MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型根魚連発! 引き味抜群! 平潟沖のマゾイ五目【北茨城・平潟沖】

良型根魚連発! 引き味抜群! 平潟沖のマゾイ五目【北茨城・平潟沖】

平潟沖では、マゾイ、メバル、アイナメなどをメインに狙う「マゾイ五目」で年明けから本格的に出船している。

メバルの釣り方はいたって簡単。オモリが底に着いたら2〜3m巻き上げて待つだけ

丸々太ったマゾイが釣れた。当地ではキツネメバルとタヌキメバルをマゾイと呼ぶ。

良型のヒラメもヒット。当エリアでは2月下旬までイワシなどの生きエサが使用できる。これから生きエサは使用できないが、冷凍エサでもヒットする。

こちらは良型のクロソイ。

婚姻色の大型アイナメが上がった。

メバルは専門で狙えば数が期待できる。

平潟沖はマゾイの魚影が濃い。

良型根魚の引きは強いので、腰の強いヒラメ竿やマダイ竿などが使われる。

仕掛けはエビハナダイ用を使用。

取材当日配られた付けエサは、オキアミとサバの切り身。

ソイ、カサゴ、ヒラメ狙いで、下バリに冷凍イワシや冷凍キビナゴを使うのもいい。

2月中旬の取材当日はヒラメ、クロソイ、マゾイ、アイナメなどの釣果が目立った。とくにマゾイ、クロソイ、アイナメなどは良型主体に釣れ上がり、引きも強烈で盛り上がった。
そして平潟沖では、この時期、メバルが数、型ともに期待できる。取材当日はシケでポイントが限られ、メバルの影が薄くなってしまったが、専門に狙えば35㎝前後のウスメバルを中心に、トップで50匹前後と好調に釣れているのだ。
メバルの釣り方はいたって簡単。オモリが底に着いたら2〜3m巻き上げて待つだけ。アタリが来てもスグに上げないで待ち、追い食いさせるのが釣果を伸ばすコツだ。
ポイントの多くは魚礁周りなのでゲストも多彩。下バリに冷凍イワシやサバの切り身などを付ければヒラメ、マゾイ、クロソイ、アイナメなどが狙える。これらの魚は型が良いものが多いので、メバル仕掛けでのやり取りはスリル満点。さらに、これから水温上昇にともないハナダイ、アジもまじるようになって釣果がにぎわうだろう!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読