春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

宮城県仙台湾内は、春間近だ。産卵を終えたメバルたちの荒食いが始まっている。


サビキ仕掛けオンリーで、群れに当たるとサビキの数だけメバルが掛かる。アイナメも好釣果、こちらもトップ10本以上

えらいことになってます!

常連の大杉孝之さんは約2時間でこのとおり。

「大海丸」では、前半メバル釣り、後半アイナメ狙いのリレー形式をとっている。

メバルは大型ではないが、一番食べごろサイズがそろった。

生きエサに「銀兵(ぎんぺい)」を使用。ウグイだが、天然のものとは異なりよく泳ぐ。

当たりバケはさまざまだが、左の黒毛が入ったものが仙台湾では安定した釣果を出している。

付けエサの定番は、冷凍のコウナゴとシラウオ。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理「大海丸」。

「人工魚礁に群れるメバルを狙ってます。いつもみたいな真っ赤な反応ではないんですが、それでも入れ食いです。魚は浮く傾向なので高ダナを攻めてみてください」とは、亘理「大海丸」の山川大海船長。
亘理沖では、サビキ仕掛けオンリーで、群れに当たるとサビキの数だけメバルが掛かってくる、地元では「満貫」と呼ばれる状態がソレだ。
午前6時半に港を出て、釣り場まで約40分、実釣約1時間足らずでトップの釣り人は一束超え。しかも亘理沖はサイズがよいのが魅力。
十分すぎるお土産を得たところで、ポイントを変えて、小突き釣りでアイナメ狙い。連日、好釣果が上がっていて、こちらもトップ10本以上。
震災から1年が経過して、ようやくいつもの豊穣な海がもどってきた。港内に復興市場が設けられ、土日は大盛況という。この機会にぜひ、東北支援のためにも、お出かけいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


生きエサはアピール抜群、大型根魚が飛びつくぞ!【外房・勝浦沖】

生きエサはアピール抜群、大型根魚が飛びつくぞ!【外房・勝浦沖】

勝浦港「初栄丸」の浅場のカサゴ、メバル乗合は、サビキで釣ったカタクチイワシを泳がせて30㎝前後の大型カサゴ、メバルを狙い、それにマハタ、アカハタ、ソイ、ヒラメなどがまじる根魚五目釣りだ。


東京湾の根魚はいま! カサゴ・メバルの最盛期が来た!!【東京湾】

東京湾の根魚はいま! カサゴ・メバルの最盛期が来た!!【東京湾】

水温の上昇とともに活発化する浅場の根魚。元来泳ぎが得意でない(というよりも泳ぎ回ることが少ない)カサゴやメバルといった魚も、根や障害物の中から出て積極的にエサを追うようになるのだ。「いい感じで食ってますよ」と聞き及び、いざ釣行。


夕涼み釣りの決定版! 東京湾の夜メバル・カサゴスタート【東京湾】

夕涼み釣りの決定版! 東京湾の夜メバル・カサゴスタート【東京湾】

ようやく暖かくなってきたかと思ったら、いきなり夏のような暑さ。取材前日の沖釣りでは、船上でも半袖で過ごすほどの暑さだった。おかげで日焼けした腕が痛いのなんの。こんな気候になると、涼が取れる夜釣りがうれしい。


カサゴもメバル大型連発、引きは強烈!気持ちいい〜【外房・勝浦沖】

カサゴもメバル大型連発、引きは強烈!気持ちいい〜【外房・勝浦沖】

外房勝浦沖で、初夏になるとおもしろくなってくるのが、カサゴ、メバル中心の根魚五目釣りだ。勝浦港「初栄丸」は、この釣りを初夏から夏にかけての看板メニューにしている。


釣り方カンタン! 引き味快感! 東京湾のカサゴ・メバル【東京湾】

釣り方カンタン! 引き味快感! 東京湾のカサゴ・メバル【東京湾】

ガツガツガツ! と竿を叩く根魚特有の強く鋭い引き。釣り方はとってもカンタンで初心者や子供や女性も楽しめ、もちろん食べておいしい! そんな魅力たっぷりの東京湾の「カサゴ・メバル」がいよいよベストシーズンを迎える。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読