沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

猿島沖のアジ、数釣りできて食味も最高!【東京湾・猿島沖】

新安浦港から出てすぐの猿島は、周年に渡ってアジが釣れる好ポイントだ。釣り物が少ない真冬の時期でも、穏やかな海で手軽にアジ釣りが楽しめることで人気が高い。猿島周りのアジを狙って半日船を出している村上釣舟店に伺った。


刺身、なめろう、フライはもちろんのこと、一夜干しは真冬にしか味わえない美味

でっぷり太って脂が乗った猿島周りの黄アジ。とっても美味しい!

真冬とはいえ食いは活発。2点、3点掛けで数釣れる日も多い。

寒い今の時期に釣ったアジは、乾燥した冷たい夜風で一夜干しにするのがオススメ。

半日でトップ50匹オーバーもある!

まじりも多彩。こちらは大きなイシモチ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「村上釣舟店・千代吉丸」。

春夏秋冬、季節を問わずに楽しめる東京湾横須賀沖のアジ。いったい東京湾にはどれだけのアジが泳いでいるのだろう、と不思議になるくらい、一年を通して安定した釣果があり、釣り人を楽しませてくれる。
新安浦港の「村上釣舟店」は、午前と午後の手軽な半日船で猿島周りのアジを狙う。水温が下がる時期ではあるが、25㎝クラスの食べ頃サイズを中心にトップ40匹前後釣れている。
ポイントの水深は35m前後。潮通しが良い瀬を狙うので、まめに底ダチを取り直して底から3mに正確にタナを合わせるのが好釣果につながる。またコマセを切らさないよう、まめに仕掛けを入れ替えることも大切だ。
猿島周りのアジは、キアジと呼ばれる尾ビレが黄色い地付きのアジだ。脂の乗りがよく食味は抜群で、このアジばかりを釣りに通うマニアも少なくない。
刺身、なめろう、フライはもちろんのこと、寒い夜に作る一夜干しは真冬にしか味わえない美味だ。
これから一年で一番寒い時期に入る。沖で西風が強く吹いて出られない日でも、横須賀界隈は北風で好天の日が多い。早起きや遠出するにはちょっと辛いな、という日にも、時間が短く海が穏やかな猿島沖のアジ釣りをおすすめめしたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。


ターゲットはサワラ・ブリ・ワラサ! 真冬のルアーゲーム(鴨下丸)

ターゲットはサワラ・ブリ・ワラサ! 真冬のルアーゲーム(鴨下丸)

ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。


冬のタチウオゲームはパターンを掴んで釣果を伸ばす(太田屋)

冬のタチウオゲームはパターンを掴んで釣果を伸ばす(太田屋)

東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。


荒食い間近!70cmアップランカーも…シーバスジギング(つり幸)

荒食い間近!70cmアップランカーも…シーバスジギング(つり幸)

「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。


高価値のある一枚をキャッチせよ! マダイゲーム(フレンドシップ)

高価値のある一枚をキャッチせよ! マダイゲーム(フレンドシップ)

シンプルなライトタックルで、極端なことを言ってしまえば「落として巻くだけ」でマダイをはじめ根魚や青物など多彩な魚が釣れ、しかも老若男女誰でも手軽にゲーム性の高い釣りが楽しめると人気が高い「タイラバ」。


最新の投稿


ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。


「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

1月26日に東京都豊島区のホテルベルクラシック東京で開催される「第20回 JGFA新春パーティー」の参加者募集内容です。


良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。


基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

仕掛けはプラヅノ11㎝で組んだブランコ式の5〜7本ヅノが標準。枝スは3号、幹糸は5号。仕掛けの途中に赤白のウキスッテをまぜると有効なときもあるので準備しておくといいだろう。


寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読