MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

100m近い深場から始まった相模湾のマルイカだが、開幕から1カ月ほどで40〜50mで釣れるまでになった。こうなったらライトタックルの出番だ。

かすかなアタリを捉えた者だけがマルイカと対面できる

今シーズンはこの時期にして小型が目立つ。アタリが小さく掛けるのは難易度が高くなるが、これがまたおもしろい!

10㎝ほどのマイクロマルイカ。下のイカなんて、風で横向いちゃってます!

もうすでにタックルはライトでOK。特に小型が多いいま、ノーマルタックルでは釣りにならないことも。

小型対策、水深を考えて、すべてウエイトの入ったスッテを使用。動きも良くなる。

さまざまな沖釣りの可能性を試すいぬいさん。「落ちが早いだろうとスピニングを使ってみたけど、サミングしちゃうから結局遅いね」

本誌イラストレーターのいぬいたかしさんは直結でゲット。

マルイカと異なるアタリを見せるムギイカ。こちらも食べるのがはばかられるほどかわいいサイズだ。もちろん食べちゃうけどね!

「今年は小型が多いので、アタリも小さいです。タックルを繊細にしないと釣るのが難しいですよ」とは常連の上級者。
近場のポイントを丹念に探る。スグに反応が見つかるが、かすかなアタリを捉えた者だけがマルイカと対面できる。最近、特に釣果の高低差が激しいが、これはこのアタリを捉えることができるかどうかの差でもあるのだ。
とにかくマルイカで重要なのは「アタリ」がわかるか否か。そう考えれば、小型の多いいまの状況で釣れるようになれば、サイズアップしたときはもうウハウハな状況になるはずだ。
今後、新群れが入ってきたとき、アナタはもう上級者の仲間入りをしているハズだ。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
荒川笹目橋「けやき丸」では“湾奥ルアー五目”が熱い!「シーバス中心にサワラやイナダも顔を出し、ビギナーさんでも十分楽しめます」とのこと。ぜひ仲間を誘って秋の楽釣プランを満喫してみよう!
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!
東京湾奥のサワラゲームがアツい!今年も来た!湾奥のサワラ祭り!レンジ・アクション・スピードを使い分け、激ウマのターゲットを捕獲しよう!!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル