ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

イワシの南下と共に、ますますのにぎわいを見せる千葉県太平洋岸エリアのヒラメ釣り。そしてそのイワシが最南端にあたる布良の沿岸にもついに入って来たとのことなので、さっそくその状況と今期好調なオニカサゴの様子を同時にチェックしに出掛けてみた。


水深10mを切る場所でバンバンヒット、ファイトも激アツ

ダイワの松永直己プロも良型をバッチリゲット!

本誌、久々の登場となった早川友治プロ。流石の凄腕でオニを退治した。

アカハタ。

朝イチの快心のヒットに思わず笑みがこぼれる。

長さはさほどだが、冬特有の肉厚ボディで2㎏近くあった。

関連する投稿


イシダイ、アジ、ヒラメ、青物…相模湾の楽しいLT五目【相模湾】

イシダイ、アジ、ヒラメ、青物…相模湾の楽しいLT五目【相模湾】

1月25日、茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目に行きました。今年一番の冷え込みなのに賑わう港。釣り人は元気ですね。


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


イサキ解禁! ちょっと深場で高活性スタート!!【南房・西川名沖】

イサキ解禁! ちょっと深場で高活性スタート!!【南房・西川名沖】

南房エリアのイサキが3月1日解禁した。スタート直後はコマセ慣れしていないため、毎年開幕直後の食いっぷりが心配されるが、今年は大丈夫。


イワシ回遊でチャンス! 期待十分! 御宿沖のヒラメ【外房・御宿沖】

イワシ回遊でチャンス! 期待十分! 御宿沖のヒラメ【外房・御宿沖】

今季は高水温のせいか「ずぅーっと一宮(九十九里)あたりに居て全然下がって来ない」と言われていたイワシが、年始明けのシケ後から「水温が下がって南下して来た」と聞き、チャンス到来とばかりにヒラメ釣行を決めた。お世話になったのは御宿岩和田の「太平丸」。カモシ釣りと冬場のヒラメが看板の船宿だ。


南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

春間近の南房。港近くでは名物の花があちこちで咲き、温暖な環境を楽しむことができる。季節の変わり目となる3月は、釣り物が少なく行き先に悩むことが多いが、南房に来れば大丈夫。ターゲットは多彩だ。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読