ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

イワシの南下と共に、ますますのにぎわいを見せる千葉県太平洋岸エリアのヒラメ釣り。そしてそのイワシが最南端にあたる布良の沿岸にもついに入って来たとのことなので、さっそくその状況と今期好調なオニカサゴの様子を同時にチェックしに出掛けてみた。


水深10mを切る場所でバンバンヒット、ファイトも激アツ

ダイワの松永直己プロも良型をバッチリゲット!

本誌、久々の登場となった早川友治プロ。流石の凄腕でオニを退治した。

アカハタ。

朝イチの快心のヒットに思わず笑みがこぼれる。

長さはさほどだが、冬特有の肉厚ボディで2㎏近くあった。

回遊している青物。そして居着きの青物も釣れる。

ハタ類の中でも特旨と言われるオオモンハタも釣れる。

チカメキントキ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良港「仁平丸」。

「まだ本格的とは言えないけど、イワシの反応を捉えるようになったよね。で、そこではやっぱりいいサイズのヒラメが出るんだよな」とは、布良沖のヒラメ釣りに詳しい「仁平丸」の満田義明船長の言葉だ。
当地のヒラメ釣りは、本命以外のゲストもにぎやかで、高級魚のハタ系の魚も狙える。ちなみに現在は、そんな情報を知っている人が日増しに多くなっているそうで、取材日もヒラメの他、メチャうまのアカハタやキジハタなどを手にするアングラーが多くいた。
一方のオニカサゴは、順調そのもので、安心して釣行できると。
「今期は当たり年と言えるんじゃないかな。サイズは1㎏前後が中心だけど、どのポイントでもコンスタントに顔を出してくれるからね」と船長がニッコリ微笑んだ。
「ヒラメが本格化するのは、この本が発売される頃じゃないかな。ちなみに回遊狙いのタナは高めだからね」。
水深10mを切る場所でバンバンヒットしてくるそうで、ファイトも激アツとのこと。さっそく寒さもブッ飛ぶホットな釣りを楽しみに行きましょう!!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

関東でいち早く解禁し、開幕ラッシュを決めた飯岡沖のヒラメが、3ヵ月が経とうとしている現在も好調をキープ! ほぼ船中ボウズなしで帰港する日が続いている。


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


魚の宝庫、仙台湾で楽しむ根周り五目が今面白い!(拓洋丸)

魚の宝庫、仙台湾で楽しむ根周り五目が今面白い!(拓洋丸)

仙台湾は魚の宝庫だ。蔵王連峰からの清水が名取川から流れ込み、栄養豊富な漁場を形成している。


外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

マダイにヒラマサ、ヒラメにマハタ、さらに大型カサゴ、魚種多彩に楽しめるのが勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバだ。勝浦、川津港「とみ丸」の吉清紘生船長は、深場浅場、荒根平場とバリエーションに富んだポイントを流し、いろいろな魚を釣らせてくれる。


永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人は好シーズンに突入している外房・外川沖の夏ビラメに挑戦した。船は外川港「福田丸」に乗船。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読