MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
和田沖のマダイは状況次第では、良型の数釣りもある!【南房総】

和田沖のマダイは状況次第では、良型の数釣りもある!【南房総】

南房総海域は大型マダイの実績が高い場所ではあるのだが、今年は特に絶好釣。梅雨明けからシーズンに入るのが例年のパターンだが、今年は春から釣れ続けているという。

中ダイを頭に船中7枚の釣果。このほかにはイナダやイサキなどのゲストもまじり、クーラーの中は華やかになった

取材当日は、このマダイが最大だった。しかし、南房総海域は大型マダイの実績が高い場所。今後も大ダイの期待が高い。

この時期は浅場を狙う。ヒットすると横走りするので、引き味は最高だ!

これからの時期は青物のゲストが多くなる。

イサキは良型が多い。

これは7月18日に上がった3.8㎏。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・和田「美由丸」。

和田沖のコマセマダイは、梅雨明け頃から本格的なシーズンに入るのが例年のパターンだ。しかし今年はいつもとはちょっと違い、春から釣れ続けている。しかも、狙うポイントは港からすぐの水深22〜30mの超浅場。ビシダナはなんと海面下9mなんていう浅ダナだから驚きだ。
「マダイがヒットすると横っ走りしながら糸が出ていきます。だからハリスは太めの5号を使ってください。ハリはマダイの噛む力が強いので、太軸のヒラマサバリをすすめます」とは和田港「美由丸」の粕谷寛船長。
取材当日は沖から黒潮が入ってきた影響で、置き竿にしたビシが見えるほどの澄み潮。それでも、粕屋船長はていねいにポイントを流し、中ダイを頭に船中7枚の釣果。このほか、イナダやイサキなどのゲストもまじり、クーラーの中は華やかになった。
「うちはコマセダイが専門なんだけどね〜」と、釣果を見て粕谷船長は苦笑い。こういう日もあるからコマセダイはおもしろいのだ。
その後は潮が安定傾向。取材の翌々日には2.8㎏を筆頭に15枚の好釣果を記録。港前に優良なポイントを数多く持つ和田沖。これからは青物もまじって、コマセマダイがよりいっそうおもしろくなる!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読