猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

新安浦港から出てすぐの猿島は、周年に渡ってアジが釣れる好ポイントだ。釣り物が少ない真冬の時期でも、穏やかな海で手軽にアジ釣りが楽しめることで人気が高い。猿島周りのアジを狙って半日船を出している村上釣舟店に伺った。


刺身、なめろう、フライはもちろんのこと、一夜干しは真冬にしか味わえない美味

でっぷり太って脂が乗った猿島周りの黄アジ。とっても美味しい!

真冬とはいえ食いは活発。2点、3点掛けで数釣れる日も多い。

寒い今の時期に釣ったアジは、乾燥した冷たい夜風で一夜干しにするのがオススメ。

半日でトップ50匹オーバーもある!

まじりも多彩。こちらは大きなイシモチ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「村上釣舟店・千代吉丸」。

春夏秋冬、季節を問わずに楽しめる東京湾横須賀沖のアジ。いったい東京湾にはどれだけのアジが泳いでいるのだろう、と不思議になるくらい、一年を通して安定した釣果があり、釣り人を楽しませてくれる。
新安浦港の「村上釣舟店」は、午前と午後の手軽な半日船で猿島周りのアジを狙う。水温が下がる時期ではあるが、25㎝クラスの食べ頃サイズを中心にトップ40匹前後釣れている。
ポイントの水深は35m前後。潮通しが良い瀬を狙うので、まめに底ダチを取り直して底から3mに正確にタナを合わせるのが好釣果につながる。またコマセを切らさないよう、まめに仕掛けを入れ替えることも大切だ。
猿島周りのアジは、キアジと呼ばれる尾ビレが黄色い地付きのアジだ。脂の乗りがよく食味は抜群で、このアジばかりを釣りに通うマニアも少なくない。
刺身、なめろう、フライはもちろんのこと、寒い夜に作る一夜干しは真冬にしか味わえない美味だ。
これから一年で一番寒い時期に入る。沖で西風が強く吹いて出られない日でも、横須賀界隈は北風で好天の日が多い。早起きや遠出するにはちょっと辛いな、という日にも、時間が短く海が穏やかな猿島沖のアジ釣りをおすすめめしたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読