沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

イワシ回遊でチャンス! 期待十分! 御宿沖のヒラメ【外房・御宿沖】

イワシ回遊でチャンス! 期待十分! 御宿沖のヒラメ【外房・御宿沖】

今季は高水温のせいか「ずぅーっと一宮(九十九里)あたりに居て全然下がって来ない」と言われていたイワシが、年始明けのシケ後から「水温が下がって南下して来た」と聞き、チャンス到来とばかりにヒラメ釣行を決めた。お世話になったのは御宿岩和田の「太平丸」。カモシ釣りと冬場のヒラメが看板の船宿だ。


御宿沖のヒラメ釣りはこれからが本番だ。「イワシ回遊」の鬼に金棒状態で、旬を迎えた肉厚大判ビラメを釣りまくれ

外房にイワシの群がやってきた。大型が活発になり、ヒラメ釣りが熱いシーズンに突入だ!

横流しが基本なので、釣り座に関係なく均等にアタリがおとずれる。

イワシの群を追い、捕食しているヒラメは肉厚で脂たっぷり。食味抜群だ。

大型の可能性もある。強い引きを感じたらやり取りは慎重に。

海面下にユラリと姿を見せたヒラメ。大判サイズが姿を見せると、おもわずドキリとする。

素早く正確にハリを刺して元気にイワシを泳がせるのも好釣果への近道だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」。

ヒラメシーズン真っ只中! 数あるヒラメ釣り場の中でも、これから面白くなるのが外房エリアだ。これからはイワシ回遊で大型が活発になる。
「今季は水温が高くイワシの南下が遅れていてたんだけど、年明けにシケが続いて水温が17℃から12℃台まで下がったらようやくイワシっ気が出て来ましたよ」とは御宿岩和田港「大平丸」の大野利広船長で、イワシ回遊にともない釣果も急上昇中。俄然注目エリアにランクインだ。
今季は「沖よりもナダ寄りが調子がいい」とのことで、釣り場の水深は10~15mと浅い。そんな浅場だが釣れ上がるヒラメの型は良く、取材日もソゲ級は数えるほどで大半はキロ上サイズ、3㎏近い良型が釣果の三割方を占めた。根周りを攻めることが多いのでまめなタナ取りは必須だが、大野船長は「浅くなりますよー」「根がくるから根掛かりに気を付けて」「はい深くなったよー」とタイムリーにアナウンスしてくれるので釣りやすい。
当日は顔を出さなかったが今後はハタやカサゴ、メバルなど、根周りならではの魚からのアタリも増え飽きることなく楽しめそうだ。
元来御宿沖のヒラメ釣りはこれからが本番。「イワシ回遊」の鬼に金棒状態で、旬を迎えた肉厚大判ビラメを釣りまくろう!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

例年ならすでに秋のベストシーズンに突入している外房のヒラマサ。しかし今年は高水温の影響なのか、本格化が少し遅れていた。


沖釣り専門誌が取材した【庄三郎丸】の釣り情報5選!

沖釣り専門誌が取材した【庄三郎丸】の釣り情報5選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【平塚港・庄三郎丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。キハダ、カツオ、シイラ、ヒラメ、アマダイなどがターゲット。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


最新の投稿


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

9月9日(日)におこなわれた「第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫」の大会結果報告です。


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読