重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

待望の上越・直江津沖のプレ乗っ込みマダイシーズンが到来した。魅力は、なんといってもマダイのサイズがよいことと味のよさ。


3月後半がピークと予想される。近年では乗っ込み以上ともうわさされる3月4月の上越沖のプレ乗っ込み

ショートロッドで沖揚がり間際にキャッチした3kgオーバーのマダイ。最後まであきらめないことが大事。

体高がある美形マダイがそろう。「吹雪のなかあきらめず釣り続けた甲斐がありましたよ」。前半雪模様、後半晴れのこの時期特有の日に乗船した常連さんの弁。

7.7kgの大ダイ。青物の引きと間違えてしまうほど一気に横走りした。

船下のマダイを落とし込みの誘いで掛けろ!!

「置き竿に徹していたら、ヒットしはじめました!」と、このサイズをたてつづけに3枚キャッチした常連さん。

数釣りができてしまうところがスゴイ!

ドラグ設定は緩めでオッケー。魚を走らせても起伏の激しい根はない。ただし、周りの人に迷惑にならない程度に……。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第二八坂丸」。

冬のシケの合間、2月半ばからボチボチと釣れ始め、3月の声を聞いたころから活発化。連日、3㎏、4㎏は当たり前。7〜10㎏の大ダイが各船でキャッチされているのだ。
「コレって乗っ込みでは??」と思う人もいるだろう。しかし、産卵のために集結する乗っ込みの魚ではない。
直江津沖水深40〜70mの人工魚礁に冬の荒波で消費した体力回復と産卵準備のために、豊富なプランクトンを求めて群れて集結した魚たちだという。
上越エリアの乗っ込みは5月半ばから6月にかけてである。
「直江津沖のマダイは今年はデカイやつばかりですよ。7㎏オーバーを2枚釣り上げた人がいたり、2㎏以上ばかり8枚も上げた人もいます」とは、ここをホームグラウンドにしている直江津港「第二八坂丸」の竹内敏幸船長。
「水深40〜50mに群れるマダイを高ダナ設定にして、浮かせて釣っています。浮いてくるマダイが大きすぎるためか、小型のマダイが一緒にあまり浮かないんですよ。いつもなら、1枚ヒットするとまわりの人たちにも次々にアタるんですが。それだけ、今期のマダイは大型が多いんですよ」。マダイ釣り師にとってはいてもたってもいられない好状況であることがお分かりだろうか。
釣り方のコツは、「静かに釣る」こと。 そして、最も有効な誘いは、落とし込みだ。指示ダナから1、2m。もしくは指示ダナ上3mくらいから、ゆっくりゆっくりとエサを落とし込もう。
誘いのタイミングは、魚が浮いたとき。たいていの場合、船長から「魚が浮いたよ」とのアナウンスのときか、「探見丸」があるならその動きが確認できたときがそれ。
仕掛けの長さは、12mを基本として、15mぐらいまでがよい。食いが渋くなるとハリスを長くしたくなるが、直江津沖ではあまり有効でない。
3月後半がピークと予想される。近年では乗っ込み以上ともうわさされる3月4月の上越沖のプレ乗っ込み。この機会にぜひ体感してみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マダイ 上越沖 第二八坂丸

関連する投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

ほぼ周年ひとつテンヤマダイ釣りが楽しめる鹿島沖。夏真っ盛りの今もコンスタントにマダイが釣れている。その鹿島沖に出船し続けているのが鹿島港「植田丸」。「例年、真夏の暑い時期はいっときマダイの食いがやや落ちて渋くなるんですが、今年はまずまず。日ムラはありますが、食う日はトップ10枚以上ということもありますよ」とのこと。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


特徴的な速潮攻略がカギ! 久里浜沖のコマセマダイの釣り方(平作丸)

特徴的な速潮攻略がカギ! 久里浜沖のコマセマダイの釣り方(平作丸)

東京湾口・久里浜沖のマダイが秋の好シーズンに入っている。「マダイはちょっとムラがありますが、釣れる日は数が出ていますね。それに大型もまじっています」と話すのは今回取材した久里浜港「平作丸」の北島秀司船長。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読