MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

宮城県仙台湾内は、春間近だ。産卵を終えたメバルたちの荒食いが始まっている。

perm_media 《画像ギャラリー》春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】の画像をチェック! navigate_next

サビキ仕掛けオンリーで、群れに当たるとサビキの数だけメバルが掛かる。アイナメも好釣果、こちらもトップ10本以上

えらいことになってます!

常連の大杉孝之さんは約2時間でこのとおり。

「大海丸」では、前半メバル釣り、後半アイナメ狙いのリレー形式をとっている。

メバルは大型ではないが、一番食べごろサイズがそろった。

生きエサに「銀兵(ぎんぺい)」を使用。ウグイだが、天然のものとは異なりよく泳ぐ。

当たりバケはさまざまだが、左の黒毛が入ったものが仙台湾では安定した釣果を出している。

付けエサの定番は、冷凍のコウナゴとシラウオ。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理「大海丸」。

「人工魚礁に群れるメバルを狙ってます。いつもみたいな真っ赤な反応ではないんですが、それでも入れ食いです。魚は浮く傾向なので高ダナを攻めてみてください」とは、亘理「大海丸」の山川大海船長。
亘理沖では、サビキ仕掛けオンリーで、群れに当たるとサビキの数だけメバルが掛かってくる、地元では「満貫」と呼ばれる状態がソレだ。
午前6時半に港を出て、釣り場まで約40分、実釣約1時間足らずでトップの釣り人は一束超え。しかも亘理沖はサイズがよいのが魅力。
十分すぎるお土産を得たところで、ポイントを変えて、小突き釣りでアイナメ狙い。連日、好釣果が上がっていて、こちらもトップ10本以上。
震災から1年が経過して、ようやくいつもの豊穣な海がもどってきた。港内に復興市場が設けられ、土日は大盛況という。この機会にぜひ、東北支援のためにも、お出かけいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
最新記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
キハダや青物に実績のあるリアルオキアミに新色登場「リアルオキアミ(キハダ・青物)」ホワイト
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル