沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

「今の時期はフッコサイズが数多く釣れていますので、初心者や女性、そして子供さんも釣りやすい状況です。このサイズでしたら抜き上げも行いやすいので、ぜひチャレンジしていただきたいと思います!」とは、「長崎屋」ルアー船担当の長崎功船長。


トップで40〜50本前後、取材前には120本超えという、とんでもない数が記録された!

取材日の前日には100本以上釣り上げた。

近年の重要なポイントのひとつであるタンカー周り。こんな独特な景色の中で釣りを楽しむことができるのも東京湾ならでは。子供さんは大喜び間違いなしだ。

「つり丸」が発売されるタイミングは、産卵を終えた個体が少しずつ戻り始める頃。そうなると、大型にも期待がかかる!

タックルはフォールのアタリを取りやすいベイトタイプがオススメ。

群れが固まりはじめて絶好調! 例年ゴールデンウイーク前まで続く。

フックはフロントとリアの2本が基本。子供さんはテイルにアシストだけのセッティングもオススメ。

基本はジグを落として巻くだけなので、誰でも楽しめるのもこの釣りの大きな魅力だ。

1月中旬の取材ではフッコクラスがイレグイとなる時間帯も。プロセレ製のジグが大活躍だった。

この日の最大は69cm!今期はすでに70cmオーバーも出ているゾ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」。

今年に入って、東京湾のシーバスジギングが絶好調だ。長崎船長の言葉にもあるように、サイズはフッコ級が中心ながら、なんとトップで40〜50本前後、取材前には120本超えという、とんでもない数が記録された。
もちろん数だけではない。70㎝オーバーといった大型もヒットしていて、やはり取材前には70㎝オーバーが釣られていて、取材日も69㎝のグッドサイズが飛び出した。
さて、東京湾のシーバスジギングは頭の上を飛行機がバンバン飛んでいったり、なかなか間近では見られない巨大タンカー周りで釣りをしたりする。まさに東京湾ならではという景色は、とくに子供は大喜び間違いなし! しかも、この釣りはジグを落として巻くだけでも十分に釣れるので、子供や女性も手軽に楽しめるのが嬉しい。この日は平日だったためさすがに子供はいなかったが、週末ともなれば子供の姿も多く見られる。防寒対策をしっかりとして、ぜひ親子でもチャレンジしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


シーバス 東京湾 長崎屋

関連する投稿


今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

「今年は水温が高いこともあって、少しスタートが遅い感じですね。コノシロパターンも散発的にありますけど、今のところはイワシが多いので、こちらを意識した釣りのほうがメインパターンになっていますね」と話す、10月下旬時点での模様を教えてくれたのは、横浜新山下の人気シーバス船「アイランドクルーズFC」の家田茂大船長。


タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

「福よし丸」では、使用する道糸の太さによって、オモリの号数を変えている。道糸がPEライン2号の場合、オモリは60〜80号。PEライン3号の場合、オモリは80〜100号。PEライン4号の場合、オモリは100〜120号。あとは、その日の状況によってオマツリなどしないように微調整する。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

手軽に美味しいアジが釣れる東京湾のLT(ライトタックル)アジが人気だ。都心からほど近い川崎の「つり幸」では、親子連れや女性を交えたグループ釣行者などで連日賑わいを見せている。


衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

長竿の弾力を利用して、小さく鋭くシャクる。ここで大切なことは、竿に十分に力を加えることだ。竿が曲がった後、その反動で腕が引き戻されるくらいまで力を込めることにより餌木に鋭い動きを与えることができ、アオリイカへのアピール効果も高まる。


最新の投稿


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

9月9日(日)におこなわれた「第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫」の大会結果報告です。


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読