MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾・瀬ノ海のアジは沖釣り界の優等生!【瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のアジは沖釣り界の優等生!【瀬ノ海】

水温が低下し釣り物が少なくなるこの時期、貴重な存在なのがアジ。なかでも相模湾瀬ノ海は釣り場が深いせいか、水温等にあまり左右されず一年を通して安定した食いっぷりを見せる一級ポイントだ。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾・瀬ノ海のアジは沖釣り界の優等生!【瀬ノ海】の画像をチェック! navigate_next

厳寒期を迎えても元気いっぱいだぞ! 相模湾を代表する好ポイント瀬ノ海では、連日トップ30〜40匹と安定釣果が続く

一年のうちでも、もっとも水温が下がる時期を迎えるが、沖釣り界の優等生、アジは元気いっぱい。われわれ釣り人を楽しませてくれている。

相模湾のアジの好ポイント瀬ノ海。この船の数は好調の証し。

おいしいアジでお土産バッチリ。寒い時期にでも釣行する価値はある。

食いが立つと入れ食いもあるぞ。

トップ30〜40匹前後と数釣が続いている。子供たちやビギナーも楽しめるはずだ。

クロムツも。春先の濁り潮のときなどによく釣れるゲストだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯港「とうふや丸」。

釣り界の優等生アジが絶好調。厳寒期を迎えても元気いっぱいだ。相模湾を代表する好ポイント瀬ノ海では、連日トップ30〜40匹と安定釣果が続く。釣り場の水深は100〜170mと深いが、その分釣れ上がるアジは良型で40㎝オーバーもそう珍しくなく、根付きのアジだけに脂の乗りも抜群だ。
「瀬ノ海のアジは今年も順調ですよ。これから春先にかけてはクラド(濁りの強い汚れた潮)が入ると2、3日食い渋ることがありますが、しばらくすればアジも慣れてまた食い出します。今の潮が澄み過ぎくらいだから、かえってこれからの方が期待できるかも」とは、瀬ノ海に最も近い港、大磯港でほぼ周年アジ専門の乗合船を出している「とうふや丸」関野幸男船長だ。
また四隅のトモかミヨシ限定となるがハモノ釣りも楽しみ。暮れから1月にかけてはブリがアタリ、「とうふや丸」でも14㎏オーバーが取り込まれたと言う。これからの時期は大ビラメの期待もあるぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル