相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

100m近い深場から始まった相模湾のマルイカだが、開幕から1カ月ほどで40〜50mで釣れるまでになった。こうなったらライトタックルの出番だ。


かすかなアタリを捉えた者だけがマルイカと対面できる

今シーズンはこの時期にして小型が目立つ。アタリが小さく掛けるのは難易度が高くなるが、これがまたおもしろい!

10㎝ほどのマイクロマルイカ。下のイカなんて、風で横向いちゃってます!

もうすでにタックルはライトでOK。特に小型が多いいま、ノーマルタックルでは釣りにならないことも。

小型対策、水深を考えて、すべてウエイトの入ったスッテを使用。動きも良くなる。

さまざまな沖釣りの可能性を試すいぬいさん。「落ちが早いだろうとスピニングを使ってみたけど、サミングしちゃうから結局遅いね」

本誌イラストレーターのいぬいたかしさんは直結でゲット。

マルイカと異なるアタリを見せるムギイカ。こちらも食べるのがはばかられるほどかわいいサイズだ。もちろん食べちゃうけどね!

「今年は小型が多いので、アタリも小さいです。タックルを繊細にしないと釣るのが難しいですよ」とは常連の上級者。
近場のポイントを丹念に探る。スグに反応が見つかるが、かすかなアタリを捉えた者だけがマルイカと対面できる。最近、特に釣果の高低差が激しいが、これはこのアタリを捉えることができるかどうかの差でもあるのだ。
とにかくマルイカで重要なのは「アタリ」がわかるか否か。そう考えれば、小型の多いいまの状況で釣れるようになれば、サイズアップしたときはもうウハウハな状況になるはずだ。
今後、新群れが入ってきたとき、アナタはもう上級者の仲間入りをしているハズだ。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


マルイカ&ムギイカ沸騰! 激アツテクニカルに釣ろう(たいぞう丸)

マルイカ&ムギイカ沸騰! 激アツテクニカルに釣ろう(たいぞう丸)

ついに来ましたよ、こ・の・と・き・が!! 相模湾東部、三浦半島三戸輪沖から城ヶ島沖にかけてのエリアにおいて、マルイカ&ムギイカの模様がようやく上向いて来た! 葉山あぶずり港「たいぞう丸」では、6月上旬にムギイカ主体でなんと束釣り2名! シーズン本番を思わせる釣果に沸いたのだ。


「マルイカ」の寿司…甘みが強く、ねっとりと舌にからみつき官能的だ

「マルイカ」の寿司…甘みが強く、ねっとりと舌にからみつき官能的だ

たかさんが赤貝をつけて、そろそろ終わりのヤリイカをつけ、次ぎにマルイカの印籠詰め。「軟体類のネタも夏物に交代だねー」に、「なんたい、それは?」。「店が少し左前になるとダジャレが飛び出してくる。あんた昭和の男だねー」と戦前生まれのオカアサンに突っ込まれている。印籠を分けてもらって肴に、徳島の酒をぬる燗でやる。


キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

「今年もよさそうですよ。魚は西から東まで、相模湾の広範囲にいます。数もかなり入って来ているようですよ」と話すのは、今期いち早くシイラ乗合船を開始した平塚港「庄三郎丸」の後藤久船長。いよいよ相模湾にエキサイティングなシーズンがやって来た。


初夏のマダコ開幕! 仕掛けから取り込みまで(葉山沖・正一丸)

初夏のマダコ開幕! 仕掛けから取り込みまで(葉山沖・正一丸)

早くも葉山沖のマダコが開幕した! 葉山芝崎「正一丸」では、5月5日からマダコ乗合をスタート。4月後半の試釣ではなんとか数杯釣れるような状況であった。しかし、それから開幕までの間に上向き、開幕初日は1人3〜6杯で最大1.8㎏。二日目は1人2〜9杯で最大1.4㎏まじりの好釣果を記録している。


ダブルトリプルは当たり前! 近場で楽しめるムギイカ(坂口丸)

ダブルトリプルは当たり前! 近場で楽しめるムギイカ(坂口丸)

スルメイカは一年で生命を終える年魚で、ムギイカサイズが釣れる時期は短く、気がつけば成長して深場に落ちていく。そんな期間限定のムギイカが相模湾で好調だ。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読