沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

年々ヤリイカは釣れ出しが遅くなり、シーズンも長くなっている傾向がある。通常、ゴールデンウイークごろまでが釣期だったのが、6月いっぱいまで釣れたりと、かなりのロングランで釣れるイカになってきている。ここ、勝浦沖はほぼ例年通りのスタートだが、今後、たっぷりとヤリイカ釣りを楽しませてくれるポイントだ。


乗りのほとんどは、着底後の1シャクリするかしないかでやってくる。ここからさらに誘えば、4杯、5杯とズッシリとした重量感

〝勝浦サイズ〟といえばこんな良型を言う。

広範囲に広がるイカ釣り船団。最盛期になれば、漁船、遊漁船問わずそれこそ無数の船が集まる。

4杯、5杯掛けは当たり前。この時期に入門するのもいい。

乗り出したら手返しよくやろう。勝浦沖は流しっぱなしなので、焦らずできる。

この日は、前半は小型が多かったが、後半から大型が乗りっぱなしになった。

水深は240mほどの深場でスタート。最浅で80mほどまでに。

赤白の布巻ウキスッテはこのエリアで 〝効く〟。

プラヅノは11cm5〜7本を基本に、14cmの用意も。

春の声を聞くとイカファンがやきもきし出す。
「勝浦はそろそろか?」
ヤリイカが釣れるポイントは数あれど、勝浦沖の開幕を待ちわびるファンの声は、他エリア以上にたくさん聞こえてくる。それもそのはず、とにかくここ勝浦沖のヤリイカはハンパないスケールなのだ。
サイズ、数ともに申し分なし。50㎝といった大型の束釣りも珍しくない。見渡す限りのイカ釣り船の大船団。初めてやって50杯以上の大釣りだって不可能じゃない。大きな注目を浴びるのにはそれなりのワケがあるのだ。
この日は、早朝フラッシャーサビキで1時間余りサバ釣りをしたあとに、ヤリイカのポイントへ。水深160〜170mほどでスタートするが、釣れてくるのが20㎝ほどの小型ばかり。それでも5杯掛けなどもあってそれなりに釣れるのだが…。
イカ釣り場としてはもっとも深い240mダチへ。このポイントが大正解で、いきなり大型のラッシュ。少しずつ浅みに船が流れていくが、落とせば乗る、の入れ乗り状態。
乗りのほとんどは、着底後の1シャクリするかしないかでやってくる。ここからさらに誘えば、4杯、5杯とズッシリとした重量感がやってくる。
今年も大いに期待できそうだ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


ヤリイカ 外房 勝浦沖

関連する投稿


ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

例年ならすでに秋のベストシーズンに突入している外房のヒラマサ。しかし今年は高水温の影響なのか、本格化が少し遅れていた。


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。


最新の投稿


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

9月9日(日)におこなわれた「第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫」の大会結果報告です。


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読