MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】

春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】

数年ほど前から、ハナダイ、ヒラメなどと並び、飯岡の看板釣りものとなっているホウボウ。例年では節分の頃になると乗っ込みが始まる飯岡のホウボウは、数型そして食味も折り紙つきの釣りものだ。2月12日、飯岡港「龍鳳丸」を取材した。

perm_media 《画像ギャラリー》春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

海の色に映える赤い魚体、そして広げたヒレの緑と青のコントラストは、芸術品といってもいいほどの美しさ

まだ始まったばかりで大釣りとまではいかないが、良型主体に食ってきた。今後、乗っ込みに入れば浅場でウハウハだ。

ポイントは航程1時間ほどの飯岡沖。

想像以上の引きを見せて、楽しませてくれるぞ!

しっかりアワせたほうがバラシが少ないようだ。

イナダにショウイフグが一荷で。

胴付きサビキにサバエサを併用する。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「龍鳳丸」。

3年ほど前に新たに飯岡の看板釣りものとして加わったホウボウ。
ヒラメやハナダイ釣りなどでは定番ゲストだが、飯岡沖ではその魚影の濃さと型の良さから、ついに看板釣りものにまで昇格したのだ。いきなりエサに飛びついてくるそのアタリは突然明確に訪れて、実に楽しい。
そして巻き上げの最中の引きも強く、その充実感が満喫できる。あえてたとえるとしたら、タチウオの本アタリと引きをちょっとお上品にした感じといえばその楽しさが伝わるだろうか。飯岡のホウボウ釣りでは、これを存分に味わうことができるのだ。
また、海面下を泳ぐホウボウは、いきなり抜きあげないで、しばし鑑賞していただきたい。海の色に映える赤い魚体、そして広げたヒレの緑と青のコントラストは、芸術品といってもいいほどの美しさだ。
食味もよく、釣った感が満喫できる飯岡のホウボウ。例年通りなら、そのピークは3月だ。要注目!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル