春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

宮城県仙台湾内は、春間近だ。産卵を終えたメバルたちの荒食いが始まっている。


サビキ仕掛けオンリーで、群れに当たるとサビキの数だけメバルが掛かる。アイナメも好釣果、こちらもトップ10本以上

えらいことになってます!

常連の大杉孝之さんは約2時間でこのとおり。

「大海丸」では、前半メバル釣り、後半アイナメ狙いのリレー形式をとっている。

メバルは大型ではないが、一番食べごろサイズがそろった。

生きエサに「銀兵(ぎんぺい)」を使用。ウグイだが、天然のものとは異なりよく泳ぐ。

当たりバケはさまざまだが、左の黒毛が入ったものが仙台湾では安定した釣果を出している。

付けエサの定番は、冷凍のコウナゴとシラウオ。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理「大海丸」。

「人工魚礁に群れるメバルを狙ってます。いつもみたいな真っ赤な反応ではないんですが、それでも入れ食いです。魚は浮く傾向なので高ダナを攻めてみてください」とは、亘理「大海丸」の山川大海船長。
亘理沖では、サビキ仕掛けオンリーで、群れに当たるとサビキの数だけメバルが掛かってくる、地元では「満貫」と呼ばれる状態がソレだ。
午前6時半に港を出て、釣り場まで約40分、実釣約1時間足らずでトップの釣り人は一束超え。しかも亘理沖はサイズがよいのが魅力。
十分すぎるお土産を得たところで、ポイントを変えて、小突き釣りでアイナメ狙い。連日、好釣果が上がっていて、こちらもトップ10本以上。
震災から1年が経過して、ようやくいつもの豊穣な海がもどってきた。港内に復興市場が設けられ、土日は大盛況という。この機会にぜひ、東北支援のためにも、お出かけいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。


NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

「最近は浅場だけでなく中深場を狙うことも多くなってきました。いままでのジギングでは攻略できなかったターゲットも狙って釣れるようになってきたので、ぜひ挑戦してもらいたいですね」言葉の主は新潟県柏崎港を拠点とする「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長。


入れ食いモード継続! ヒラメパラダイスへ行こう!(大海丸)

入れ食いモード継続! ヒラメパラダイスへ行こう!(大海丸)

仙台湾亘理沖のヒラメ釣りは、6月に開幕した。6〜7月は、一人数枚程度の釣果だったが、8月になって状況は一転。トップ20枚以上、30枚を超すベテランもいる。まるで、カレイ釣りのようにヒラメをあげ、船中100枚超えがザラになったのだ。


魚の宝庫、仙台湾で楽しむ根周り五目が今面白い!(拓洋丸)

魚の宝庫、仙台湾で楽しむ根周り五目が今面白い!(拓洋丸)

仙台湾は魚の宝庫だ。蔵王連峰からの清水が名取川から流れ込み、栄養豊富な漁場を形成している。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読