MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつテンヤで釣る浅場の大型マゴチ【鹿島沖】

ひとつテンヤで釣る浅場の大型マゴチ【鹿島沖】

近場のニューフェイス! ひとつテンヤで釣る浅場の大型マゴチ。テンヤマゴチゲーム、ブレイク必至!  釣り方を確立するのはあなただ!!

今後、マゴチが鹿島灘の看板ターゲットになること間違いなしだ! また、 タンパクな白身が、ひじょ〜に美味である

DUOの佐々木一樹さんもテンヤマゴチに初チャレンジ。即座にこの釣りのコツを掴んだ。

佐々木一樹さんの釣果。60㎝オーバーを含み短時間で十分すぎる釣果を得た。

横浜市の中谷行孝さんも初チャレンジながら、アワセのタイミングが分かると連釣した。

マゴチは水面でのバレが多いのでかならずタモですくってもらおう。

良型マゴチばかりそろう、鹿島沖。これだけ釣れれば十分。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「幸栄丸」。

鹿島沖にまた新しい釣り物が登場した。マゴチだ。このターゲットをいち早く取り入れた鹿島「幸栄丸」小野馨船長に聞くと、
「鹿島沖の底引き網漁や刺し網漁でたくさんのマゴチが水揚げされてます。なんとか釣り物にならないかと思い、スタッフを連れて試し釣りしてみると、いきなり結果が出ました。東京湾で盛んなテンビン仕掛けの釣りとひとつテンヤをやってみたのですが、テンヤのほうがキャストして広範囲を探れるので釣れるみたいですね。なにせ、いまは手探り状態。お客さんに釣り方はまかせている状態です」
今期3度目の出船となる「幸栄丸」のマゴチ船では、テンビン仕掛けもテンヤ釣りも五分五分の釣果だった。その一週間後、鹿島港「植田丸」でテンヤ釣りオンリーで試すと良型ばかり快調に釣れ確かな手応えを感じた。
使用するエサも生きエビしか食わないと思われたが、市販のテンヤマダイ用の冷凍エビエサでも十分に釣れることも判明。ひとつテンヤタックルでだれもが気軽に楽しめる釣りだった。
ポイントは、港から出てすぐの水深8〜15mの砂地一帯。遠浅の鹿島灘ゆえに、ポイントは広大だ。根掛かりも少ないのもうれしい要素。
そして、マゴチはタンパクな白身で、食べて大変美味。今後、鹿島灘の看板ターゲットになること間違いなしだ。

エサは生きエビだ。テンヤ釣りでは、エサの付け方が鍵

エサはテンヤ用冷凍エビだっ! 大きめの方がアピール力があって良い。

鹿島灘では、底引き網漁や刺し網漁でたくさんのマゴチが水揚げされている。
しかし、船から釣るとなるとどうやって釣るのか!? いち早くマゴチに注目したのが、鹿島「幸栄丸」小野馨船長だ。釣り物が少なくなる夏の救世主となるか!? 今期はとくにそんな状況だった。
7月に入り、テンヤマダイ釣りで使用している生きエビエサがあることから、「幸栄丸」スタッフが試し釣りを行ったという。ポイントは、港前の水深7〜15mの砂地。
ひとつテンヤ釣法と東京湾で行われている鋳込みテンビンや三日月オモリを使用した釣り方で試したという。
船は、ヒラメ同様横流し。すると、ひとつテンヤ釣法で好調に釣れたというのだ。
今期3度目のマゴチ船に乗船したとき、小野船長は、
「まだ、始まったばかりの釣り物だからポイントも釣り方も手探り状態です。お客さんには、テンビン仕掛けの置き竿とひとつテンヤの2本竿を出すのもOKにしています」という。
実際のところ、当日はテンヤとテンビンの釣りを比べると釣果は五分五分。
その数日後、テンヤ釣法オンリーでしかも、生きエビエサではなく、冷凍エビエサのみで狙ったところ、生きエビエサの食いと遜色なく釣れたのだ。
釣り場は、浅場で広範囲という。いわば、遠浅の砂地が延々と続く鹿島灘はそのすべてがポイントといっても過言ではない。ますます期待が膨らむ。
生きエビエサからスタートした鹿島沖のマゴチ釣りだが、一般にひとつテンヤマダイで使用する冷凍エビエサでも十分釣れることが判明した。
だから、エサはひとつテンヤマダイと同様に冷凍エビエサが主流になることが予想されるが、エサの付け方に気をつけたい。
冷凍エビエサは、解凍すると頭部が外れやすくなる。
だから、テンヤの孫バリで尾部と頭部を固定するようなつもりで孫バリを装着するようにしたい。
なぜそこまでするかというと、マゴチ釣りでは、浅場のポイントを広範囲に探るために、沖目にキャストすることが多いからだ。

横流し釣りであることを理解して釣りを行う。キャストして広範囲を探り、アタリ後、早アワセは禁物

「カンカンカンッ!」と頭を振りながら抵抗するマゴチの引きは独特。

鹿島沖のマゴチ釣りは、ヒラメ釣り同様、船は横流しだ。
ポイントを流し変えるときは、船長は船の向きを180度変え、潮下側潮上側と両方から狙うことになる。
テンヤは、その潮上側、潮下側、さらには、潮流の速さ、風の強さにより、適合サイズが変わってくる。
テンヤでボトムを確実にとれることが前提だ。
潮が速いときは、重め。潮が流れないときは軽め、潮上側は重め、潮下側は軽めと覚えておこう。
具体的なテンヤのサイズは、5〜6号が軽め。8〜10号が重め。さらに潮が速いときは12〜15号でもよい。
底ダチ取りが慣れていない人は、最初から8〜10号のテンヤ使用がオススメだ。
テンヤ釣法では、アンダースローでテンヤを沖目にキャストして広範囲に探るとよい。
遠目に投げ入れ、テンヤが着底したらデッドスローで底をズル引きする。
もしくは、スーと聞きあげ、手前に寄せた分をリールで巻き取りながら誘う。
いずれも、一ヵ所にテンヤをとどめることなく探り続けることが共通点。
アタリは、コツコツとかモゾモゾと竿先に出る。
そこですぐにテンヤマダイのようにアワセを入れてはいけない。早アワセは禁物だ。じっとそのまま待つか、違和感を与えないように道糸を送り込んでもよい。
静かに待っていると、だんだんとアタリが大きくなっていく。これでもか、と思ったところでシャープにアワセを入れよう。
マゴチであれば、頭をカンカンカンと振りながら抵抗を繰り返す。けして、テンションを緩めないようにやり取りしながら巻き上げよう。
スピニングリールのドラグ設定はテンヤマダイより少し強めでOK。砂地なので根掛かりはほとんどないからだ。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読