MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで攻略、東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

ジギング&キャスティングで攻略、東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

東京湾のシーバスが活況だ。「8割方は産卵を終えたんじゃないかな? 昨日はサワラの帰りにちょっとやって60㎝オーバーばかりが入れ食い。トリヤマがすごくて、ずっとトップで遊んでいましたよ」声の主は東京湾のルアーゲーム全般を得意とする「フレンドシップ」、田岡要司船長。景気のよい話に誘われて同船取材に出掛けてみた。

到着するやいなやトリヤマが立ち、イワシが突き上げられる光景が目に入った。期待大だ

会心のヒットに笑みがこぼれる。

ストラクチャー周辺でもルアーをキャストして広範囲に探ろう。

東京湾で最大クラスの大型魚のファイトはなかなかなもの。思う存分楽しむ。

ナイスヒット&グッドスマイル!

トリヤマの下のフィッシュイーターたちを狙え!!

女性アングラーもヒット!

メタルジグは60〜80gがメインウエイト。扁平タイプ、リアウエイトタイプをシーバスの反応をみて使い分けていく。

バイブレーションプラグやブレード系、鉄板系ルアーをそろえよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

取材日は2月中旬。お客さんの希望でのんびりと午後からの出船。カップル、若い夫婦の姿もあり華やかな乗合出船となった。
最初のポイントは海ほたる周辺。船長の言葉通り、到着するやいなやトリヤマが立ち、イワシが突き上げられる期待大の光景が目に入った。
「バイブレーションプラグがいいよ」
と船長。
キャスティングに不慣れな女性陣もすぐさまヒット! それだけ魚影が濃く活性も高かった。しかも、良型ぞろい。言うことなし、だ。
「管理釣り場より釣れますね!」
とは、この日シーバスゲームが初めてという女性の言葉。
入れ食いも一段落。その後はジギング中心の拾い釣りとなった。こちらは入れ食いとはいかなかったが、それでも飽きない程度の食いを見せてくれた。
「フレンドシップ」では、シーバスを6月中旬までのロングランで狙う。

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
荒川笹目橋「けやき丸」では“湾奥ルアー五目”が熱い!「シーバス中心にサワラやイナダも顔を出し、ビギナーさんでも十分楽しめます」とのこと。ぜひ仲間を誘って秋の楽釣プランを満喫してみよう!
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!
東京湾奥のサワラゲームがアツい!今年も来た!湾奥のサワラ祭り!レンジ・アクション・スピードを使い分け、激ウマのターゲットを捕獲しよう!!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル