沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

八景沖のイシモチ、春は浅場で手軽に数釣り【東京湾・金沢八景沖】

八景沖のイシモチ、春は浅場で手軽に数釣り【東京湾・金沢八景沖】

すっかり東京湾の数釣りターゲットとして定着したイシモチ。シーズンは秋から開幕し、翌年の初夏まで狙えるのが例年のパターンとなっている。そのシーズン中に、「渋い時期はあるのだろうか?」と思うぐらい、好調に釣れる日が多い釣り物だ。


2月はじめごろからトップ70匹、80匹と数釣りの日が多くなり、100匹超えの日も少なくない

東京湾のイシモチが元気いっぱいだ。金沢八景「新健丸」では、2月中旬から下旬にかけて、トップ100〜150匹の爆釣を何度も記録。これからは釣り場も浅くなり、さらに釣りやすくなる!

だれでも簡単に釣れて、食べてもおいしいイシモチは、春のファミリーフィッシングに超おすすめだ!

型は20〜35㎝前後主体に、40㎝近い大型もまじる。

食いが立ってくると2点掛けも多くなる。1匹掛かったら、少し追い食いを待ってみよう。

100匹以上釣るのは、1本は電動タックルで置き竿に、1本は手巻きタックルで手持ちといった2本竿の釣り人が多い。

手持ちでダブルを狙っているうちに、置き竿にも一荷! そんなことが続けば100匹も夢じゃない。

仕掛けは、ハリス2号胴付き2本バリ仕掛け。オモリ30号。

エサはアオイソメを使う。

アオイソメの口の硬い部分にハリをチョン掛け。2匹付けにする。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「新健丸」。

東京湾のイシモチも数釣りが期待できる爆釣ターゲットのひとつだ。
金沢八景「新健丸」では、2月はじめごろからトップ70匹、80匹と数釣りの日が多くなり、100匹超えの日も少なくない。
小型電動リールをセットした置き竿と、手持ちタックルの2本竿で狙うベテランは、120匹から130匹台、さらには150匹オーバーの釣果もたたき出しているほどだ。
現在のポイントは八景沖中心に50〜70mほどの深場も攻めているが、これからは群れが浅場に移動し水深30〜40mほどが中心になってくる。そうなれば、さらに釣りやすくなり爆釣の確率もグンとアップするはず。
ガツガツと激しいアタリと引き味で人気のイシモチだが、最近は食味の評価も高い魚。爆釣&おいしいイシモチ料理を楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

「今年は水温が高いこともあって、少しスタートが遅い感じですね。コノシロパターンも散発的にありますけど、今のところはイワシが多いので、こちらを意識した釣りのほうがメインパターンになっていますね」と話す、10月下旬時点での模様を教えてくれたのは、横浜新山下の人気シーバス船「アイランドクルーズFC」の家田茂大船長。


タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

「福よし丸」では、使用する道糸の太さによって、オモリの号数を変えている。道糸がPEライン2号の場合、オモリは60〜80号。PEライン3号の場合、オモリは80〜100号。PEライン4号の場合、オモリは100〜120号。あとは、その日の状況によってオマツリなどしないように微調整する。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

手軽に美味しいアジが釣れる東京湾のLT(ライトタックル)アジが人気だ。都心からほど近い川崎の「つり幸」では、親子連れや女性を交えたグループ釣行者などで連日賑わいを見せている。


衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

長竿の弾力を利用して、小さく鋭くシャクる。ここで大切なことは、竿に十分に力を加えることだ。竿が曲がった後、その反動で腕が引き戻されるくらいまで力を込めることにより餌木に鋭い動きを与えることができ、アオリイカへのアピール効果も高まる。


最新の投稿


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

9月9日(日)におこなわれた「第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫」の大会結果報告です。


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読