MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
和田沖のマダイは状況次第では、良型の数釣りもある!【南房総】

和田沖のマダイは状況次第では、良型の数釣りもある!【南房総】

南房総海域は大型マダイの実績が高い場所ではあるのだが、今年は特に絶好釣。梅雨明けからシーズンに入るのが例年のパターンだが、今年は春から釣れ続けているという。

中ダイを頭に船中7枚の釣果。このほかにはイナダやイサキなどのゲストもまじり、クーラーの中は華やかになった

取材当日は、このマダイが最大だった。しかし、南房総海域は大型マダイの実績が高い場所。今後も大ダイの期待が高い。

この時期は浅場を狙う。ヒットすると横走りするので、引き味は最高だ!

これからの時期は青物のゲストが多くなる。

イサキは良型が多い。

これは7月18日に上がった3.8㎏。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・和田「美由丸」。

和田沖のコマセマダイは、梅雨明け頃から本格的なシーズンに入るのが例年のパターンだ。しかし今年はいつもとはちょっと違い、春から釣れ続けている。しかも、狙うポイントは港からすぐの水深22〜30mの超浅場。ビシダナはなんと海面下9mなんていう浅ダナだから驚きだ。
「マダイがヒットすると横っ走りしながら糸が出ていきます。だからハリスは太めの5号を使ってください。ハリはマダイの噛む力が強いので、太軸のヒラマサバリをすすめます」とは和田港「美由丸」の粕谷寛船長。
取材当日は沖から黒潮が入ってきた影響で、置き竿にしたビシが見えるほどの澄み潮。それでも、粕屋船長はていねいにポイントを流し、中ダイを頭に船中7枚の釣果。このほか、イナダやイサキなどのゲストもまじり、クーラーの中は華やかになった。
「うちはコマセダイが専門なんだけどね〜」と、釣果を見て粕谷船長は苦笑い。こういう日もあるからコマセダイはおもしろいのだ。
その後は潮が安定傾向。取材の翌々日には2.8㎏を筆頭に15枚の好釣果を記録。港前に優良なポイントを数多く持つ和田沖。これからは青物もまじって、コマセマダイがよりいっそうおもしろくなる!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
最新記事
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読