MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

待望の上越・直江津沖のプレ乗っ込みマダイシーズンが到来した。魅力は、なんといってもマダイのサイズがよいことと味のよさ。

perm_media 《画像ギャラリー》重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】の画像をチェック! navigate_next

3月後半がピークと予想される。近年では乗っ込み以上ともうわさされる3月4月の上越沖のプレ乗っ込み

ショートロッドで沖揚がり間際にキャッチした3kgオーバーのマダイ。最後まであきらめないことが大事。

体高がある美形マダイがそろう。「吹雪のなかあきらめず釣り続けた甲斐がありましたよ」。前半雪模様、後半晴れのこの時期特有の日に乗船した常連さんの弁。

7.7kgの大ダイ。青物の引きと間違えてしまうほど一気に横走りした。

船下のマダイを落とし込みの誘いで掛けろ!!

「置き竿に徹していたら、ヒットしはじめました!」と、このサイズをたてつづけに3枚キャッチした常連さん。

数釣りができてしまうところがスゴイ!

ドラグ設定は緩めでオッケー。魚を走らせても起伏の激しい根はない。ただし、周りの人に迷惑にならない程度に……。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第二八坂丸」。

冬のシケの合間、2月半ばからボチボチと釣れ始め、3月の声を聞いたころから活発化。連日、3㎏、4㎏は当たり前。7〜10㎏の大ダイが各船でキャッチされているのだ。
「コレって乗っ込みでは??」と思う人もいるだろう。しかし、産卵のために集結する乗っ込みの魚ではない。
直江津沖水深40〜70mの人工魚礁に冬の荒波で消費した体力回復と産卵準備のために、豊富なプランクトンを求めて群れて集結した魚たちだという。
上越エリアの乗っ込みは5月半ばから6月にかけてである。
「直江津沖のマダイは今年はデカイやつばかりですよ。7㎏オーバーを2枚釣り上げた人がいたり、2㎏以上ばかり8枚も上げた人もいます」とは、ここをホームグラウンドにしている直江津港「第二八坂丸」の竹内敏幸船長。
「水深40〜50mに群れるマダイを高ダナ設定にして、浮かせて釣っています。浮いてくるマダイが大きすぎるためか、小型のマダイが一緒にあまり浮かないんですよ。いつもなら、1枚ヒットするとまわりの人たちにも次々にアタるんですが。それだけ、今期のマダイは大型が多いんですよ」。マダイ釣り師にとってはいてもたってもいられない好状況であることがお分かりだろうか。
釣り方のコツは、「静かに釣る」こと。 そして、最も有効な誘いは、落とし込みだ。指示ダナから1、2m。もしくは指示ダナ上3mくらいから、ゆっくりゆっくりとエサを落とし込もう。
誘いのタイミングは、魚が浮いたとき。たいていの場合、船長から「魚が浮いたよ」とのアナウンスのときか、「探見丸」があるならその動きが確認できたときがそれ。
仕掛けの長さは、12mを基本として、15mぐらいまでがよい。食いが渋くなるとハリスを長くしたくなるが、直江津沖ではあまり有効でない。
3月後半がピークと予想される。近年では乗っ込み以上ともうわさされる3月4月の上越沖のプレ乗っ込み。この機会にぜひ体感してみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル