MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】

春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】

数年ほど前から、ハナダイ、ヒラメなどと並び、飯岡の看板釣りものとなっているホウボウ。例年では節分の頃になると乗っ込みが始まる飯岡のホウボウは、数型そして食味も折り紙つきの釣りものだ。2月12日、飯岡港「龍鳳丸」を取材した。

海の色に映える赤い魚体、そして広げたヒレの緑と青のコントラストは、芸術品といってもいいほどの美しさ

まだ始まったばかりで大釣りとまではいかないが、良型主体に食ってきた。今後、乗っ込みに入れば浅場でウハウハだ。

ポイントは航程1時間ほどの飯岡沖。

想像以上の引きを見せて、楽しませてくれるぞ!

しっかりアワせたほうがバラシが少ないようだ。

イナダにショウイフグが一荷で。

胴付きサビキにサバエサを併用する。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「龍鳳丸」。

3年ほど前に新たに飯岡の看板釣りものとして加わったホウボウ。
ヒラメやハナダイ釣りなどでは定番ゲストだが、飯岡沖ではその魚影の濃さと型の良さから、ついに看板釣りものにまで昇格したのだ。いきなりエサに飛びついてくるそのアタリは突然明確に訪れて、実に楽しい。
そして巻き上げの最中の引きも強く、その充実感が満喫できる。あえてたとえるとしたら、タチウオの本アタリと引きをちょっとお上品にした感じといえばその楽しさが伝わるだろうか。飯岡のホウボウ釣りでは、これを存分に味わうことができるのだ。
また、海面下を泳ぐホウボウは、いきなり抜きあげないで、しばし鑑賞していただきたい。海の色に映える赤い魚体、そして広げたヒレの緑と青のコントラストは、芸術品といってもいいほどの美しさだ。
食味もよく、釣った感が満喫できる飯岡のホウボウ。例年通りなら、そのピークは3月だ。要注目!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読