重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

待望の上越・直江津沖のプレ乗っ込みマダイシーズンが到来した。魅力は、なんといってもマダイのサイズがよいことと味のよさ。


3月後半がピークと予想される。近年では乗っ込み以上ともうわさされる3月4月の上越沖のプレ乗っ込み

ショートロッドで沖揚がり間際にキャッチした3kgオーバーのマダイ。最後まであきらめないことが大事。

体高がある美形マダイがそろう。「吹雪のなかあきらめず釣り続けた甲斐がありましたよ」。前半雪模様、後半晴れのこの時期特有の日に乗船した常連さんの弁。

7.7kgの大ダイ。青物の引きと間違えてしまうほど一気に横走りした。

船下のマダイを落とし込みの誘いで掛けろ!!

「置き竿に徹していたら、ヒットしはじめました!」と、このサイズをたてつづけに3枚キャッチした常連さん。

数釣りができてしまうところがスゴイ!

ドラグ設定は緩めでオッケー。魚を走らせても起伏の激しい根はない。ただし、周りの人に迷惑にならない程度に……。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第二八坂丸」。

冬のシケの合間、2月半ばからボチボチと釣れ始め、3月の声を聞いたころから活発化。連日、3㎏、4㎏は当たり前。7〜10㎏の大ダイが各船でキャッチされているのだ。
「コレって乗っ込みでは??」と思う人もいるだろう。しかし、産卵のために集結する乗っ込みの魚ではない。
直江津沖水深40〜70mの人工魚礁に冬の荒波で消費した体力回復と産卵準備のために、豊富なプランクトンを求めて群れて集結した魚たちだという。
上越エリアの乗っ込みは5月半ばから6月にかけてである。
「直江津沖のマダイは今年はデカイやつばかりですよ。7㎏オーバーを2枚釣り上げた人がいたり、2㎏以上ばかり8枚も上げた人もいます」とは、ここをホームグラウンドにしている直江津港「第二八坂丸」の竹内敏幸船長。
「水深40〜50mに群れるマダイを高ダナ設定にして、浮かせて釣っています。浮いてくるマダイが大きすぎるためか、小型のマダイが一緒にあまり浮かないんですよ。いつもなら、1枚ヒットするとまわりの人たちにも次々にアタるんですが。それだけ、今期のマダイは大型が多いんですよ」。マダイ釣り師にとってはいてもたってもいられない好状況であることがお分かりだろうか。
釣り方のコツは、「静かに釣る」こと。 そして、最も有効な誘いは、落とし込みだ。指示ダナから1、2m。もしくは指示ダナ上3mくらいから、ゆっくりゆっくりとエサを落とし込もう。
誘いのタイミングは、魚が浮いたとき。たいていの場合、船長から「魚が浮いたよ」とのアナウンスのときか、「探見丸」があるならその動きが確認できたときがそれ。
仕掛けの長さは、12mを基本として、15mぐらいまでがよい。食いが渋くなるとハリスを長くしたくなるが、直江津沖ではあまり有効でない。
3月後半がピークと予想される。近年では乗っ込み以上ともうわさされる3月4月の上越沖のプレ乗っ込み。この機会にぜひ体感してみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マダイ 上越沖 第二八坂丸

関連する投稿


外房・飯岡沖のマダイゲーム開始! ゲームロッドで勝負!(梅花丸)

外房・飯岡沖のマダイゲーム開始! ゲームロッドで勝負!(梅花丸)

この時期、頭によぎる言葉といえば「乗っ込み」。そんな言葉をつねに意識するシーズンだ。その乗っ込みだが、今年は全体的に少々遅れ気味な気配。しかし、である。いつスイッチが入るか分からない期待感を持てるのもこの時期。今回は、電動タイラバをメインにキャスラバ、テンヤと使い分けて、そろそろ爆発してもおかしくない飯岡沖へ向かった。


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

今年の南伊豆海域におけるマダイの乗っ込みは、例年になく遅れて本格化。そのぶん長引いており、6月に入っても乗っ込みの個体が釣れている。そしてイサキもおもしろい時期。本格シーズンに突入しており、専門に狙う船は連日好釣果を記録している。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読