MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
スーパー激アツなキャスティング・キハダが今年も来たゼ!【相模湾】

スーパー激アツなキャスティング・キハダが今年も来たゼ!【相模湾】

今年も相模湾にキハダがやって来た! 昨年の印象が強いだけに今年はキハダの数が少ないように思う人もいるようだが、決してそんなことはない。相模湾内にはかなりの数のキハダが回遊しており、連日激アツバトルが繰り広げられている。

キハダ釣りは超エキサイティングだが、事故が起きれば台無しだ

キタキタキターーーーッ!

ひとつのナブラに数隻の船が集結することも。まさに激アツ!

相模湾のいたるところでこんな激アツシーンが繰り広げられている!

ヒットルアーは「オズマHW140」(CB-ONE)のシングルフック仕様。

見事キハダをキャッチした木幡義仁さん。20㎏の良型だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」。

7月下旬現在、アベレージは20~30㎏。タックルやラインシステムがしっかりしていて、大型魚とのファイトの基本的な技術が身についているアングラーであれば、比較的取りやすいサイズである。ただ、もちろんそれ以上の大型もいる。今期は最大70㎏がキャッチされているから油断はできないぞ!
さて、今回は横浜市青葉区あざみ野にある「プロショップMOGI」の釣行会の仕立船に乗船。ルアーキハダ船では事故やトラブルが時々起きていると聞くが、こういった釣行会やセミナーでは、豊富な知識と技術を持った店員やエキスパートアングラーが乗船し、釣り人たちをサポートしてくれる。初心者も安心して楽しめるので、ぜひ利用してみてはいかがだろう。
8月1日からはコマセ釣りも解禁となり、ますますヒートアップ! 釣りは本来楽しいもの。とくにこのキハダは最高にエキサイティング。事故などが起きれば、そんな釣りも台無しだ。ルールとマナーを守って、安全に楽しもう!

本当に事故が多いので、これだけはしっかり覚えておいて欲しい。ルアーキハダ船で絶対に守らなければならない3つのルール

バーブレスフック、キャストの際の後方確認など、ルールとマナーを守って安全に楽しもう。

ルアーキハダ船で絶対に守らなければならないルールは3つ。
帽子など頭を保護するためのものと、目を保護するためのメガネや偏光グラスを必ず身につけること。くどいようだがルアーキハダ船の船上は危険がいっぱいなので、自分自身を守るための対策は万全にしておきたい。
もうひとつはフックは必ず「バーブレス」。バーブレスとは、カエシのないハリ、もしくはカエシを潰したハリのことである。
絶対にやってはならないのは、せっかくヒットした魚をバラしたくないからと、少しカエシを残すこと。万が一自分を含め人間の体にそのようなハリが刺さってしまった場合、その小さく残ったカエシが引っ掛かってしまい、なかなか抜けないのだ。確実にカエシは潰すことが重要だ。バレるときはカエシがついていてもバレるもの。キハダアングラーなら、正々堂々と勝負しよう。
3つめは、キャストの際は必ず「後方確認」し、「投げます」と声を掛けること。さらに、アングラーの後ろを通る際にも「通ります」などとお互い声を掛け合うことも大切である。
こういったことは、ルアーキャスティング船では基本中の基本。キツイことを言うようだが、このようなルールが守れないのであれば、ルアーキハダ船には乗るべきではない。取り返しのつかない大事故が起きてからでは遅いのだ。
ルアーキハダ船はポイントが陸から遠いことが多いので、万が一事故が起きてしまってもすぐには港に戻れない。事故が起きてしまった場合、被害者は場合によっては1時間以上も苦痛に耐えなければならないのである。

ルアーキャスティングに関する基本的な知識や技術を、しっかりと身につけてからキハダ船に乗っていただきたい

GTなど経験豊富な木幡さんは、落ち着いたファイトでアッという間にランディングしてしまった。やはり、大事なのは経験である。

もうひとつ、あえて書かせていただきたいのが、ルアーキャスティングに関する基本的な知識や技術をしっかりと身につけてからキハダ船に乗っていただきたい、ということ。詳しくは機会があれば紹介したいが、ルアーキハダは「シューティングゲーム」である。ただ漠然とキャストしているだけではキハダは釣れないと言っても過言ではない(適当に投げてマグレでは釣れてしまうのもキハダではあるが…)。ベイトのサイズやボイルの出方、鳥の動きと魚の進行方向などを瞬時に見極め、そこへ適切なルアーを正確にキャストすることが大切である。
そんな基礎知識や技術を持ちあわせていないのに、いきなりルアーキハダ船に乗るのは、日頃何も運動をしていない人がプロの格闘家と闘うようなもの。ゴルフの知識や技術がないのに、いきなりコースに出る人がいるだろうか?
それはキハダ釣りでも同じこと。相手はマグロである。今年の相模湾でいえば、サイズはアベレージで20〜30㎏。大きいものは70㎏までキャッチされている。釣りのなかでも難易度は最高ランクだ。
そこでとくに初心者の方におすすめしたいのが、今回取材したようなショップの釣行会や、船宿、SFPC(スポーツ・フィッシング・プロモーション・コミッティー)といった釣り団体などが主催するスクールを利用すること。
初心者がいきなり一人でキハダ船に乗るのは不安がいっぱいだが、スクールや釣行会には豊富な知識を持つ店員やエキスパートが乗船し、タックルのアドバイスやキャスティングやファイトのテクニック、マナーやルールなどを親切に教えてくれるので安心だ。
もうひとつの方法としては、決してシイラをさげすむわけではないが、シイラ船から始め、ステップアップしていくこと。シイラゲームは、オフショアルアーキャスティングゲームの基礎といっていい。キャスティングテクニックはもちろん、魚や鳥の動きの読み方、ルアーの動かし方や食わせ方、やり取りなど、ある意味キハダよりもゲーム性が高い。キハダをコンスタントに釣り上げる人は、シイラ釣りのエキスパートと言っても過言ではない。
8月からはコマセ釣りも解禁し、ますます激アツ化する相模湾のキハダ。こんなにも素晴らしい魚をこんなにも身近に狙えるフィールドは、日本でもここだけである。ルールとマナーをしっかりと守り、みんなで安全に楽しみたい。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読