遅れても期待大! 鹿島沖のイシガレイ&マコガレイ【常磐・鹿島沖】

遅れても期待大! 鹿島沖のイシガレイ&マコガレイ【常磐・鹿島沖】

イシガレイをメインに、良型の数釣りが楽しめるのが、常磐・鹿島沖のイシ&マコガレイ釣りだ。


試し釣りでイシ&マコガレイを10枚以上釣る人も出た! あとは天候が安定して海が穏やかになるのを待つばかり

朝一番にガツガツと力強いアタリで船中第1号、小型のイシガレイだった。

小型集魚灯を付けたのがよかったのか…良型マコガレイが上がった。

植田竜也船長も竿をだして感触を確かめる。と…いきなりイシガレイが釣れた!

イシガレイは背側に硬い石のような凸があるのが特徴。持ち帰るときにこの凸を削り取っておくと独特のニオイが弱まる。

水深は25mほど。オモリは40号で統一。

関連する投稿


クロメバル乱舞! リレーでマガレイ&イシガレイ【宮城・仙台湾】

クロメバル乱舞! リレーでマガレイ&イシガレイ【宮城・仙台湾】

釣り主体に行われていて、亘理「大海丸」ではメロウド(イカナゴ)が確保できるようになると、メロウドの泳がせでのメバル釣りも楽しませてくれる。生きたメロウドでメバル釣りというのは、瀬戸内海と亘理だけである。現在はメバルとカレイのリレーを行っている。


大型の確率アップ! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

大型の確率アップ! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

江戸前の釣りといえば、ハゼにシロギス、スミイカなどが思いつく。だが、忘れてならないのがマコガレイ。冬に産卵のために東京湾奥に乗っ込んだマコガレイは、産卵後に浅場で盛んにエサを食べて体力を回復させる。春になると「花見ガレイ」と呼ばれる身の厚い見事な魚体にに育つ。そのマコガレイを釣ろうと金沢八景の「荒川屋」にお邪魔した。


鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

茨城県のヒラメ釣りは12月に全面解禁を迎えたが、各地で好調な釣れっぷりを見せている。鹿島沖もまたアツい釣りが展開されている。


イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

大型が期待できる鹿島沖のヒラメが全面解禁し、少しずつそのムードが高まってきている。


大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

食べておいしいフグ。一度味わえば、その絶品さで幸せになること間違いなし。沖釣り師は、そんなフグをたくさん釣って食べることができる! この機会にぜひ、フグ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読