日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

激うまキンメ、トロキンメなどど称され、抜群のブランド力で人気なのが新島沖のキンメダイ。職漁師はもちろん、エサ釣りで狙う人も多い。そんな新島沖のキンメにキンメに惹き寄せられるかのように、近年、スロー系ジギングで攻める釣り人が急増している。


いまもっともホットな深海ルアーゲームを堪能せよ

この日の最大魚は菊川市の宇佐美修永さんが仕留めた。「潮に持っていかれてどこまでもラインが出ていくし、重いなあ、と思ったらキンメでした。これまでで一番大きいので嬉しいです」。ジグでキャッチした1本だ。

釣り場に到着後、準備万端で投入の合図を待つ。取材時の竿入れ時間は6時20分。13時までと、釣り時間は意外に短い。

前日は異なる釣り場で100枚以上の釣果を得たが新島沖のキンメは別という常連さん。トロキンメ、キャッチ成功!

海底付近でいかにヘビージグを魅惑的に動かすことができるか? これが釣果を大きく分ける。

最後の流しでアコウとダブルを演じたプロ釣り師!?

重労働のジギング組を横目に、電動パワーのエサ釣り師は余裕シャクシャク。

ジグは500〜800gまで幅広く、なるべく豊富に用意しておきたい。

ジグチェンジは流し替えの間に素早く、確実に。遅れると一回休みになってしまう。

恐怖の根掛かり。高価なジグ、ラインのロストはできるだけ避けたい。フックをネムらせるのも一手だ。

スロー系ジギングに対応したタックルを複数、用意しておきたい。ラインはたっぷり準備が必須だ。

ジグも豊富に準備しておきたい。500〜800gを中心に揃えておく。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛丸」。

「数は多くは望めないけど、食べて美味しいし、型がいい。一発勝負が魅力の釣りだね」
とは取材時、舵を握った千石「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼幹雄船長。
1月下旬の取材時は、ルアー4人、エサ釣り3人の計7人が片舷に並んだ。
期待を込めて投入が繰り返されたが、序盤はまったくの無反応。「南伊豆忠兵衛丸」では一回の出船で8回の投入が目安となるが、1〜2投は潮が素直だったものの、それ以降は投入ごとに流れが変化。難しい釣りとなった。
後半になり、エサ釣りではポツポツと本命が浮上したが、ルアー組は沈黙。最後の最後になってやっと本命、しかも2kgクラスがネットイン! 最後まで諦めないことが大切、と改めて思わされた一日だった。
「今日の潮は最悪だったよ」
と船長がこぼす状況だったが、それでもキンメは顔を出してくれた。値千金の新島キンメを手にしたい、口にしたいアングラーは臆することなくチャレンジされたし!

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


銭洲は中ムロアジの泳がせ釣りが面白い! (南伊豆忠兵衛丸)

銭洲は中ムロアジの泳がせ釣りが面白い! (南伊豆忠兵衛丸)

大物釣りの聖地“銭洲”。数々のドラマを生み出したフィールドだが、これから秋のシーズンに注目したい。


人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

今回は東伊豆・富戸沖でキンメとアカムツを狙った。札幌からはるばる来てくれた内山夫妻に、いいお土産を持ち帰らせることができるか!?


激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

うまい魚の代名詞、深場のアコウダイやキンメダイのシーズンが冬だと思っている方が多いと思いますが、実はこの時期、最も美味しいとツウ達が口を揃えて言うのをご存知でしたか?そんな魚をターゲットにアコウ五目で日々、相模湾の沖ノ瀬へ出船し、コンスタントな釣果を揚げているのが三浦半島小坪港の「太郎丸」だ。


3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

ミヨシ2番の平間さんがアブラボウズとの息詰まるバトルが繰り広げている最中、ミヨシの小野寺さんが連ねた見事な緋色に湧き上がる歓声と溜息。新島沖の夏キンメを釣る。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読