深海のモンスター、アブラボウズ浮上!!!【石廊崎沖】

深海のモンスター、アブラボウズ浮上!!!【石廊崎沖】

「はい、いいよ。落としてー。水深は750m」えっ? と思う人が多いかも知れない。普通、750mもラインを巻いている人はいないだろうから……。


アブラボウズはギンダラ科に属する、いわゆる深海魚。体長1.5m、100㎏近くにまで成長するモンスターだ

深海のモンスター、召し取ったりぃ〜〜〜。

800gクラスのメタルジグを投入。着底時間約10分。

ットしてから30分経過……。そして、浮上したのは、深海のモンスター!!

「マニアな仲間たち」のダイアンこと、静岡市の村松大輔さん。あの佐藤統洋さんが認めるエキスパートだ。

ジグの早めのアクションを意識して探っていた藤枝市の福留さんには、バラムツが連続ヒット。

エアを持たないアブラボウズは、水面で激しく暴れまくる。

早い動きのジグにバラムツがヒット。パワーはこのバラムツのほうが強かった。

約1kgのメタルジグを使用する。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・南伊豆手石港「南伊豆忠兵衛丸」。

ポイントは南伊豆・石廊崎沖。狙いはアブラボウズだ。専門にジギングで狙っての挑戦は、おそらくわが国初ではないだろうか? そもそもアブラボウズという名の魚を知らない人のほうが多いかも知れない。
アブラボウズはギンダラ科に属する、いわゆる深海魚。体長1.5m、100㎏近くにまで成長するモンスターだ。アコウやベニアコウ釣りでの外道にまじって上がってくることがあるかなしか、程度の知名度の魚だろう。
手石の「南伊豆忠兵衛丸」では、イカをエサにしての釣りで80㎏クラスを何本も仕留めた実績がある。ならば、ジギングで! と挑戦したのが今回の釣行だ。
メンバーは「マニアな仲間たち」として、その筋? では名の通った面々。
冒頭のアナウンスにしたがって、4人のマニアたちは、800gクラスのメタルジグを投じた。着底させるだけで約10分。あとはボトムを中心に思い思いにジグを操る。知り得る限りジグでの実績はない。想像を膨らませてアブラボウズを誘うのみだ。
釣れるのか? 記者の疑問に反し、答えは意外なほど早く出た。ひと流しめで、深海からの小さなシグナルに応じてフッキングを決めたマニアが、ゆっくりゆっくり巻き上げてくる。走ることはない。ときおり首を振る相手をアブラボウズと信じること約30分。果たして水面に浮いたのは、念願のアブラボウズだった。
後から考えれば潮変わりの時合だったようだ。流し替えるたびに誰かのロッドが絞り込まれた。2枚潮がキツくなり、早じまいとなるまでに、30㎏クラスのバラムツもまじえ、2本目の本命も登場。念願成就に船上は大いに盛り上がった。下船後の検量で、一発目は28㎏、二発目は30㎏と判明。まだまだ上が望めるサイズだが、それは今後の目標として残しておけばよいだろう。
誰にでも気楽に楽しめる、という釣りではないが、夢のある釣りであることには間違いない。興味のある方はぜひ「南伊豆忠兵衛丸」までお問い合わせあれ。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


マダイ乗っ込み継続中! タナ取りから釣り方までご紹介(兵助屋)

マダイ乗っ込み継続中! タナ取りから釣り方までご紹介(兵助屋)

南伊豆沖はマダイ、イサキの好ポイントを抱えるエリア。4月から好調をキープしている乗っ込みマダイは、そろそろ終盤だが、まだ楽しめるだろう。下田柿崎港「兵助屋」では、石廊崎沖〜仲木沖をメインに乗っ込みのマダイを狙っている。


波崎沖のメヌケ釣りは深海釣りの真骨頂を体感できる【茨城・波崎沖】

波崎沖のメヌケ釣りは深海釣りの真骨頂を体感できる【茨城・波崎沖】

TEAM OKAMOTOが咲かせる大輪の緋花! アブラボウズまじりで今後も期待十分だ!!


大物の聖地・銭洲解禁! ジギングでカンパチ&よりどり五目【銭洲】

大物の聖地・銭洲解禁! ジギングでカンパチ&よりどり五目【銭洲】

4月を迎えると、春の訪れとともに釣り人に朗報がもたらされる。銭洲の解禁だ。今年も例年通り、4月1日に禁漁が解かれた。


絶海の孤島・イナンバにマグロが来た!【イナンバ】

絶海の孤島・イナンバにマグロが来た!【イナンバ】

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ約100㎞、黒潮のど真ん中に突出する絶海の孤島、イナンバ。毎年春、黒潮に乗りここにキハダが回遊してくる。イナンバは、天然のパヤオのようなもの、潮の流れによっては、キハダやカツオの大群がここに居付く。基本的には、この海域は回遊魚にとっては通り道。行ってみなくちゃ、キハダがいるかは分からない。


大物の聖地・銭洲解禁! 今年のドラマを作るのはあなただ!!【銭洲】

大物の聖地・銭洲解禁! 今年のドラマを作るのはあなただ!!【銭洲】

関東近県に在住する釣り人たちに春の訪れを実感させる、恒例行事のひとつが銭洲の解禁だ。開幕当初は小型カンパチがメインターゲットになることが多く、結果的にルアーアングラーの釣果がエサのそれを圧倒するのが定番パターン。カンパチに関しては、アカイカの回遊が始まれば形勢逆転ともなるのだが…。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読