遅れても期待大! 鹿島沖のイシガレイ&マコガレイ【常磐・鹿島沖】

遅れても期待大! 鹿島沖のイシガレイ&マコガレイ【常磐・鹿島沖】

イシガレイをメインに、良型の数釣りが楽しめるのが、常磐・鹿島沖のイシ&マコガレイ釣りだ。


試し釣りでイシ&マコガレイを10枚以上釣る人も出た! あとは天候が安定して海が穏やかになるのを待つばかり

朝一番にガツガツと力強いアタリで船中第1号、小型のイシガレイだった。

小型集魚灯を付けたのがよかったのか…良型マコガレイが上がった。

植田竜也船長も竿をだして感触を確かめる。と…いきなりイシガレイが釣れた!

イシガレイは背側に硬い石のような凸があるのが特徴。持ち帰るときにこの凸を削り取っておくと独特のニオイが弱まる。

水深は25mほど。オモリは40号で統一。

仕掛けは状況に応じて使い分けが必要。シンプル仕掛け、派手な仕掛けの2パターン用意しておくとよい。長さもウネリがある日は短い仕掛けはNG、自作なら90㎝前後が理想的だ。

エサはアオイソメとホッキ貝の切り身。ホッキ貝でカレイが釣れだすと本番だ。

一日中コヅキ釣りするので、軽量で先調子のロッドが扱いやすい。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

例年ならとっくにカレイの好釣果も聞かれるころなのだが、今年は冬の間ヒラメやショウサイフグ、メバルなどが好調に釣れ続いていたためか、各船、カレイへの切り替えが遅れたようだ。そのため、カレイの試し釣りにはすでに出たものの、いまだにフグやヤリイカ、ヒラメなどに出船している船が多い。
しかし、3月も半ばを迎え、とうとうしびれをきらしたカレイファンが春を待ちかねて釣行を開始。鹿島港の「植田丸」でも、試し釣りでイシ&マコガレイを10枚以上釣る人も出て、あとは天候が安定して海が穏やかになるのを待つばかりといったところ。
「植田丸」の植田竜也船長も「カレイは海さえ穏やかなら間違いなく釣れます」と自信ありげ。ショウサイフグのカットウ釣りでもゲストで多い人は10枚ほど釣っているというから、今後が楽しみだ。これから6月ごろまで、型&数釣りが楽しめる。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連する投稿


目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

周年狙え、すっかり人気の釣り物になった常磐のショウサイフグ。特に手軽な道具で釣ることができ、ジャンボサイズが多くまじるのが鹿島沖の特徴だ。今回は夏フグシーズンに突入した鹿島港の「豊丸」へとお邪魔した。


しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

ほぼ周年ひとつテンヤマダイ釣りが楽しめる鹿島沖。夏真っ盛りの今もコンスタントにマダイが釣れている。その鹿島沖に出船し続けているのが鹿島港「植田丸」。「例年、真夏の暑い時期はいっときマダイの食いがやや落ちて渋くなるんですが、今年はまずまず。日ムラはありますが、食う日はトップ10枚以上ということもありますよ」とのこと。


チャンスは誰にでもアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

チャンスは誰にでもアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋の好シーズンに入り、連日大型がヒットして大きな盛り上がりを見せている。


鹿島沖のマダイ、ドカン!と大型の期待十分だ!(第五悌栄丸)

鹿島沖のマダイ、ドカン!と大型の期待十分だ!(第五悌栄丸)

秋の好シーズンに突入した鹿島沖のひとつテンヤマダイ。鹿島新港「第五悌栄丸」では、6㎏オーバーの大型含みでトップ2桁釣果の日もあるほど。「秋は数、型ともに期待できる季節です。6月、7月は産卵の前後で食いが落ちるんですが、それが8月ごろから上向いて、秋になると活発にエサを追うようになります」。と「第五悌栄丸」久保治彦船長。


魚の宝庫、仙台湾で楽しむ根周り五目が今面白い!(拓洋丸)

魚の宝庫、仙台湾で楽しむ根周り五目が今面白い!(拓洋丸)

仙台湾は魚の宝庫だ。蔵王連峰からの清水が名取川から流れ込み、栄養豊富な漁場を形成している。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読