MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】

春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】

数年ほど前から、ハナダイ、ヒラメなどと並び、飯岡の看板釣りものとなっているホウボウ。例年では節分の頃になると乗っ込みが始まる飯岡のホウボウは、数型そして食味も折り紙つきの釣りものだ。2月12日、飯岡港「龍鳳丸」を取材した。

perm_media 《画像ギャラリー》春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

海の色に映える赤い魚体、そして広げたヒレの緑と青のコントラストは、芸術品といってもいいほどの美しさ

まだ始まったばかりで大釣りとまではいかないが、良型主体に食ってきた。今後、乗っ込みに入れば浅場でウハウハだ。

ポイントは航程1時間ほどの飯岡沖。

想像以上の引きを見せて、楽しませてくれるぞ!

しっかりアワせたほうがバラシが少ないようだ。

イナダにショウイフグが一荷で。

胴付きサビキにサバエサを併用する。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「龍鳳丸」。

3年ほど前に新たに飯岡の看板釣りものとして加わったホウボウ。
ヒラメやハナダイ釣りなどでは定番ゲストだが、飯岡沖ではその魚影の濃さと型の良さから、ついに看板釣りものにまで昇格したのだ。いきなりエサに飛びついてくるそのアタリは突然明確に訪れて、実に楽しい。
そして巻き上げの最中の引きも強く、その充実感が満喫できる。あえてたとえるとしたら、タチウオの本アタリと引きをちょっとお上品にした感じといえばその楽しさが伝わるだろうか。飯岡のホウボウ釣りでは、これを存分に味わうことができるのだ。
また、海面下を泳ぐホウボウは、いきなり抜きあげないで、しばし鑑賞していただきたい。海の色に映える赤い魚体、そして広げたヒレの緑と青のコントラストは、芸術品といってもいいほどの美しさだ。
食味もよく、釣った感が満喫できる飯岡のホウボウ。例年通りなら、そのピークは3月だ。要注目!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
大原沖のテンヤマダイが好調!浅場で数釣りが楽しめる!中小型主体だけど大型も期待!アタリ多く釣りやすいのでビギナーにもオススメだ!!
波崎沖カンネコ根周辺のアカムツが乗っ込み最盛期!40㎝級のでっぷりボディーが爆釣中!激うま魚のベストシーズンを満喫しよう。
最新記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
1本ずつ手作りにこだわり強度に優れたコマセマダイ用仕掛け Amizesu「真鯛テーパー仕掛け(1本針・2本針)」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル