MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

100m近い深場から始まった相模湾のマルイカだが、開幕から1カ月ほどで40〜50mで釣れるまでになった。こうなったらライトタックルの出番だ。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】の画像をチェック! navigate_next

かすかなアタリを捉えた者だけがマルイカと対面できる

今シーズンはこの時期にして小型が目立つ。アタリが小さく掛けるのは難易度が高くなるが、これがまたおもしろい!

10㎝ほどのマイクロマルイカ。下のイカなんて、風で横向いちゃってます!

もうすでにタックルはライトでOK。特に小型が多いいま、ノーマルタックルでは釣りにならないことも。

小型対策、水深を考えて、すべてウエイトの入ったスッテを使用。動きも良くなる。

さまざまな沖釣りの可能性を試すいぬいさん。「落ちが早いだろうとスピニングを使ってみたけど、サミングしちゃうから結局遅いね」

本誌イラストレーターのいぬいたかしさんは直結でゲット。

マルイカと異なるアタリを見せるムギイカ。こちらも食べるのがはばかられるほどかわいいサイズだ。もちろん食べちゃうけどね!

「今年は小型が多いので、アタリも小さいです。タックルを繊細にしないと釣るのが難しいですよ」とは常連の上級者。
近場のポイントを丹念に探る。スグに反応が見つかるが、かすかなアタリを捉えた者だけがマルイカと対面できる。最近、特に釣果の高低差が激しいが、これはこのアタリを捉えることができるかどうかの差でもあるのだ。
とにかくマルイカで重要なのは「アタリ」がわかるか否か。そう考えれば、小型の多いいまの状況で釣れるようになれば、サイズアップしたときはもうウハウハな状況になるはずだ。
今後、新群れが入ってきたとき、アナタはもう上級者の仲間入りをしているハズだ。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
小さなジグと軽いタックルで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!取材当日は、激闘の末に90cm・6kgのヒラマサが浮上!
夏の風物詩!鹿島沖の夜ムラサキイカ釣りが開幕!ムラサキイカ&スジイカが絶好調!ライトのイカメタル釣法が超オススメだ!
テンヤにジグを組み合わせて「もっと簡単にビギナーにも釣って欲しい」と「テン巻き」を提唱する鹿島港「植田丸」。手軽に楽しく多彩な魚種と遊ぶスタイルに挑戦してみよう。
南伊豆出船で狙う、キハダのジギング&キャスティングゲームが好調。パワフルファイトを満喫して、ぜひともビッグワンを仕留めていただきたい。
最新記事
良型&激ウマ!剣崎沖のワラサが好調!剣崎間口港「利一丸」では、ワラサ&マダイ!ワラサ&テンヤタチウオなど、仕立船ならではのリレー釣りもオススメ!
相模湾のキハダが激アツゾーン突入!連日デカヒット中だ!今年も狙うぜモンスター級!カツオも依然大型食い続く!当たり年の気配プンプンだ!
東京湾でも人気爆発のテンヤタチウオ!現在のヒットパターンはシェイクからのチョイ巻き!釣れるサイズは圧巻のドラゴン級主体だ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル