MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
和田沖のマダイは状況次第では、良型の数釣りもある!【南房総】

和田沖のマダイは状況次第では、良型の数釣りもある!【南房総】

南房総海域は大型マダイの実績が高い場所ではあるのだが、今年は特に絶好釣。梅雨明けからシーズンに入るのが例年のパターンだが、今年は春から釣れ続けているという。

中ダイを頭に船中7枚の釣果。このほかにはイナダやイサキなどのゲストもまじり、クーラーの中は華やかになった

取材当日は、このマダイが最大だった。しかし、南房総海域は大型マダイの実績が高い場所。今後も大ダイの期待が高い。

この時期は浅場を狙う。ヒットすると横走りするので、引き味は最高だ!

これからの時期は青物のゲストが多くなる。

イサキは良型が多い。

これは7月18日に上がった3.8㎏。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・和田「美由丸」。

和田沖のコマセマダイは、梅雨明け頃から本格的なシーズンに入るのが例年のパターンだ。しかし今年はいつもとはちょっと違い、春から釣れ続けている。しかも、狙うポイントは港からすぐの水深22〜30mの超浅場。ビシダナはなんと海面下9mなんていう浅ダナだから驚きだ。
「マダイがヒットすると横っ走りしながら糸が出ていきます。だからハリスは太めの5号を使ってください。ハリはマダイの噛む力が強いので、太軸のヒラマサバリをすすめます」とは和田港「美由丸」の粕谷寛船長。
取材当日は沖から黒潮が入ってきた影響で、置き竿にしたビシが見えるほどの澄み潮。それでも、粕屋船長はていねいにポイントを流し、中ダイを頭に船中7枚の釣果。このほか、イナダやイサキなどのゲストもまじり、クーラーの中は華やかになった。
「うちはコマセダイが専門なんだけどね〜」と、釣果を見て粕谷船長は苦笑い。こういう日もあるからコマセダイはおもしろいのだ。
その後は潮が安定傾向。取材の翌々日には2.8㎏を筆頭に15枚の好釣果を記録。港前に優良なポイントを数多く持つ和田沖。これからは青物もまじって、コマセマダイがよりいっそうおもしろくなる!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
手軽に楽しめる東京湾・横浜沖のLTアジが好調!新山下「渡辺釣船店」では、船着き場から10分もかからないという近さで、半日トップ60匹台という好釣果を記録する日が目立っている。是非チャレンジしてみよう!
今年の八丈島は、ムロアジの泳がせ釣りでカンパチが絶好調に釣れている!大型カンパチはヒット直後のトルクが強烈だ。年内はカンパチの豊漁が望める。スタンディングファイトで豪快やり取りを満喫しよう!
葉山沖のコマセマダイが、イナダ&ワラサ、カンパチなど青物まじりで楽しめている。注意したいのが仕掛けだ。ワラサは中型サイズでも引きは強い。青物に対応できるような仕掛けで臨むことが大事だ。
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」(主催:日本釣用品工業会)が2020年1月17日(金)~19日(日)の3日間、みなとみらい・パシフィコ横浜展示ホールで開催される。
松栄丸(布良)の釣果情報を掲載
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読