春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

宮城県仙台湾内は、春間近だ。産卵を終えたメバルたちの荒食いが始まっている。


サビキ仕掛けオンリーで、群れに当たるとサビキの数だけメバルが掛かる。アイナメも好釣果、こちらもトップ10本以上

えらいことになってます!

常連の大杉孝之さんは約2時間でこのとおり。

「大海丸」では、前半メバル釣り、後半アイナメ狙いのリレー形式をとっている。

メバルは大型ではないが、一番食べごろサイズがそろった。

生きエサに「銀兵(ぎんぺい)」を使用。ウグイだが、天然のものとは異なりよく泳ぐ。

関連する投稿


エビメバル、開幕から徐々に上昇中!【東京湾・本牧〜横浜沖】

エビメバル、開幕から徐々に上昇中!【東京湾・本牧〜横浜沖】

東京湾のエビメバルが2月に開幕した。メバルは冬場に産卵期を迎えるために資源保護の観点からこの時期を禁漁期とし、2月にスタートする。エビメバルというのはエビエサを使ったメバル釣りで、東京湾奥主体に楽しめる釣りだ。軟調ロッドをギューンと曲げる強い引きで人気の高い。アタリは明確で竿からも手からも派手なアタリがやってくる。


クロメバル乱舞! リレーでマガレイ&イシガレイ【宮城・仙台湾】

クロメバル乱舞! リレーでマガレイ&イシガレイ【宮城・仙台湾】

釣り主体に行われていて、亘理「大海丸」ではメロウド(イカナゴ)が確保できるようになると、メロウドの泳がせでのメバル釣りも楽しませてくれる。生きたメロウドでメバル釣りというのは、瀬戸内海と亘理だけである。現在はメバルとカレイのリレーを行っている。


東京湾猿島沖のサビキメバル開幕好調だっ!【東京湾・猿島沖】

東京湾猿島沖のサビキメバル開幕好調だっ!【東京湾・猿島沖】

3月1日に開幕した猿島沖のメバルが抜群の魚影の濃さをみせている。新安浦港の「義和丸」では、初日にトップ62匹、定休日を挟んで3日めはトップ66匹と、半日釣りでこの数はまさに絶好調の釣れっぷりだ。


イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

絶景スポットでもある内房・富浦沖で、一風変わったイワシの泳がせ釣りを行なってきた。


エビメバル&イシモチ、東京湾に春がきた!【東京湾・金沢八景】

エビメバル&イシモチ、東京湾に春がきた!【東京湾・金沢八景】

東京湾のエビメバル釣りが開幕した。モエビエサを使うこの釣りは、繊細な道具を使うとより一層スリリングに楽しむことができる。竿はやはりメバル専用竿が楽しい。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読