沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

オニカサゴを釣りたきゃ“誘い過ぎない”コト!【相模湾・小田原沖】

オニカサゴを釣りたきゃ“誘い過ぎない”コト!【相模湾・小田原沖】

その魚を使ったしゃぶしゃぶは本当に絶品。じんわりと温かい昆布出汁に身をさっとくぐらせ、皮目がチリっとして表面がパッと白くなったら食べごろ。火が通った部分は甘みと旨みが強くなり、皮の下にはコラーゲンがたっぷり! 中はレアで食感も残っている。そのしゃぶしゃぶとは“オニしゃぶ”。「オニカサゴ」だ。


超がいくつあっても足りないほどの高級魚、激ウマオニカサゴを食べたいのであれば、高級料亭に行くか、自分で釣るしかない

キロオーバーの見事なオニ! 基本的には通年狙える魚だが、釣りたいのはやっぱりこの寒い時期。“オニしゃぶ”と呼ばれるしゃぶしゃぶや鍋が絶品なのだ!

ついに本命登場か!? という引きで上がって来たのはカンコこと良型ウッカリカサゴ。もちろんこの魚もとってもおいしい。

根魚ゆえ誘いは手持ち竿でマメに誘って…というイメージがあるかもしれないが、底ダチを取り直し、時折このように大きく仕掛けを持ち上げる程度でOK!

オニカサゴは水圧の変化に強い魚なので、小型はぜひリリースを!

こちらはゲストでよく登場するユメカサゴ。煮付けなどで美味!

コアラだ! これも美味しい魚ですよ!」。小さいアラだから、コアラ。アラといえば、超高級魚。棘には気をつけよう。

船で用意されるエサはサバの短冊。

常連さんはホタルイカやイカタン、大きなサバの切り身など、様々なエサを持ち込んでいた。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」。

この魚を食べたいがために釣りをする─。
そういう方はきっと多いだろうし、そいう対象魚も多いことだろう。その代表格のひとつが、この「オニカサゴ」ではないだろうか。
まさに“赤鬼”のような厳つい形相はまず近所のスーパーや魚屋などで見かけることはなく、超がいくつあっても足りないほどの高級魚ゆえ、市場に出回ったとしても高級料亭などへ行ってしまう。
つまり、激ウマオニカサゴを食べたいのであれば、そのようなお店に行くか、自分で釣るしかないのである。
そんななか、そんなオニカサゴ釣りを初心者にも手軽に楽しませてくれる船宿がある。小田原港「坂口丸」だ。
「オニカサゴ釣りは、水深の深いポイントで重いオモリを背負って手持ちで一生懸命誘うので、重労働の釣りというイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。むしろ、誘いすぎないほうがいいぐらいです。誘いは底ダチを取る程度で十分なので、疲れたら置き竿にしてもいいですよ。ただ、底ダチ取りだけはマメに行うようにしてください。根掛かりの可能性が高まってしまいますから」とは、久保田幸司船長。
どうです? 案外楽しめそうでしょ!とくにしゃぶしゃぶはマジで激ウマなので、ぜひ挑戦していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

冬の本格シーズンを迎え、相模湾エリアのアマダイが好調だ。アマダイ狙いで出船している平塚港「庄治郎丸」では、トップ2ケタ釣果も珍しくなく、40㎝オーバーの良型もコンスタントに釣れている。さらに50㎝オーバーの良型もけっこう上がっているのだ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

クロムツとオニカサゴ、深場釣り、中深場釣りで人気のターゲットを1日で両方狙ってやろう。そんな贅沢な仕立釣りができるのが富浦港の「酒井丸」だ。


怒涛の連発も! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(沖右ヱ門丸)

怒涛の連発も! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(沖右ヱ門丸)

餌木シャクリのアオリイカ釣りでは、1.2〜1.5mのショートロッドと2.4〜3mぐらいのロングロッドが使われる。ショートでもロングでも、どちらでもOKだが、近年はロングロッドが主流だ。


最新の投稿


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

9月9日(日)におこなわれた「第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫」の大会結果報告です。


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読