MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ハモノ狙いも楽しめ、お徳感2倍のシロギス釣り!【相模湾・大磯沖】

ハモノ狙いも楽しめ、お徳感2倍のシロギス釣り!【相模湾・大磯沖】

相模湾のシロギスは1月から開幕するが、釣果が安定しない厳寒期は狙わず、3月ぐらいから出船する船が増えてきている。3月以降は水温が上昇するにつれて、釣れる水深がどんどん浅くなっていく。同時にシロギスの活性も高くなり、アタリが多くなるだろう。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

これから水温が上昇してくれば、シロギスは浅場で頻繁にアタるようになる。また、ハモノも活発にアタるようになるはず

当日は丸々太った良型キスが多かった。

小気味よい引きが楽しいシロギス釣り。

大磯ロングビーチ前のポイントは良型主体だった。

カナガシラとシロギスの一荷。

納得の釣果だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯「邦丸」。

相模湾のシロギス釣りは1月から解禁するが、1〜2月は厳しい時期。そのため、気温が上がり、春休みが近づく3月ぐらいから再開、または開始する船宿が多くなっている。大磯「邦丸」も3月から午前、午後のシロギスハーフ便をスタートした。
「シロギスのポイントは、深くても水深30m台です。手軽に釣れる時期なので、ファミリーフィッシングに最適です。また、ハモノ狙いもオススメですね。ヒラメ、コチ、ハタ、各種イカなど、何が掛かるか分からないのが魅力です」とは味澤藤吉船長。
これから水温が上昇してくれば、シロギスは浅場で頻繁にアタるようになる。また、ハモノも活発にアタるようになるはずだ。いずれもLTタックルで手軽に楽しめるので、ビギナーやファミリーに最適。春休みの家族サービスのメニューに取り入れてみてはいかがだろうか!?

仕掛けは全長1m前後。道糸はPEラインがオススメ

これからの時期は水深30m未満の場所がメインになる。

竿をシェイクしたり、小突いて誘う。

相模湾では全長1m前後の仕掛けがよく使われる。

相模湾のシロギス釣りでは、東京湾で使われる仕掛けよりも若干長い、1〜1.2mの仕掛けがよく使われる。「邦丸」の味澤藤吉船長も「仕掛けは1mぐらいがいいですね」と言う。
ハリは吸い込みのいいタイプがオススメだ。流線、競技用などの6〜7号が適当だ。
竿は専用竿、または先調子の10〜20号負荷の小物竿。全長は1.5〜2mぐらい。リールは小型スピニングか小型両軸。キャストして探るならスピニングリールが扱いやすくオススメだ。
そして道糸はPEラインが絶対オススメ。これからの時期は釣れる水深が浅くなるので、ナイロンラインでも釣れないことはない。しかし、感度の良さという点ではナイロンラインはPEラインよりも劣る。アタリを取って積極的に掛ける釣りを楽しむなら、PEラインで臨もう。
「邦丸」では、付けエサとしてジャリメを使う。ハリの軸に対してまっすぐ刺し、タラシは1㎝ぐらいにするのがベスト。
釣れる水深が浅くなるこれからの時期は、仕掛けをキャストして船下まで探ってくる釣り方がオススメだ。船下狙いでも釣れないことはないが、キャストした方が広い範囲を探ることができるのだ。
釣り方は上のイラストのとおり。キャストしてオモリが着底したら糸フケを取り、手前にサビいてくる。途中、サビくのを止めたり、竿をシェイクするなどして仕掛けの動きに変化を与えるのも有効。これらを組み合わせて船下まで探ってくる。
キャストする場合は、安全面からアンダースローで行うこと。慣れない人は、軽く前方に投げることから始めるといいだろう。
また、船下でも釣れないことはないので、うまくキャストできない人は船下狙いでもOKだ。船下狙いは、時々竿を上下させたり、小突くなどして誘いを入れよう。また、仕掛けをマメに入れ替えたり、タナを取り直すことも大事だ。
シロギスのアタリはブルブルッと明確だが、日によってハリ掛かりしにくいときがある。そんなときは、即アワセ、一呼吸おいてからアワせるなどいろいろ試して、最適なパターンを見つけ出そう。

ハモノ狙いも楽しみ方の一つ!

ハタだ!

40㎝オーバーのアオハタが上がった。

スミイカもヒット!

これからの時期、相模湾のシロギス船では、釣れたシロギスやメゴチをエサにハモノを狙うのもおもしろい。ヒラメ、マゴチ、カサゴ、ハタの仲間、イカ各種などがターゲット。
仕掛けと釣り方は下のイラストのとおり。3月前半の取材ではイカのアタリが多いということで、孫バリにトレブルフックを付けた仕掛けを船長がすすめていた。この場合、孫バリは背中側に刺すように船長はすすめていた。
イカのアタリはわかりづらく、竿先を押さえ込むようにアタリが出る。船が揺れで持ち上がったときに、竿先が大きくお辞儀するのでわかる。イカらしきアタリがあったときは、しっかりとシャープにアワせてハリ掛かりさせることが大事だ。
イカは狙わないという人は、孫バリなしの仕掛けでもOK。ヒラメやコチのアタリは、竿先がブルッブルッと揺れるのでわかりやすい。しばらく待って食い込んでからアワせる。即アワセは禁物だ。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル