MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

春間近の南房。港近くでは名物の花があちこちで咲き、温暖な環境を楽しむことができる。季節の変わり目となる3月は、釣り物が少なく行き先に悩むことが多いが、南房に来れば大丈夫。ターゲットは多彩だ。

早春のよくばりメニュー、南房の魅力をめいっぱい満喫

朝いちに幸先よく良型ヒラメをキャッチしたダイワの松永直己さん。

身厚のヒラメがそろう布良沖。水深10m台で釣れる。

ヒラメ当たり年! 絶好調!!

ダイワ松永直己、好釣!

5点掛け達成!

ヤリイカは多点掛けを狙え! 

午後出船のオニカサゴ船もオススメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・南房布良港「仁平丸」。

本格シーズンを迎えるヤリイカは、いまだ小型が多いことから爆乗りシーズンはこれから。オニカサゴは潮さえ流れれば、水深90〜120mで数釣り可能。さらに今期、近場のヒラメは絶好釣!! 水深20m前後の根周りでコンスタントにあがっているのだ。
「一日2便、午前と午後で出船しているので、お客さんのリクエストにあわせて予約順に釣り物を決めています。凪ぎさえよければ、灘から沖までポイントはたくさんありますから、ぜひ遊びに来てください」とは、布良港「仁平丸」の満田義明船長。
都心から館山道路利用でずいぶんと近い南房。ひと足早く春を満喫するならココがオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2012年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読