MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬の数釣りシーズン突入! 東京湾のイシモチ【東京湾】

冬の数釣りシーズン突入! 東京湾のイシモチ【東京湾】

東京湾のイシモチが、数釣りが楽しめる冬の好シーズンに突入している。「今年はまだ浅い場所で釣れています。数も釣れていますね」と金沢八景「小柴丸」の鈴木仁船長が話していたのは1月中旬の取材時のこと。その翌日からは、水深のある例年厳寒期に実績が高いポイントで好釣果が記録されている。

アタリ多く楽しめる、サイズもよくて、味もいい!!

冬場は良型の数釣りも期待できる。

イシモチ初挑戦の女性アングラーもこのとおり!

「初めてイシモチやって、こんなに釣れました!」

30㎝を超す良型ゲット。

軟調竿がグイグイと曲がって楽しめる。

釣れたらすぐ血抜きをすること! これが美味しく食べるための秘訣。

「小柴丸」で用意している仕掛けがコレ。胴付き2本バリ。

付けエサはアオイソメ。1匹をチョン掛けにする。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「小柴丸」。

いい日にはトップ50匹を超えるときも珍しくない。好調なときは良型主体に釣れるときが多く、30㎝を超えるサイズも多数まじる。
そして、「この時期のイシモチは脂も乗って美味しいですよ。刺身や煮付けがおすすめです」と鈴木船長も太鼓判を押す。
そして、イシモチを美味しくいただくには、釣れたそばから血抜きをすることが大事。エラの付け根付近にハサミを入れて、心臓と思われる部分をハサミで切るが、よくわからない人は必ず鈴木船長に聞くこと。これをするだけで、味に大きく違いが出るという。
また、イシモチを熟成させてから食べるのもオススメ。上手に熟成できれば、甘味が出て、さらに美味しくなるという。こちらの方法も乗船時に船長に教えてもらおう。
厳寒期に数釣りを楽しむにはぴったりのイシモチ。ビギナーでも手軽にチャレンジできる!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
アタリが頻繁、数もまとまり、食べれば超美味!東京湾のハゼが、連日、束超えを記録!ビギナーでも20や30匹は軽く釣れる。しっかり釣り方を覚えて、江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!
剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが好調に釣れている。どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトがカギ!今回はそれぞれの仕掛け、釣り方を紹介する。秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!
波勝崎沖のアコウダイがアツい!ヘビー、ライト何れのタックルでも可能だが、今回はハリ数5~6本、オモリ350号に中型電動リールの「ライトアコウダイ」でテンポよくを選択。当日は4.6㎏のビッグワンも浮上!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」2020年2月8日~9日に開催される。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
ゼロテン操作時にエサのナチュラルフォールを演出可能なカワハギ仕掛け「カワハギ幹糸仕掛けFB(フォールビーズ)」
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読