MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

「今の時期はフッコサイズが数多く釣れていますので、初心者や女性、そして子供さんも釣りやすい状況です。このサイズでしたら抜き上げも行いやすいので、ぜひチャレンジしていただきたいと思います!」とは、「長崎屋」ルアー船担当の長崎功船長。

トップで40〜50本前後、取材前には120本超えという、とんでもない数が記録された!

取材日の前日には100本以上釣り上げた。

近年の重要なポイントのひとつであるタンカー周り。こんな独特な景色の中で釣りを楽しむことができるのも東京湾ならでは。子供さんは大喜び間違いなしだ。

「つり丸」が発売されるタイミングは、産卵を終えた個体が少しずつ戻り始める頃。そうなると、大型にも期待がかかる!

タックルはフォールのアタリを取りやすいベイトタイプがオススメ。

群れが固まりはじめて絶好調! 例年ゴールデンウイーク前まで続く。

フックはフロントとリアの2本が基本。子供さんはテイルにアシストだけのセッティングもオススメ。

基本はジグを落として巻くだけなので、誰でも楽しめるのもこの釣りの大きな魅力だ。

1月中旬の取材ではフッコクラスがイレグイとなる時間帯も。プロセレ製のジグが大活躍だった。

この日の最大は69cm!今期はすでに70cmオーバーも出ているゾ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」。

今年に入って、東京湾のシーバスジギングが絶好調だ。長崎船長の言葉にもあるように、サイズはフッコ級が中心ながら、なんとトップで40〜50本前後、取材前には120本超えという、とんでもない数が記録された。
もちろん数だけではない。70㎝オーバーといった大型もヒットしていて、やはり取材前には70㎝オーバーが釣られていて、取材日も69㎝のグッドサイズが飛び出した。
さて、東京湾のシーバスジギングは頭の上を飛行機がバンバン飛んでいったり、なかなか間近では見られない巨大タンカー周りで釣りをしたりする。まさに東京湾ならではという景色は、とくに子供は大喜び間違いなし! しかも、この釣りはジグを落として巻くだけでも十分に釣れるので、子供や女性も手軽に楽しめるのが嬉しい。この日は平日だったためさすがに子供はいなかったが、週末ともなれば子供の姿も多く見られる。防寒対策をしっかりとして、ぜひ親子でもチャレンジしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
荒川笹目橋「けやき丸」では“湾奥ルアー五目”が熱い!「シーバス中心にサワラやイナダも顔を出し、ビギナーさんでも十分楽しめます」とのこと。ぜひ仲間を誘って秋の楽釣プランを満喫してみよう!
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!
東京湾奥のサワラゲームがアツい!今年も来た!湾奥のサワラ祭り!レンジ・アクション・スピードを使い分け、激ウマのターゲットを捕獲しよう!!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル