MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
遅れても期待大! 鹿島沖のイシガレイ&マコガレイ【常磐・鹿島沖】

遅れても期待大! 鹿島沖のイシガレイ&マコガレイ【常磐・鹿島沖】

イシガレイをメインに、良型の数釣りが楽しめるのが、常磐・鹿島沖のイシ&マコガレイ釣りだ。

perm_media 《画像ギャラリー》遅れても期待大! 鹿島沖のイシガレイ&マコガレイ【常磐・鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

試し釣りでイシ&マコガレイを10枚以上釣る人も出た! あとは天候が安定して海が穏やかになるのを待つばかり

朝一番にガツガツと力強いアタリで船中第1号、小型のイシガレイだった。

小型集魚灯を付けたのがよかったのか…良型マコガレイが上がった。

植田竜也船長も竿をだして感触を確かめる。と…いきなりイシガレイが釣れた!

イシガレイは背側に硬い石のような凸があるのが特徴。持ち帰るときにこの凸を削り取っておくと独特のニオイが弱まる。

水深は25mほど。オモリは40号で統一。

仕掛けは状況に応じて使い分けが必要。シンプル仕掛け、派手な仕掛けの2パターン用意しておくとよい。長さもウネリがある日は短い仕掛けはNG、自作なら90㎝前後が理想的だ。

エサはアオイソメとホッキ貝の切り身。ホッキ貝でカレイが釣れだすと本番だ。

一日中コヅキ釣りするので、軽量で先調子のロッドが扱いやすい。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

例年ならとっくにカレイの好釣果も聞かれるころなのだが、今年は冬の間ヒラメやショウサイフグ、メバルなどが好調に釣れ続いていたためか、各船、カレイへの切り替えが遅れたようだ。そのため、カレイの試し釣りにはすでに出たものの、いまだにフグやヤリイカ、ヒラメなどに出船している船が多い。
しかし、3月も半ばを迎え、とうとうしびれをきらしたカレイファンが春を待ちかねて釣行を開始。鹿島港の「植田丸」でも、試し釣りでイシ&マコガレイを10枚以上釣る人も出て、あとは天候が安定して海が穏やかになるのを待つばかりといったところ。
「植田丸」の植田竜也船長も「カレイは海さえ穏やかなら間違いなく釣れます」と自信ありげ。ショウサイフグのカットウ釣りでもゲストで多い人は10枚ほど釣っているというから、今後が楽しみだ。これから6月ごろまで、型&数釣りが楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
アカカマはススズキ目カマス科カマス属。北海道から沖縄までの日本列島周辺。朝鮮半島、中国沿岸、東シナ海、南シナ海からインド洋、西太平洋に広く生息域を持つ。
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル