MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イサキ解禁! ちょっと深場で高活性スタート!!【南房・西川名沖】

イサキ解禁! ちょっと深場で高活性スタート!!【南房・西川名沖】

南房エリアのイサキが3月1日解禁した。スタート直後はコマセ慣れしていないため、毎年開幕直後の食いっぷりが心配されるが、今年は大丈夫。

perm_media 《画像ギャラリー》イサキ解禁! ちょっと深場で高活性スタート!!【南房・西川名沖】の画像をチェック! navigate_next

今期は水温が高いので、しっかりとしたコマセワークをやれば、誰でも簡単においしいイサキが釣れる

3点掛けを連発したダイワの松永直己さん。

張りのある軽量なロッドが最適だ。

待って追い食いさせる。

西川名沖では食べごろイサキが入れ食いになった。

新ブランド! 波佐間沖のジャンボイサキに注目。

迷ったら船宿特製仕掛けを使おう。

水温は高い。

イサキの反応は濃い。アミコマセにも好反応を示す。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・南房西川名港「竜一丸」。

ポイントの水深は60〜70m。イサキにしてはちょっと深いが、これが開幕期の特徴だ。
「イサキ解禁初日、予想以上に魚は活発でしたよ。今期は水温が高いですから。しっかりとしたコマセワークをやれば、誰でも簡単においしいイサキが釣れますよ」とは、イサキ釣りに力を入れている西川名港「竜一丸」の安西竜一船長。
花冷えという言葉があるように春は、気温の乱降下が激しい。だが、南房の水温は安定。ますますイサキの活性が上がっていくと予想される。
「波佐間沖のジャンボイサキのシーズンはこれからです。ここのイサキは手ごわいですよ。2㎏サイズもあがってますからね。ハリス1.5号のスリリングなやり取りを楽しんでください」
良型イサキを主体に狙っている「竜一丸」。今期さらに波佐間沖のイサキは注目されそうだ。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
【相模湾・平塚沖~大磯沖】LTの元祖とも言えるのが平塚出船のLT五目だ。アジメインにアタリ活発!これから水深浅くなり魚種も豊富に!
最新記事
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
フラッシュブーストにタコはメロメロ、超高アピールするタコ餌木「タコマスターフラッシュブースト 3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル