MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシ回遊でチャンス! 期待十分! 御宿沖のヒラメ【外房・御宿沖】

イワシ回遊でチャンス! 期待十分! 御宿沖のヒラメ【外房・御宿沖】

今季は高水温のせいか「ずぅーっと一宮(九十九里)あたりに居て全然下がって来ない」と言われていたイワシが、年始明けのシケ後から「水温が下がって南下して来た」と聞き、チャンス到来とばかりにヒラメ釣行を決めた。お世話になったのは御宿岩和田の「太平丸」。カモシ釣りと冬場のヒラメが看板の船宿だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

御宿沖のヒラメ釣りはこれからが本番だ。「イワシ回遊」の鬼に金棒状態で、旬を迎えた肉厚大判ビラメを釣りまくれ

外房にイワシの群がやってきた。大型が活発になり、ヒラメ釣りが熱いシーズンに突入だ!

横流しが基本なので、釣り座に関係なく均等にアタリがおとずれる。

イワシの群を追い、捕食しているヒラメは肉厚で脂たっぷり。食味抜群だ。

大型の可能性もある。強い引きを感じたらやり取りは慎重に。

海面下にユラリと姿を見せたヒラメ。大判サイズが姿を見せると、おもわずドキリとする。

素早く正確にハリを刺して元気にイワシを泳がせるのも好釣果への近道だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」。

ヒラメシーズン真っ只中! 数あるヒラメ釣り場の中でも、これから面白くなるのが外房エリアだ。これからはイワシ回遊で大型が活発になる。
「今季は水温が高くイワシの南下が遅れていてたんだけど、年明けにシケが続いて水温が17℃から12℃台まで下がったらようやくイワシっ気が出て来ましたよ」とは御宿岩和田港「大平丸」の大野利広船長で、イワシ回遊にともない釣果も急上昇中。俄然注目エリアにランクインだ。
今季は「沖よりもナダ寄りが調子がいい」とのことで、釣り場の水深は10~15mと浅い。そんな浅場だが釣れ上がるヒラメの型は良く、取材日もソゲ級は数えるほどで大半はキロ上サイズ、3㎏近い良型が釣果の三割方を占めた。根周りを攻めることが多いのでまめなタナ取りは必須だが、大野船長は「浅くなりますよー」「根がくるから根掛かりに気を付けて」「はい深くなったよー」とタイムリーにアナウンスしてくれるので釣りやすい。
当日は顔を出さなかったが今後はハタやカサゴ、メバルなど、根周りならではの魚からのアタリも増え飽きることなく楽しめそうだ。
元来御宿沖のヒラメ釣りはこれからが本番。「イワシ回遊」の鬼に金棒状態で、旬を迎えた肉厚大判ビラメを釣りまくろう!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル