MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ベニアコウ(オオサガ)という魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ベニアコウ(オオサガ)という魚を知ろう!

ベニアコウ(オオサガ)は、スズキ目メバル科メバル属の魚。ベニアコウとは釣り人の呼称で、正式には「オオサガ」「サンコウメヌケ」の2種を指す。水深1300m以浅の深海に生息する。水深400~800m位の場所にとくに多い。

オオサガ(スズキ目メバル科メバル属)の生態

千葉県銚子以北に生息しているというが、もっと南にもいるようである。実際に静岡県沼津市にも水揚げされたのを見ている。全長1m近くになり、重さ20㎏を超えるとされている。釣りの世界での呼び名「べにあこう」はアコウダイの生息域と重なり、より「紅」、すなわち「赤み」が強いという意味だろう。岩手県ではバラメヌケのことを「さが」。それよりも大型になるので「大さが」の標準和名がついた。流通上は単に「めぬけ」、三陸、北海道では「荒神めぬけ」と呼ばれることが多い。
水深200~800mに生息するとされるが、寒冷な海域では浅場に、南に行くほど深くなる。千葉県南房沖や伊豆沖では水深1000mというのもわかる気がする。

ベニアコウの値段は?

戦前戦後は魚類中もっとも安い魚だったが、近年はもっとも高価なものになってきている。しかも大きな魚はあまり高くはならない、の原則を覆して、10㎏を超えても値段が落ちない。東京市場で見た最低値段がキロあたり2000円、高いと6000円はする。平均的な価格が4000円くらいなので10㎏サイズ1尾で40000円もすることに。これなら沖に出て2尾も釣り上げると大変だ。というか、うらやましい!

ベニアコウの釣行レポート

「食った!」エキストラと一線を画すシャープなアタリに思わずポンッ! と掌を打つ。着底後ほどなく千尋の海底から届いた「魔性の紅」の微笑にすっかり有頂天だが、好事魔多し。その姿を海面に浮かべるまで決して気の抜けない綱渡りの恋。はやる気持ちを抑えつつ、逢瀬の瞬間を待ちわびる…。

「ベニアコウ」の寿司…実に甘い。さわやかな後を引かない甘さだ

学生時代の友人が定年退職。息子さんと一緒に釣りに行き、初めて釣り上げた深場の獲物をお裾分けしていただく。友人はお堅い仕事で、日々謹厳実直に勤め上げて四十年。そのまじめ男の息子さんは自営業だそうで、釣りも、なんとヒップホップもやるという趣味人だそうだ。

いただいたのは赤い魚の切り身だが、重さにして四百グラムもある。お礼の電話をすると、沖釣りは初めてだ、というのに外房まで深場釣りに出かけたのだという。

「すごかったよ。水深千メートルくらいあったかもね。一人じゃ絶対無理だけど、仕掛けも、道具も太郎のだし、船宿の方がいろいろ手伝ってくれて、楽ちんな釣りだったよ」

とすると、外房は珍しく凪いでいたのだろうか。魚はオオサガ(ベニアコウ)だ。

これを真半分に割り、『市場寿司』での遅い昼ご飯に握ってもらう。

「皮はどうする」

「引いていいよ。捨てないでね。持って帰るから」

小皿に一かんだけのせてもらい、とにかく空きっ腹をなだめるために口に放り込む。これが実に甘い。さわやかな後を引かない甘さだ。

これでご近所のイトウさんが石垣島で釣り上げたヒレナガカンパチを刺身にしてもらい、埼玉県の銘酒「花陽浴」を一杯、二杯……。

外を見ると日差しがまた色を増してきている。「春近しだね」。

「うん。春の足音が聞こえるね」

〆にふたたびオオサガの握りをつまむ。トロっとした口溶け感とともに舌に絶妙な甘味がくる。

「これ三かんで、こはだも煮いかもいらないね。一品で完結する味だ」

「釣りをする人にしては丁寧に下ろしている。身割れしていないし、鮮度も抜群。上ネタだね」

二月後半も日々慌ただしく、面倒なので朝ご飯を『市場寿司』で食べる機会が多い。ご常連の相模湾釣り師のナミさんからヒメコダイ、市場で塩乾を商う福さんからショウサイフグ、カワハギをいただく。

ショウサイフグのみそ汁が、ヒメコダイのあぶり握りがうまい。

さて、ある日、築地場内で春の魚を探していると、やたら目につくのがオオサガ。知り合いの店主に「半身いらねーか」と呼び止められ、つい買ってしまったのは、どうやら先日いただいた、外房のベニアコウの味の記憶が舌に残っていたせいらしい。一キロなんと六千円。半身なのにお代は一万七千円也もする。頭つきでも実にお高い買い物である。

これも『市場寿司』に持ち込み、遅いお昼ご飯にいただく。はやり握りは素晴らしい、とは思うものの、外房の「ベニアコウ」と比べると数段落ちるようだ。たかさんも

「この前のとは別種かね。味違ってない。甘味が少ないっていうか」

「そうだね。これ岩手県産なんだけど、この前のと比べて味が薄い」

ご常連のナギさん、ナミさんも来て、釣り談義に花が咲く。八王子最長老のすし職人・忠さんも来た。

オオサガの頭を鍋用に解体しているのを見て、

「おお、懐かしいな。昔、タラが高いときに、これででんぶ作ったな」

「でんぶを、これで」

「そうさよ。オリンピックまでは、白身の中ではこれがいちばん安かったからな。仕方なくって感じさね。キロ二十円くれーだったかね」

「へー、今じゃその十倍か」

「違うでしょ、三百倍だよ」

それを聞いたナギさん、ナミさんの頭をバシっとたたき

「ドンとくりゃー、だ」

「何それ、ナミさんの頭をバシで、ドンとくりゃ、て意味あるの」

たかさんが「カラオケだ」と笑い。

「細川たかしでしょ、演歌だよ。歌いすぎ。驚いたってことでしょ」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2015年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
ワカシは、スズキ目アジ科ブリ属。本来、本州以南を回遊していたが、今や千島列島やオホーツク海にもいる。北海道オホーツク海以南、鹿児島県南岸までの日本海、東シナ海、太平洋、瀬戸内海に生息。
クロメジナ(オナガメジナ)はスズキ目メジナ科メジナ属。メジナよりも大きくなり、三重県熊野市で4.2kgという記録がある。
クサヤモロはスズキ目スズキ科ムロアジ属。外房・山口県日本海側以南、全世界の温帯域から熱帯域に広く生息している。
アブラボウズはスズキ目ギンダラ科アブラボウズ属。紀伊半島以北。オホーツク海、アリューシャン列島、アラスカ湾、カリフォルニアの太平洋の寒冷な海域に生息している。
前回、前々回と続いた集中連載の最終回。今回はサバをさばいてしめサバを作ります。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読