MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬の数釣りシーズン突入! 東京湾のイシモチ【東京湾】

冬の数釣りシーズン突入! 東京湾のイシモチ【東京湾】

東京湾のイシモチが、数釣りが楽しめる冬の好シーズンに突入している。「今年はまだ浅い場所で釣れています。数も釣れていますね」と金沢八景「小柴丸」の鈴木仁船長が話していたのは1月中旬の取材時のこと。その翌日からは、水深のある例年厳寒期に実績が高いポイントで好釣果が記録されている。

perm_media 《画像ギャラリー》冬の数釣りシーズン突入! 東京湾のイシモチ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

アタリ多く楽しめる、サイズもよくて、味もいい!!

冬場は良型の数釣りも期待できる。

イシモチ初挑戦の女性アングラーもこのとおり!

「初めてイシモチやって、こんなに釣れました!」

30㎝を超す良型ゲット。

軟調竿がグイグイと曲がって楽しめる。

釣れたらすぐ血抜きをすること! これが美味しく食べるための秘訣。

「小柴丸」で用意している仕掛けがコレ。胴付き2本バリ。

付けエサはアオイソメ。1匹をチョン掛けにする。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「小柴丸」。

いい日にはトップ50匹を超えるときも珍しくない。好調なときは良型主体に釣れるときが多く、30㎝を超えるサイズも多数まじる。
そして、「この時期のイシモチは脂も乗って美味しいですよ。刺身や煮付けがおすすめです」と鈴木船長も太鼓判を押す。
そして、イシモチを美味しくいただくには、釣れたそばから血抜きをすることが大事。エラの付け根付近にハサミを入れて、心臓と思われる部分をハサミで切るが、よくわからない人は必ず鈴木船長に聞くこと。これをするだけで、味に大きく違いが出るという。
また、イシモチを熟成させてから食べるのもオススメ。上手に熟成できれば、甘味が出て、さらに美味しくなるという。こちらの方法も乗船時に船長に教えてもらおう。
厳寒期に数釣りを楽しむにはぴったりのイシモチ。ビギナーでも手軽にチャレンジできる!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル