イサキ解禁! ちょっと深場で高活性スタート!!【南房・西川名沖】

イサキ解禁! ちょっと深場で高活性スタート!!【南房・西川名沖】

南房エリアのイサキが3月1日解禁した。スタート直後はコマセ慣れしていないため、毎年開幕直後の食いっぷりが心配されるが、今年は大丈夫。


今期は水温が高いので、しっかりとしたコマセワークをやれば、誰でも簡単においしいイサキが釣れる

3点掛けを連発したダイワの松永直己さん。

張りのある軽量なロッドが最適だ。

待って追い食いさせる。

西川名沖では食べごろイサキが入れ食いになった。

新ブランド! 波佐間沖のジャンボイサキに注目。

関連する投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

ハイシーズン到来のヒラメ&好調キープのオニカサゴ【南房・布良沖】

イワシの南下と共に、ますますのにぎわいを見せる千葉県太平洋岸エリアのヒラメ釣り。そしてそのイワシが最南端にあたる布良の沿岸にもついに入って来たとのことなので、さっそくその状況と今期好調なオニカサゴの様子を同時にチェックしに出掛けてみた。


南房の深場五目は、いろいろ釣れるから楽しいぞ!【南房総・相浜沖】

南房の深場五目は、いろいろ釣れるから楽しいぞ!【南房総・相浜沖】

相浜港・安田丸の「深場五目釣り」。深場と聞いて、場所柄もあり、オニカサゴやキンメダイといった魚が、パッと頭の中に浮かんだ。しかし、よく話を聞いていくと、イサキ、メバルをメインに水深100m前後を攻めると、キントキダイ、ヒメダイ、クロムツetc…、食べて美味しい魚たちが沢山釣れてくる。なんともおもしろそうな釣りだ。


南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

春間近の南房。港近くでは名物の花があちこちで咲き、温暖な環境を楽しむことができる。季節の変わり目となる3月は、釣り物が少なく行き先に悩むことが多いが、南房に来れば大丈夫。ターゲットは多彩だ。


南房のヤリイカ、大型群れ来襲で急上昇!【南房・白浜〜千倉沖】

南房のヤリイカ、大型群れ来襲で急上昇!【南房・白浜〜千倉沖】

今期の南房エリアのヤリイカは遅れ気味。しかし、2月に入っていよいよ本格化。大型のオスが入ってきたぞ!


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ひとつテンヤ&タイラバで狙う東京湾のマダイ【東京湾】

ひとつテンヤ&タイラバで狙う東京湾のマダイ【東京湾】

ここ数年、東京湾では真冬でもエビタイが釣れ続いている。横須賀から鴨居沖までのコマセ禁止エリアで釣れるマダイの体色は紅を差したように赤く、特に冬場は惚れ惚れするくらい深みのある色になる。このマダイをターゲットにしているのが金沢八景の「野毛屋」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読