沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

100m近い深場から始まった相模湾のマルイカだが、開幕から1カ月ほどで40〜50mで釣れるまでになった。こうなったらライトタックルの出番だ。


かすかなアタリを捉えた者だけがマルイカと対面できる

今シーズンはこの時期にして小型が目立つ。アタリが小さく掛けるのは難易度が高くなるが、これがまたおもしろい!

10㎝ほどのマイクロマルイカ。下のイカなんて、風で横向いちゃってます!

もうすでにタックルはライトでOK。特に小型が多いいま、ノーマルタックルでは釣りにならないことも。

小型対策、水深を考えて、すべてウエイトの入ったスッテを使用。動きも良くなる。

さまざまな沖釣りの可能性を試すいぬいさん。「落ちが早いだろうとスピニングを使ってみたけど、サミングしちゃうから結局遅いね」

本誌イラストレーターのいぬいたかしさんは直結でゲット。

マルイカと異なるアタリを見せるムギイカ。こちらも食べるのがはばかられるほどかわいいサイズだ。もちろん食べちゃうけどね!

「今年は小型が多いので、アタリも小さいです。タックルを繊細にしないと釣るのが難しいですよ」とは常連の上級者。
近場のポイントを丹念に探る。スグに反応が見つかるが、かすかなアタリを捉えた者だけがマルイカと対面できる。最近、特に釣果の高低差が激しいが、これはこのアタリを捉えることができるかどうかの差でもあるのだ。
とにかくマルイカで重要なのは「アタリ」がわかるか否か。そう考えれば、小型の多いいまの状況で釣れるようになれば、サイズアップしたときはもうウハウハな状況になるはずだ。
今後、新群れが入ってきたとき、アナタはもう上級者の仲間入りをしているハズだ。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

LTで絶品アマダイをGET!平塚沖アマダイの仕掛け&釣り方(庄治郎丸)

冬の本格シーズンを迎え、相模湾エリアのアマダイが好調だ。アマダイ狙いで出船している平塚港「庄治郎丸」では、トップ2ケタ釣果も珍しくなく、40㎝オーバーの良型もコンスタントに釣れている。さらに50㎝オーバーの良型もけっこう上がっているのだ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


怒涛の連発も! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(沖右ヱ門丸)

怒涛の連発も! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(沖右ヱ門丸)

餌木シャクリのアオリイカ釣りでは、1.2〜1.5mのショートロッドと2.4〜3mぐらいのロングロッドが使われる。ショートでもロングでも、どちらでもOKだが、近年はロングロッドが主流だ。


カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオは慣れない人でも遅れずに投入さえすれば誰でも何本か釣ることができる。ただし、細かく考えると色々と差が付いてくる。今回はカツオ釣りの細かいポイントをまとめてみよう。


最新の投稿


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

9月9日(日)におこなわれた「第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫」の大会結果報告です。


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読