イワシ回遊でチャンス! 期待十分! 御宿沖のヒラメ【外房・御宿沖】

イワシ回遊でチャンス! 期待十分! 御宿沖のヒラメ【外房・御宿沖】

今季は高水温のせいか「ずぅーっと一宮(九十九里)あたりに居て全然下がって来ない」と言われていたイワシが、年始明けのシケ後から「水温が下がって南下して来た」と聞き、チャンス到来とばかりにヒラメ釣行を決めた。お世話になったのは御宿岩和田の「太平丸」。カモシ釣りと冬場のヒラメが看板の船宿だ。


御宿沖のヒラメ釣りはこれからが本番だ。「イワシ回遊」の鬼に金棒状態で、旬を迎えた肉厚大判ビラメを釣りまくれ

外房にイワシの群がやってきた。大型が活発になり、ヒラメ釣りが熱いシーズンに突入だ!

横流しが基本なので、釣り座に関係なく均等にアタリがおとずれる。

イワシの群を追い、捕食しているヒラメは肉厚で脂たっぷり。食味抜群だ。

大型の可能性もある。強い引きを感じたらやり取りは慎重に。

海面下にユラリと姿を見せたヒラメ。大判サイズが姿を見せると、おもわずドキリとする。

素早く正確にハリを刺して元気にイワシを泳がせるのも好釣果への近道だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」。

ヒラメシーズン真っ只中! 数あるヒラメ釣り場の中でも、これから面白くなるのが外房エリアだ。これからはイワシ回遊で大型が活発になる。
「今季は水温が高くイワシの南下が遅れていてたんだけど、年明けにシケが続いて水温が17℃から12℃台まで下がったらようやくイワシっ気が出て来ましたよ」とは御宿岩和田港「大平丸」の大野利広船長で、イワシ回遊にともない釣果も急上昇中。俄然注目エリアにランクインだ。
今季は「沖よりもナダ寄りが調子がいい」とのことで、釣り場の水深は10~15mと浅い。そんな浅場だが釣れ上がるヒラメの型は良く、取材日もソゲ級は数えるほどで大半はキロ上サイズ、3㎏近い良型が釣果の三割方を占めた。根周りを攻めることが多いのでまめなタナ取りは必須だが、大野船長は「浅くなりますよー」「根がくるから根掛かりに気を付けて」「はい深くなったよー」とタイムリーにアナウンスしてくれるので釣りやすい。
当日は顔を出さなかったが今後はハタやカサゴ、メバルなど、根周りならではの魚からのアタリも増え飽きることなく楽しめそうだ。
元来御宿沖のヒラメ釣りはこれからが本番。「イワシ回遊」の鬼に金棒状態で、旬を迎えた肉厚大判ビラメを釣りまくろう!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

一度の釣行で、いろいろな釣りを楽しみつつ、狙った獲物も高確率で仕留めたい…。そんな、欲張り派の釣り人にもってこいで、さらに、さまざまな魚が顔を出す五目釣りが外房・小湊沖で展開されている!


水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

6月から開幕している外房・飯岡沖のヒラメ。今年は開幕から良型、大型が取り込まれるのが目立っている。今回取材した飯岡港「梅花丸」も開幕から大型をコンスタントに取り込んでいる。開幕初日、二日目と5kgオーバーを取り込み、その後も4kg台の大型を何枚も取り込んでいるのだ。


水深も浅く釣りやすい! 外房・大原沖ひとつテンヤマダイ(LT広布号)

水深も浅く釣りやすい! 外房・大原沖ひとつテンヤマダイ(LT広布号)

秋の大原沖は例に漏れず、浅場で中小型の数釣りが期待できる時期。水深20m前後のポイントで、条件がそろえばキロ前後ぐらいまでのサイズをトップ2桁釣果も珍しくない。中小型がメインになるが、状況次第では大型のヒットもあるのだ。


ジギング&キャスティングで狙う! ヒラマサ&ワラサ(山正丸)

ジギング&キャスティングで狙う! ヒラマサ&ワラサ(山正丸)

千葉・外房に秋の青物シーズンの到来だ。メインターゲットは、もちろんヒラマサ! それにワラサ(イナダ)やカンパチ、昨年はハガツオなどもよくヒットした。秋は魚種も多彩なので、まさに入門には最適な時期といえよう。


部分解禁から絶好調! 10月から全面解禁する片貝冲のヒラメ(勇幸丸)

部分解禁から絶好調! 10月から全面解禁する片貝冲のヒラメ(勇幸丸)

8月、9月と段階的に部分解禁している片貝沖のヒラメだが、今年も順調な釣果が報告されている。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読