MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

イワシの南下と共に、ますますのにぎわいを見せる千葉県太平洋岸エリアのヒラメ釣り。そしてそのイワシが最南端にあたる布良の沿岸にもついに入って来たとのことなので、さっそくその状況と今期好調なオニカサゴの様子を同時にチェックしに出掛けてみた。

perm_media 《画像ギャラリー》ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】の画像をチェック! navigate_next

水深10mを切る場所でバンバンヒット、ファイトも激アツ

ダイワの松永直己プロも良型をバッチリゲット!

本誌、久々の登場となった早川友治プロ。流石の凄腕でオニを退治した。

アカハタ。

朝イチの快心のヒットに思わず笑みがこぼれる。

長さはさほどだが、冬特有の肉厚ボディで2㎏近くあった。

回遊している青物。そして居着きの青物も釣れる。

ハタ類の中でも特旨と言われるオオモンハタも釣れる。

チカメキントキ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良港「仁平丸」。

「まだ本格的とは言えないけど、イワシの反応を捉えるようになったよね。で、そこではやっぱりいいサイズのヒラメが出るんだよな」とは、布良沖のヒラメ釣りに詳しい「仁平丸」の満田義明船長の言葉だ。
当地のヒラメ釣りは、本命以外のゲストもにぎやかで、高級魚のハタ系の魚も狙える。ちなみに現在は、そんな情報を知っている人が日増しに多くなっているそうで、取材日もヒラメの他、メチャうまのアカハタやキジハタなどを手にするアングラーが多くいた。
一方のオニカサゴは、順調そのもので、安心して釣行できると。
「今期は当たり年と言えるんじゃないかな。サイズは1㎏前後が中心だけど、どのポイントでもコンスタントに顔を出してくれるからね」と船長がニッコリ微笑んだ。
「ヒラメが本格化するのは、この本が発売される頃じゃないかな。ちなみに回遊狙いのタナは高めだからね」。
水深10mを切る場所でバンバンヒットしてくるそうで、ファイトも激アツとのこと。さっそく寒さもブッ飛ぶホットな釣りを楽しみに行きましょう!!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル