にも手軽に楽しませてくれる船宿がある。小田原港「坂口丸」だ。
「オニカサゴ釣りは、水深の深いポイントで重いオモリを背負って手持ちで一生懸命誘うので、重労働の釣りというイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。むしろ、誘いすぎないほうがいいぐらいです。誘いは底ダチを取る程度で十分なので、疲れたら置き竿にしてもいいですよ。ただ、底ダチ取りだけはマメに行うようにしてください。根掛かりの可能性が高まってしまいますから」とは、久保田幸司船長。
どうです? 案外楽しめそうでしょ!とくにしゃぶしゃぶはマジで激ウマなので、ぜひ挑戦していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

「ここ数年は秋から冬は水温が高すぎるのか、ヤリイカが釣れるような潮じゃないことが多かったですね。今年は潮の流れもいいのか、久しぶりに当たり年と言ってもいい釣れ方をしていますね」とは、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。


今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

相模湾のカワハギが、いよいよ好機に突入だ! 9月17日に、腰越港「多希志(たけし)丸」のカワハギ船を取材したが、活性も、そしてキモの状態も、すでに「準備完了!」


昼ヤリイカはこれからがポイント広がり期待大!(坂口丸)

昼ヤリイカはこれからがポイント広がり期待大!(坂口丸)

今シーズンの相模湾はヤリイカが多そうだ。「去年はすごい多かったよね。今年はそこまでじゃないけど、どこにでもイカがいる感じだよ」と、早川港「坂口丸」の久保田忍船長は言う。今シーズンの開幕は早く、お盆開けごろにはすでにまとまった釣果が出ていて、100杯以上の日も度々記録された。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読