MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣り味、食味共に春仕様へと様変わりする走水沖のビシアジ【走水沖】

釣り味、食味共に春仕様へと様変わりする走水沖のビシアジ【走水沖】

春風を感じるようになると、マアジも寒アジから春アジに変わっていく。

perm_media 《画像ギャラリー》釣り味、食味共に春仕様へと様変わりする走水沖のビシアジ【走水沖】の画像をチェック! navigate_next

ベテランから初心者まで多くの釣り人が楽しめるビシアジ

思わずニンマリ。

ポイントは港からすぐ近くの走水沖。

ポイントは港からすぐ近くの走水沖。

正確なタナ取りとコマセワークが大事だ。

このところ25〜30㎝のサイズが多く、トップは30匹以上の日もある。

中小型でもとても美味しい。

仕掛けはハリス2号、ビシは潮の速さによって150〜180号を使用。

潮が速い時は激流のように流れる走水沖。そのようなときは、写真のように道糸が横になって海中に入る。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「広川丸」。

「春アジは甘みがあって香りがいいことです。つまりカツオと同じで、上りガツオの脂は下りに比べると少なめですが、旨味がありますよね。それと同じです」と話すのは、走水港「広川丸」スタッフで仲乗りを務める安田隆史さん。安田さんが言うように、これからの時期に釣れる春のアジは、味わい深いのが特徴なのだ。
だが、春は水温が不安定な時期。それだけに、昨日は大釣りだったが今日は渋いという日もある。つまり、その日によってアジの活性が急に変わり、釣りが難しくなることもしばしばある時期なのだ。
そんな春アジを楽しむために安田さんは次のようなアドバイスをしている。「この時期のアジ釣りを楽しむには潮時表を見て釣行するといいですね。手軽にアジを釣りたい人は、潮が緩く、それでいて釣っている時間帯に潮止まりが一回ある日がいいですね。逆にベテラン好みの釣りを楽しみたいなら、速潮の日がおもしろいですよ。底から10m上のタナで思わぬ大物が入れ食いになることもあります。かと思えば群れが1m幅と薄く底にへばりつき、シビアなタナを見つけた人が一人勝ちという日もあります」
ベテランから初心者まで多くの釣り人が楽しめるビシアジ。春の走水沖を楽しみに出かけてみよう!

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル