沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

遅れても期待大! 鹿島沖のイシガレイ&マコガレイ【常磐・鹿島沖】

遅れても期待大! 鹿島沖のイシガレイ&マコガレイ【常磐・鹿島沖】

イシガレイをメインに、良型の数釣りが楽しめるのが、常磐・鹿島沖のイシ&マコガレイ釣りだ。


試し釣りでイシ&マコガレイを10枚以上釣る人も出た! あとは天候が安定して海が穏やかになるのを待つばかり

朝一番にガツガツと力強いアタリで船中第1号、小型のイシガレイだった。

小型集魚灯を付けたのがよかったのか…良型マコガレイが上がった。

植田竜也船長も竿をだして感触を確かめる。と…いきなりイシガレイが釣れた!

イシガレイは背側に硬い石のような凸があるのが特徴。持ち帰るときにこの凸を削り取っておくと独特のニオイが弱まる。

水深は25mほど。オモリは40号で統一。

仕掛けは状況に応じて使い分けが必要。シンプル仕掛け、派手な仕掛けの2パターン用意しておくとよい。長さもウネリがある日は短い仕掛けはNG、自作なら90㎝前後が理想的だ。

エサはアオイソメとホッキ貝の切り身。ホッキ貝でカレイが釣れだすと本番だ。

一日中コヅキ釣りするので、軽量で先調子のロッドが扱いやすい。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

例年ならとっくにカレイの好釣果も聞かれるころなのだが、今年は冬の間ヒラメやショウサイフグ、メバルなどが好調に釣れ続いていたためか、各船、カレイへの切り替えが遅れたようだ。そのため、カレイの試し釣りにはすでに出たものの、いまだにフグやヤリイカ、ヒラメなどに出船している船が多い。
しかし、3月も半ばを迎え、とうとうしびれをきらしたカレイファンが春を待ちかねて釣行を開始。鹿島港の「植田丸」でも、試し釣りでイシ&マコガレイを10枚以上釣る人も出て、あとは天候が安定して海が穏やかになるのを待つばかりといったところ。
「植田丸」の植田竜也船長も「カレイは海さえ穏やかなら間違いなく釣れます」と自信ありげ。ショウサイフグのカットウ釣りでもゲストで多い人は10枚ほど釣っているというから、今後が楽しみだ。これから6月ごろまで、型&数釣りが楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。


アクティブに誘いを入れて釣ろう! ヒット連発の大型ヒラメ(義心丸)

アクティブに誘いを入れて釣ろう! ヒット連発の大型ヒラメ(義心丸)

「ようやく本格的な冬の鹿島沖になってきた感じ。シーズン当初はヒラメが溜まる根周り、磯のカケアガリ、砂利場などでの数釣りだったけど、最近はイワシの回遊狙いで大型が釣れる」と「義心丸」の大森誠船長の声。


沖釣りの王道、一つテンヤマダイの自己記録更新を目指す(第五悌栄丸)

沖釣りの王道、一つテンヤマダイの自己記録更新を目指す(第五悌栄丸)

鹿島新港「第五悌栄丸」の釣果では、12月26日に4㎏、12月14日には6.2㎏と4.1㎏が飛び出すなど、大ダイラッシュを記録。「型を狙うには、これからがちょうどいい時期になるね」とは久保治彦船長談。


巨大ヒラメ姿あらわす! ”渡りの大ビラメ”を釣ろう!(大久丸)

巨大ヒラメ姿あらわす! ”渡りの大ビラメ”を釣ろう!(大久丸)

ヒラメの魚影がすこぶる濃いことで知られる鹿島沖。昨年11月のヒラメ解禁後、絶好調を継続している。鹿島「大久丸」大川久明船長によれば、年明けからは、数狙いから大型ヒラメシーズンに移行するという。


水温低下とイワシの回遊で新年は大型ヒラメのビッグチャンス(豊丸)

水温低下とイワシの回遊で新年は大型ヒラメのビッグチャンス(豊丸)

船宿仕掛けは「掛かりを重視」したトリプルフック仕様。「ハリス、捨て糸ともに短めです。横流し用に調整した仕掛けです。トリプルフックはどこかに掛かるので、慣れない人にもおすすめです」


最新の投稿


ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。


「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

1月26日に東京都豊島区のホテルベルクラシック東京で開催される「第20回 JGFA新春パーティー」の参加者募集内容です。


良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。


基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

仕掛けはプラヅノ11㎝で組んだブランコ式の5〜7本ヅノが標準。枝スは3号、幹糸は5号。仕掛けの途中に赤白のウキスッテをまぜると有効なときもあるので準備しておくといいだろう。


寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読