MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シルバーに光り輝くタチウオが真夏の獲物【東京湾・金谷~観音崎沖】

シルバーに光り輝くタチウオが真夏の獲物【東京湾・金谷~観音崎沖】

簡単なときにはあまりにも簡単で、難しいときはこれ以上ないほど難しい。そんな変幻自在ぶりでファンを魅了する。さあ、攻略しよう! 真夏のタチウオ!!

東京湾のタチウオは7月に入ると一気に開花!

誘ってアタり、翻弄されてカーっとなっても最後に釣れれば満足できるのだ。

今回取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「長谷川丸」。

東京湾のタチウオはここ数年のパターン通り、7月にはいると一気に開花。連日浅いタナで好成績を収めていた。
しかし、後半になると状況は変わり、いきなりタナが70mほどまで落ちた。こうなるとライトタックルで狙うのが難しくり、ノーマルメインなる。

東京湾のタチウオを攻略するための仕掛け・釣り方

仕掛け、タックルはノーマルを基準に考える。タックルは、ライトにして小型電動リールを使うのもアリだろう。オモリは60〜100号と使い分けるため、何種類か持参する。ポイントによっては潮が速く、それほど深場でなくても100号を使うこともある。

浅場のライトと深場の釣りは違う釣りと言ってもいいぐらいだ。アタリの出方からアワセまでまるで違う。深場ですごく釣る人がライトで全然ダメ、逆にライトが得意な人が深場になるとダメになることもある。
では、どちらが釣りやすいのか。
ズバリ言って、深場の方が釣りやすい。アタリは浅場の方が出るが、深場の方は掛かるアタリしか出ないゆえ、かえって釣りやすいのだ。

誘いとタナを見極めて、夏タチを釣り上げろ!

ポイントは金谷沖から観音崎沖にかけて。水深、タナなど状況判断が難しい時期でもある。

激がつくほどの食い渋りの中見事ゲット!

取材日は金谷沖へ。水深はときに100mを超えることも。タナも50〜70mとやや深いが、このぐらいのタナで釣れるようになるといいこともあるという。
「ライトだとアタリが出すぎて、手が合わない人は竿を動かし過ぎちゃいます。それで釣れないことも多いんです。そんな人は、少し深いぐらいの時にちょうどいいんです。ライトで釣果が出ない人が深くなって竿頭になることも多いですよ」と「長谷川丸」の岩瀬正紀船長は言う。
7月最終週から再び急上昇した東京湾。真夏のタチウオを存分に楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読