ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

イワシの南下と共に、ますますのにぎわいを見せる千葉県太平洋岸エリアのヒラメ釣り。そしてそのイワシが最南端にあたる布良の沿岸にもついに入って来たとのことなので、さっそくその状況と今期好調なオニカサゴの様子を同時にチェックしに出掛けてみた。


水深10mを切る場所でバンバンヒット、ファイトも激アツ

ダイワの松永直己プロも良型をバッチリゲット!

本誌、久々の登場となった早川友治プロ。流石の凄腕でオニを退治した。

アカハタ。

朝イチの快心のヒットに思わず笑みがこぼれる。

長さはさほどだが、冬特有の肉厚ボディで2㎏近くあった。

回遊している青物。そして居着きの青物も釣れる。

ハタ類の中でも特旨と言われるオオモンハタも釣れる。

チカメキントキ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良港「仁平丸」。

「まだ本格的とは言えないけど、イワシの反応を捉えるようになったよね。で、そこではやっぱりいいサイズのヒラメが出るんだよな」とは、布良沖のヒラメ釣りに詳しい「仁平丸」の満田義明船長の言葉だ。
当地のヒラメ釣りは、本命以外のゲストもにぎやかで、高級魚のハタ系の魚も狙える。ちなみに現在は、そんな情報を知っている人が日増しに多くなっているそうで、取材日もヒラメの他、メチャうまのアカハタやキジハタなどを手にするアングラーが多くいた。
一方のオニカサゴは、順調そのもので、安心して釣行できると。
「今期は当たり年と言えるんじゃないかな。サイズは1㎏前後が中心だけど、どのポイントでもコンスタントに顔を出してくれるからね」と船長がニッコリ微笑んだ。
「ヒラメが本格化するのは、この本が発売される頃じゃないかな。ちなみに回遊狙いのタナは高めだからね」。
水深10mを切る場所でバンバンヒットしてくるそうで、ファイトも激アツとのこと。さっそく寒さもブッ飛ぶホットな釣りを楽しみに行きましょう!!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

シロギスをメインにマゴチ、ヒラメ狙いでボート釣り【内房・富浦沖】

山々に新緑が萌え、太陽がまぶしく感じられるいまは、ボート釣りに最高の季節だ。楽しいだけでなく、釣り船顔負けの釣果だって夢じゃない! そして何より最高の笑顔になれるボート釣りに行こう!


多点掛け連発の洲崎沖のイサキ、釣れすぎだって!【南房・洲崎沖】

多点掛け連発の洲崎沖のイサキ、釣れすぎだって!【南房・洲崎沖】

南房、洲崎沖でイサキが数釣れている。今シーズンは魚影が濃いうえ、食いも安定しているようで釣果のムラも少なく好釣続きだ。洲崎港「佐衛美丸」では、連日トップ50匹を超え。日によっては70匹、80匹、さらには束釣りに迫る日もある。


イワシを釣って、それをエサにヒラメ狙い!【相模湾・平塚沖周辺】

イワシを釣って、それをエサにヒラメ狙い!【相模湾・平塚沖周辺】

平塚港「庄三郎丸」では3月12日からヒラメ&カサゴ船をスタートさせている。この釣りは、朝イチにサビキ仕掛けでカタクチイワシを釣り、それをエサにヒラメをメインに狙う。


マダイ乗っ込み盛期突入! イサキもデカイぞ!【南房・千田沖】

マダイ乗っ込み盛期突入! イサキもデカイぞ!【南房・千田沖】

南房・千田沖でマダイの乗っ込みがスタートし、良型~大型マダイが連日のように釣れていたのだ。4月中旬。ところが、春は天候も海況も安定しにくいとはいえ、まさかの取材日直前水温低下…。しかし、取材後は再びマダイの釣果が上向き、トップ7枚という釣果も出ている。


良型の数釣りが楽しめる相浜沖のイサキ【南房・相浜沖】

良型の数釣りが楽しめる相浜沖のイサキ【南房・相浜沖】

南房総・相浜沖のイサキが釣れている。当エリアのイサキは3月から開幕しているが、今までは水温が低く、型も不ぞろいだった。ところが、ここにきてグッと水温が上がり、数、型ともに満足できる好釣果が続くようになった。


最新の投稿


明確なアタリと力強い引きが楽しめる! 鴨居沖のカサゴ【鴨居沖】

明確なアタリと力強い引きが楽しめる! 鴨居沖のカサゴ【鴨居沖】

4月29日、今回お世話になった船宿は横浜横須賀道路浦賀インターからすぐの鴨居大室港「五郎丸」。ここでは午前と午後のカサゴが出船中で、半日船とは思えない好釣果が続いているので期待に胸が膨らむ。また、ゴールデンウイークとあって、元気なちびっ子の姿も微笑ましい。


チャンスは5月後半にアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

チャンスは5月後半にアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

毎年数々のメモリアルサイズが上がる鹿島沖のひとつテンヤマダイ。今年も4月に入り開幕。多少の波はあるものの、すでに5㎏級が何枚も上がっていると聞き、鹿島港(現在は鹿島新港より出船中)の「清栄丸」にお世話になった。


遠征シマアジ&イサキ五目を堪能せよ【東伊豆・網代南沖】

遠征シマアジ&イサキ五目を堪能せよ【東伊豆・網代南沖】

欲張り派はもちろん、グルメ志向の釣り師達がこぞって大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。その初日、二日目の様子をチェックしてきたので、さっそく報告していこう。


誰でも異次元の体験可能! 相模湾のシマガツオ【相模湾】

誰でも異次元の体験可能! 相模湾のシマガツオ【相模湾】

シマガツオ。その釣りやすさと強烈な引きは独特の釣趣を持っている。食べても癖のない白身はいろいろな料理に合うのでもっと人気が出ても良さそうな魚なのだが、いまひとつマイナーの域を出ない釣り物だ。そんなシマガツオの魅力を探ってみようと、佐島港へと向かった。


東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

まだ見ぬ魚との駆け引きに全神経を集中させた。「行け!」と竿先を凝視しながら心の中で叫ぶと、唐突にグイっと竿先が引き込まれた。「今だ!」竿を大きく煽るとロッドがぐにゃりと曲がりこんだ。「乗った!」ガンガンと竿を叩くこいつとの勝負。渾身の力を込めてリールを巻く。この暴れっぷりは間違いなく本命マゴチだ!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読