MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬の数釣りシーズン突入! 東京湾のイシモチ【東京湾】

冬の数釣りシーズン突入! 東京湾のイシモチ【東京湾】

東京湾のイシモチが、数釣りが楽しめる冬の好シーズンに突入している。「今年はまだ浅い場所で釣れています。数も釣れていますね」と金沢八景「小柴丸」の鈴木仁船長が話していたのは1月中旬の取材時のこと。その翌日からは、水深のある例年厳寒期に実績が高いポイントで好釣果が記録されている。

アタリ多く楽しめる、サイズもよくて、味もいい!!

冬場は良型の数釣りも期待できる。

イシモチ初挑戦の女性アングラーもこのとおり!

「初めてイシモチやって、こんなに釣れました!」

30㎝を超す良型ゲット。

軟調竿がグイグイと曲がって楽しめる。

釣れたらすぐ血抜きをすること! これが美味しく食べるための秘訣。

「小柴丸」で用意している仕掛けがコレ。胴付き2本バリ。

付けエサはアオイソメ。1匹をチョン掛けにする。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「小柴丸」。

いい日にはトップ50匹を超えるときも珍しくない。好調なときは良型主体に釣れるときが多く、30㎝を超えるサイズも多数まじる。
そして、「この時期のイシモチは脂も乗って美味しいですよ。刺身や煮付けがおすすめです」と鈴木船長も太鼓判を押す。
そして、イシモチを美味しくいただくには、釣れたそばから血抜きをすることが大事。エラの付け根付近にハサミを入れて、心臓と思われる部分をハサミで切るが、よくわからない人は必ず鈴木船長に聞くこと。これをするだけで、味に大きく違いが出るという。
また、イシモチを熟成させてから食べるのもオススメ。上手に熟成できれば、甘味が出て、さらに美味しくなるという。こちらの方法も乗船時に船長に教えてもらおう。
厳寒期に数釣りを楽しむにはぴったりのイシモチ。ビギナーでも手軽にチャレンジできる!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
日立久慈沖のテンヤマダイがおもしろい!乗っ込みの大型が顔を出し、青物や各種根魚といった多彩なゲストも!取材後の5月22日には、4.5㎏の大ダイ&2㎏の中ダイと3〜7㎏のワラサ・ブリも取り込まれている。
茨城・日立エリアの夏の風物詩的な存在のターゲット!ムラソイ!究極のスーパーシャローフィッシング!海底が見えるような超浅場で超スリリングなゲームを堪能あれ!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
最新記事
日焼け対策は塗るから着るへ「SUN PUROTECTIONロングススリーブマスクシャツ」
日立久慈沖のテンヤマダイがおもしろい!乗っ込みの大型が顔を出し、青物や各種根魚といった多彩なゲストも!取材後の5月22日には、4.5㎏の大ダイ&2㎏の中ダイと3〜7㎏のワラサ・ブリも取り込まれている。
茨城・日立エリアの夏の風物詩的な存在のターゲット!ムラソイ!究極のスーパーシャローフィッシング!海底が見えるような超浅場で超スリリングなゲームを堪能あれ!
なかなか釣りに行けない今こそ、魚のさばき方を勉強しておきましょう!! 今回は「平べったい系」の代表、ヒラメを5枚におろします!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読