MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

年々ヤリイカは釣れ出しが遅くなり、シーズンも長くなっている傾向がある。通常、ゴールデンウイークごろまでが釣期だったのが、6月いっぱいまで釣れたりと、かなりのロングランで釣れるイカになってきている。ここ、勝浦沖はほぼ例年通りのスタートだが、今後、たっぷりとヤリイカ釣りを楽しませてくれるポイントだ。

乗りのほとんどは、着底後の1シャクリするかしないかでやってくる。ここからさらに誘えば、4杯、5杯とズッシリとした重量感

〝勝浦サイズ〟といえばこんな良型を言う。

広範囲に広がるイカ釣り船団。最盛期になれば、漁船、遊漁船問わずそれこそ無数の船が集まる。

4杯、5杯掛けは当たり前。この時期に入門するのもいい。

乗り出したら手返しよくやろう。勝浦沖は流しっぱなしなので、焦らずできる。

この日は、前半は小型が多かったが、後半から大型が乗りっぱなしになった。

水深は240mほどの深場でスタート。最浅で80mほどまでに。

赤白の布巻ウキスッテはこのエリアで 〝効く〟。

プラヅノは11cm5〜7本を基本に、14cmの用意も。

春の声を聞くとイカファンがやきもきし出す。
「勝浦はそろそろか?」
ヤリイカが釣れるポイントは数あれど、勝浦沖の開幕を待ちわびるファンの声は、他エリア以上にたくさん聞こえてくる。それもそのはず、とにかくここ勝浦沖のヤリイカはハンパないスケールなのだ。
サイズ、数ともに申し分なし。50㎝といった大型の束釣りも珍しくない。見渡す限りのイカ釣り船の大船団。初めてやって50杯以上の大釣りだって不可能じゃない。大きな注目を浴びるのにはそれなりのワケがあるのだ。
この日は、早朝フラッシャーサビキで1時間余りサバ釣りをしたあとに、ヤリイカのポイントへ。水深160〜170mほどでスタートするが、釣れてくるのが20㎝ほどの小型ばかり。それでも5杯掛けなどもあってそれなりに釣れるのだが…。
イカ釣り場としてはもっとも深い240mダチへ。このポイントが大正解で、いきなり大型のラッシュ。少しずつ浅みに船が流れていくが、落とせば乗る、の入れ乗り状態。
乗りのほとんどは、着底後の1シャクリするかしないかでやってくる。ここからさらに誘えば、4杯、5杯とズッシリとした重量感がやってくる。
今年も大いに期待できそうだ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読