MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
和田沖のマダイは状況次第では、良型の数釣りもある!【南房総】

和田沖のマダイは状況次第では、良型の数釣りもある!【南房総】

南房総海域は大型マダイの実績が高い場所ではあるのだが、今年は特に絶好釣。梅雨明けからシーズンに入るのが例年のパターンだが、今年は春から釣れ続けているという。

中ダイを頭に船中7枚の釣果。このほかにはイナダやイサキなどのゲストもまじり、クーラーの中は華やかになった

取材当日は、このマダイが最大だった。しかし、南房総海域は大型マダイの実績が高い場所。今後も大ダイの期待が高い。

この時期は浅場を狙う。ヒットすると横走りするので、引き味は最高だ!

これからの時期は青物のゲストが多くなる。

イサキは良型が多い。

これは7月18日に上がった3.8㎏。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・和田「美由丸」。

和田沖のコマセマダイは、梅雨明け頃から本格的なシーズンに入るのが例年のパターンだ。しかし今年はいつもとはちょっと違い、春から釣れ続けている。しかも、狙うポイントは港からすぐの水深22〜30mの超浅場。ビシダナはなんと海面下9mなんていう浅ダナだから驚きだ。
「マダイがヒットすると横っ走りしながら糸が出ていきます。だからハリスは太めの5号を使ってください。ハリはマダイの噛む力が強いので、太軸のヒラマサバリをすすめます」とは和田港「美由丸」の粕谷寛船長。
取材当日は沖から黒潮が入ってきた影響で、置き竿にしたビシが見えるほどの澄み潮。それでも、粕屋船長はていねいにポイントを流し、中ダイを頭に船中7枚の釣果。このほか、イナダやイサキなどのゲストもまじり、クーラーの中は華やかになった。
「うちはコマセダイが専門なんだけどね〜」と、釣果を見て粕谷船長は苦笑い。こういう日もあるからコマセダイはおもしろいのだ。
その後は潮が安定傾向。取材の翌々日には2.8㎏を筆頭に15枚の好釣果を記録。港前に優良なポイントを数多く持つ和田沖。これからは青物もまじって、コマセマダイがよりいっそうおもしろくなる!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読