日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

激うまキンメ、トロキンメなどど称され、抜群のブランド力で人気なのが新島沖のキンメダイ。職漁師はもちろん、エサ釣りで狙う人も多い。そんな新島沖のキンメにキンメに惹き寄せられるかのように、近年、スロー系ジギングで攻める釣り人が急増している。


いまもっともホットな深海ルアーゲームを堪能せよ

この日の最大魚は菊川市の宇佐美修永さんが仕留めた。「潮に持っていかれてどこまでもラインが出ていくし、重いなあ、と思ったらキンメでした。これまでで一番大きいので嬉しいです」。ジグでキャッチした1本だ。

釣り場に到着後、準備万端で投入の合図を待つ。取材時の竿入れ時間は6時20分。13時までと、釣り時間は意外に短い。

前日は異なる釣り場で100枚以上の釣果を得たが新島沖のキンメは別という常連さん。トロキンメ、キャッチ成功!

海底付近でいかにヘビージグを魅惑的に動かすことができるか? これが釣果を大きく分ける。

最後の流しでアコウとダブルを演じたプロ釣り師!?

重労働のジギング組を横目に、電動パワーのエサ釣り師は余裕シャクシャク。

ジグは500〜800gまで幅広く、なるべく豊富に用意しておきたい。

ジグチェンジは流し替えの間に素早く、確実に。遅れると一回休みになってしまう。

恐怖の根掛かり。高価なジグ、ラインのロストはできるだけ避けたい。フックをネムらせるのも一手だ。

スロー系ジギングに対応したタックルを複数、用意しておきたい。ラインはたっぷり準備が必須だ。

ジグも豊富に準備しておきたい。500〜800gを中心に揃えておく。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛丸」。

「数は多くは望めないけど、食べて美味しいし、型がいい。一発勝負が魅力の釣りだね」
とは取材時、舵を握った千石「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼幹雄船長。
1月下旬の取材時は、ルアー4人、エサ釣り3人の計7人が片舷に並んだ。
期待を込めて投入が繰り返されたが、序盤はまったくの無反応。「南伊豆忠兵衛丸」では一回の出船で8回の投入が目安となるが、1〜2投は潮が素直だったものの、それ以降は投入ごとに流れが変化。難しい釣りとなった。
後半になり、エサ釣りではポツポツと本命が浮上したが、ルアー組は沈黙。最後の最後になってやっと本命、しかも2kgクラスがネットイン! 最後まで諦めないことが大切、と改めて思わされた一日だった。
「今日の潮は最悪だったよ」
と船長がこぼす状況だったが、それでもキンメは顔を出してくれた。値千金の新島キンメを手にしたい、口にしたいアングラーは臆することなくチャレンジされたし!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

今年の南伊豆海域におけるマダイの乗っ込みは、例年になく遅れて本格化。そのぶん長引いており、6月に入っても乗っ込みの個体が釣れている。そしてイサキもおもしろい時期。本格シーズンに突入しており、専門に狙う船は連日好釣果を記録している。


確立した深海ルアーゲーム、大型キンメダイを釣る!【新島沖】

確立した深海ルアーゲーム、大型キンメダイを釣る!【新島沖】

新島沖を舞台にしたキンメゲームが好調だ。「ほとんど出船ごとに型をみているよ。全員が釣ることも珍しくはないしね。みなさん狙いは3㎏クラスって感じで頑張っているね」と話す、弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長。


LT深海試し釣り、深場釣りの可能性を探る!【神子元島〜利島沖】

LT深海試し釣り、深場釣りの可能性を探る!【神子元島〜利島沖】

これまでヘビータックル限定だった「特大トロキンメ」に中型電動リールで手が届く。「次世代深海釣り」の可能性が大きく切り開かれた。


1㎏級が50匹!!  大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

1㎏級が50匹!! 大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

「最後は深いですよ」、船長がアナウンスした9投目。早朝のウネリがうそのような大島沖で「締めの一投」に臨む。4月5日はチーム7名で、大島沖のキンメダイ狙い。前週までは「一服状態」だった本命ポイントが直前に1㎏級30〜50枚と好転。「大島沖らしい」釣況に期待が膨らむが…。


激熱ポイント多数あり、10㎏オーバーの大型マダイを狙え【南伊豆沖】

激熱ポイント多数あり、10㎏オーバーの大型マダイを狙え【南伊豆沖】

南伊豆海域もマダイの乗っ込みポイントとしては実績があり有名だ。このエリアも他の海域と同じく、今年は乗っ込み開始が遅れ気味だったが、4月中旬ぐらいから乗っ込みらしい釣果が記録されはじめた。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読