MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

「今の時期はフッコサイズが数多く釣れていますので、初心者や女性、そして子供さんも釣りやすい状況です。このサイズでしたら抜き上げも行いやすいので、ぜひチャレンジしていただきたいと思います!」とは、「長崎屋」ルアー船担当の長崎功船長。

perm_media 《画像ギャラリー》トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

トップで40〜50本前後、取材前には120本超えという、とんでもない数が記録された!

取材日の前日には100本以上釣り上げた。

近年の重要なポイントのひとつであるタンカー周り。こんな独特な景色の中で釣りを楽しむことができるのも東京湾ならでは。子供さんは大喜び間違いなしだ。

「つり丸」が発売されるタイミングは、産卵を終えた個体が少しずつ戻り始める頃。そうなると、大型にも期待がかかる!

タックルはフォールのアタリを取りやすいベイトタイプがオススメ。

群れが固まりはじめて絶好調! 例年ゴールデンウイーク前まで続く。

フックはフロントとリアの2本が基本。子供さんはテイルにアシストだけのセッティングもオススメ。

基本はジグを落として巻くだけなので、誰でも楽しめるのもこの釣りの大きな魅力だ。

1月中旬の取材ではフッコクラスがイレグイとなる時間帯も。プロセレ製のジグが大活躍だった。

この日の最大は69cm!今期はすでに70cmオーバーも出ているゾ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」。

今年に入って、東京湾のシーバスジギングが絶好調だ。長崎船長の言葉にもあるように、サイズはフッコ級が中心ながら、なんとトップで40〜50本前後、取材前には120本超えという、とんでもない数が記録された。
もちろん数だけではない。70㎝オーバーといった大型もヒットしていて、やはり取材前には70㎝オーバーが釣られていて、取材日も69㎝のグッドサイズが飛び出した。
さて、東京湾のシーバスジギングは頭の上を飛行機がバンバン飛んでいったり、なかなか間近では見られない巨大タンカー周りで釣りをしたりする。まさに東京湾ならではという景色は、とくに子供は大喜び間違いなし! しかも、この釣りはジグを落として巻くだけでも十分に釣れるので、子供や女性も手軽に楽しめるのが嬉しい。この日は平日だったためさすがに子供はいなかったが、週末ともなれば子供の姿も多く見られる。防寒対策をしっかりとして、ぜひ親子でもチャレンジしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
3月の鹿島沖テンヤマダイ船は、ジグマダイ船になった!45~60gの小型タングステンジグが大活躍!うれしいゲストはホウボウ&メバル!ぜひ挑戦してみてほしい!
【東京湾】イワシ付きグッドサイズが連発!キャスティングゲームで狙う夜のシーバス最高潮!ベイトパターンの群れにぶつかればグッドサイズの連発あるぞ!!
最新記事
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
フラッシュブーストにタコはメロメロ、超高アピールするタコ餌木「タコマスターフラッシュブースト 3.5号」
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
【相模湾・平塚沖~大磯沖】LTの元祖とも言えるのが平塚出船のLT五目だ。アジメインにアタリ活発!これから水深浅くなり魚種も豊富に!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル