八景沖のイシモチ、春は浅場で手軽に数釣り【東京湾・金沢八景沖】

八景沖のイシモチ、春は浅場で手軽に数釣り【東京湾・金沢八景沖】

すっかり東京湾の数釣りターゲットとして定着したイシモチ。シーズンは秋から開幕し、翌年の初夏まで狙えるのが例年のパターンとなっている。そのシーズン中に、「渋い時期はあるのだろうか?」と思うぐらい、好調に釣れる日が多い釣り物だ。


2月はじめごろからトップ70匹、80匹と数釣りの日が多くなり、100匹超えの日も少なくない

東京湾のイシモチが元気いっぱいだ。金沢八景「新健丸」では、2月中旬から下旬にかけて、トップ100〜150匹の爆釣を何度も記録。これからは釣り場も浅くなり、さらに釣りやすくなる!

だれでも簡単に釣れて、食べてもおいしいイシモチは、春のファミリーフィッシングに超おすすめだ!

型は20〜35㎝前後主体に、40㎝近い大型もまじる。

食いが立ってくると2点掛けも多くなる。1匹掛かったら、少し追い食いを待ってみよう。

100匹以上釣るのは、1本は電動タックルで置き竿に、1本は手巻きタックルで手持ちといった2本竿の釣り人が多い。

手持ちでダブルを狙っているうちに、置き竿にも一荷! そんなことが続けば100匹も夢じゃない。

仕掛けは、ハリス2号胴付き2本バリ仕掛け。オモリ30号。

エサはアオイソメを使う。

アオイソメの口の硬い部分にハリをチョン掛け。2匹付けにする。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「新健丸」。

東京湾のイシモチも数釣りが期待できる爆釣ターゲットのひとつだ。
金沢八景「新健丸」では、2月はじめごろからトップ70匹、80匹と数釣りの日が多くなり、100匹超えの日も少なくない。
小型電動リールをセットした置き竿と、手持ちタックルの2本竿で狙うベテランは、120匹から130匹台、さらには150匹オーバーの釣果もたたき出しているほどだ。
現在のポイントは八景沖中心に50〜70mほどの深場も攻めているが、これからは群れが浅場に移動し水深30〜40mほどが中心になってくる。そうなれば、さらに釣りやすくなり爆釣の確率もグンとアップするはず。
ガツガツと激しいアタリと引き味で人気のイシモチだが、最近は食味の評価も高い魚。爆釣&おいしいイシモチ料理を楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾金沢八景沖のイシモチが秋風とともに急上昇。この釣りを金看板に掲げる金沢八景「小柴丸」では9月に入り本格的に乗合いを開始し、連日トップ50~60匹と絶好調だ。


絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

今年の東京湾のタチウオはオススメだ。各船宿の釣果速報を毎日チェックしていると、好釣果がかれこれ一ケ月以上も続いているのだ。


東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

小柴のシャコに小柴のアナゴ。釣りをやらない人でも寿司好きテンプラ好きなら聞き馴染みがあるであろう小柴沖は、旨い魚を育む好漁場でここで獲れるマダコも絶品との誉れが高い。毎年7月に解禁となる小柴沖のマダコ、金沢八景の「小柴丸」が乗合を開始したと聞き釣行した。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読