勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

年々ヤリイカは釣れ出しが遅くなり、シーズンも長くなっている傾向がある。通常、ゴールデンウイークごろまでが釣期だったのが、6月いっぱいまで釣れたりと、かなりのロングランで釣れるイカになってきている。ここ、勝浦沖はほぼ例年通りのスタートだが、今後、たっぷりとヤリイカ釣りを楽しませてくれるポイントだ。


乗りのほとんどは、着底後の1シャクリするかしないかでやってくる。ここからさらに誘えば、4杯、5杯とズッシリとした重量感

〝勝浦サイズ〟といえばこんな良型を言う。

広範囲に広がるイカ釣り船団。最盛期になれば、漁船、遊漁船問わずそれこそ無数の船が集まる。

4杯、5杯掛けは当たり前。この時期に入門するのもいい。

乗り出したら手返しよくやろう。勝浦沖は流しっぱなしなので、焦らずできる。

この日は、前半は小型が多かったが、後半から大型が乗りっぱなしになった。

水深は240mほどの深場でスタート。最浅で80mほどまでに。

赤白の布巻ウキスッテはこのエリアで 〝効く〟。

プラヅノは11cm5〜7本を基本に、14cmの用意も。

春の声を聞くとイカファンがやきもきし出す。
「勝浦はそろそろか?」
ヤリイカが釣れるポイントは数あれど、勝浦沖の開幕を待ちわびるファンの声は、他エリア以上にたくさん聞こえてくる。それもそのはず、とにかくここ勝浦沖のヤリイカはハンパないスケールなのだ。
サイズ、数ともに申し分なし。50㎝といった大型の束釣りも珍しくない。見渡す限りのイカ釣り船の大船団。初めてやって50杯以上の大釣りだって不可能じゃない。大きな注目を浴びるのにはそれなりのワケがあるのだ。
この日は、早朝フラッシャーサビキで1時間余りサバ釣りをしたあとに、ヤリイカのポイントへ。水深160〜170mほどでスタートするが、釣れてくるのが20㎝ほどの小型ばかり。それでも5杯掛けなどもあってそれなりに釣れるのだが…。
イカ釣り場としてはもっとも深い240mダチへ。このポイントが大正解で、いきなり大型のラッシュ。少しずつ浅みに船が流れていくが、落とせば乗る、の入れ乗り状態。
乗りのほとんどは、着底後の1シャクリするかしないかでやってくる。ここからさらに誘えば、4杯、5杯とズッシリとした重量感がやってくる。
今年も大いに期待できそうだ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


ヤリイカ 外房 勝浦沖

関連する投稿


今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

9月に開幕した駿河湾・石花海のヤリイカ。連日絶好調で、しかも非常においしいのが特徴だ。そんな石花海のヤリイカ釣りで使用する仕掛けは、プラヅノ11㎝のダブルカンナ仕様が定番。他のエリアと異なり、石花海でダブルカンナのツノを使うのは、イカのサイズが大きいことが最大の理由だ。


浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

「ここ数年は秋から冬は水温が高すぎるのか、ヤリイカが釣れるような潮じゃないことが多かったですね。今年は潮の流れもいいのか、久しぶりに当たり年と言ってもいい釣れ方をしていますね」とは、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。


カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

一度の釣行で、いろいろな釣りを楽しみつつ、狙った獲物も高確率で仕留めたい…。そんな、欲張り派の釣り人にもってこいで、さらに、さまざまな魚が顔を出す五目釣りが外房・小湊沖で展開されている!


水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

6月から開幕している外房・飯岡沖のヒラメ。今年は開幕から良型、大型が取り込まれるのが目立っている。今回取材した飯岡港「梅花丸」も開幕から大型をコンスタントに取り込んでいる。開幕初日、二日目と5kgオーバーを取り込み、その後も4kg台の大型を何枚も取り込んでいるのだ。


水深も浅く釣りやすい! 外房・大原沖ひとつテンヤマダイ(LT広布号)

水深も浅く釣りやすい! 外房・大原沖ひとつテンヤマダイ(LT広布号)

秋の大原沖は例に漏れず、浅場で中小型の数釣りが期待できる時期。水深20m前後のポイントで、条件がそろえばキロ前後ぐらいまでのサイズをトップ2桁釣果も珍しくない。中小型がメインになるが、状況次第では大型のヒットもあるのだ。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読