MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

待望の上越・直江津沖のプレ乗っ込みマダイシーズンが到来した。魅力は、なんといってもマダイのサイズがよいことと味のよさ。

3月後半がピークと予想される。近年では乗っ込み以上ともうわさされる3月4月の上越沖のプレ乗っ込み

ショートロッドで沖揚がり間際にキャッチした3kgオーバーのマダイ。最後まであきらめないことが大事。

体高がある美形マダイがそろう。「吹雪のなかあきらめず釣り続けた甲斐がありましたよ」。前半雪模様、後半晴れのこの時期特有の日に乗船した常連さんの弁。

7.7kgの大ダイ。青物の引きと間違えてしまうほど一気に横走りした。

船下のマダイを落とし込みの誘いで掛けろ!!

「置き竿に徹していたら、ヒットしはじめました!」と、このサイズをたてつづけに3枚キャッチした常連さん。

数釣りができてしまうところがスゴイ!

ドラグ設定は緩めでオッケー。魚を走らせても起伏の激しい根はない。ただし、周りの人に迷惑にならない程度に……。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第二八坂丸」。

冬のシケの合間、2月半ばからボチボチと釣れ始め、3月の声を聞いたころから活発化。連日、3㎏、4㎏は当たり前。7〜10㎏の大ダイが各船でキャッチされているのだ。
「コレって乗っ込みでは??」と思う人もいるだろう。しかし、産卵のために集結する乗っ込みの魚ではない。
直江津沖水深40〜70mの人工魚礁に冬の荒波で消費した体力回復と産卵準備のために、豊富なプランクトンを求めて群れて集結した魚たちだという。
上越エリアの乗っ込みは5月半ばから6月にかけてである。
「直江津沖のマダイは今年はデカイやつばかりですよ。7㎏オーバーを2枚釣り上げた人がいたり、2㎏以上ばかり8枚も上げた人もいます」とは、ここをホームグラウンドにしている直江津港「第二八坂丸」の竹内敏幸船長。
「水深40〜50mに群れるマダイを高ダナ設定にして、浮かせて釣っています。浮いてくるマダイが大きすぎるためか、小型のマダイが一緒にあまり浮かないんですよ。いつもなら、1枚ヒットするとまわりの人たちにも次々にアタるんですが。それだけ、今期のマダイは大型が多いんですよ」。マダイ釣り師にとってはいてもたってもいられない好状況であることがお分かりだろうか。
釣り方のコツは、「静かに釣る」こと。 そして、最も有効な誘いは、落とし込みだ。指示ダナから1、2m。もしくは指示ダナ上3mくらいから、ゆっくりゆっくりとエサを落とし込もう。
誘いのタイミングは、魚が浮いたとき。たいていの場合、船長から「魚が浮いたよ」とのアナウンスのときか、「探見丸」があるならその動きが確認できたときがそれ。
仕掛けの長さは、12mを基本として、15mぐらいまでがよい。食いが渋くなるとハリスを長くしたくなるが、直江津沖ではあまり有効でない。
3月後半がピークと予想される。近年では乗っ込み以上ともうわさされる3月4月の上越沖のプレ乗っ込み。この機会にぜひ体感してみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読