MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

新安浦港から出てすぐの猿島は、周年に渡ってアジが釣れる好ポイントだ。釣り物が少ない真冬の時期でも、穏やかな海で手軽にアジ釣りが楽しめることで人気が高い。猿島周りのアジを狙って半日船を出している村上釣舟店に伺った。

perm_media 《画像ギャラリー》猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】の画像をチェック! navigate_next

刺身、なめろう、フライはもちろんのこと、一夜干しは真冬にしか味わえない美味

でっぷり太って脂が乗った猿島周りの黄アジ。とっても美味しい!

真冬とはいえ食いは活発。2点、3点掛けで数釣れる日も多い。

寒い今の時期に釣ったアジは、乾燥した冷たい夜風で一夜干しにするのがオススメ。

半日でトップ50匹オーバーもある!

まじりも多彩。こちらは大きなイシモチ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「村上釣舟店・千代吉丸」。

春夏秋冬、季節を問わずに楽しめる東京湾横須賀沖のアジ。いったい東京湾にはどれだけのアジが泳いでいるのだろう、と不思議になるくらい、一年を通して安定した釣果があり、釣り人を楽しませてくれる。
新安浦港の「村上釣舟店」は、午前と午後の手軽な半日船で猿島周りのアジを狙う。水温が下がる時期ではあるが、25㎝クラスの食べ頃サイズを中心にトップ40匹前後釣れている。
ポイントの水深は35m前後。潮通しが良い瀬を狙うので、まめに底ダチを取り直して底から3mに正確にタナを合わせるのが好釣果につながる。またコマセを切らさないよう、まめに仕掛けを入れ替えることも大切だ。
猿島周りのアジは、キアジと呼ばれる尾ビレが黄色い地付きのアジだ。脂の乗りがよく食味は抜群で、このアジばかりを釣りに通うマニアも少なくない。
刺身、なめろう、フライはもちろんのこと、寒い夜に作る一夜干しは真冬にしか味わえない美味だ。
これから一年で一番寒い時期に入る。沖で西風が強く吹いて出られない日でも、横須賀界隈は北風で好天の日が多い。早起きや遠出するにはちょっと辛いな、という日にも、時間が短く海が穏やかな猿島沖のアジ釣りをおすすめめしたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル