深海のモンスター、アブラボウズ浮上!!!【石廊崎沖】

深海のモンスター、アブラボウズ浮上!!!【石廊崎沖】

「はい、いいよ。落としてー。水深は750m」えっ? と思う人が多いかも知れない。普通、750mもラインを巻いている人はいないだろうから……。


エアを持たないアブラボウズは、水面で激しく暴れまくる。

早い動きのジグにバラムツがヒット。パワーはこのバラムツのほうが強かった。

約1kgのメタルジグを使用する。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・南伊豆手石港「南伊豆忠兵衛丸」。

ポイントは南伊豆・石廊崎沖。狙いはアブラボウズだ。専門にジギングで狙っての挑戦は、おそらくわが国初ではないだろうか? そもそもアブラボウズという名の魚を知らない人のほうが多いかも知れない。
アブラボウズはギンダラ科に属する、いわゆる深海魚。体長1.5m、100㎏近くにまで成長するモンスターだ。アコウやベニアコウ釣りでの外道にまじって上がってくることがあるかなしか、程度の知名度の魚だろう。
手石の「南伊豆忠兵衛丸」では、イカをエサにしての釣りで80㎏クラスを何本も仕留めた実績がある。ならば、ジギングで! と挑戦したのが今回の釣行だ。
メンバーは「マニアな仲間たち」として、その筋? では名の通った面々。
冒頭のアナウンスにしたがって、4人のマニアたちは、800gクラスのメタルジグを投じた。着底させるだけで約10分。あとはボトムを中心に思い思いにジグを操る。知り得る限りジグでの実績はない。想像を膨らませてアブラボウズを誘うのみだ。
釣れるのか? 記者の疑問に反し、答えは意外なほど早く出た。ひと流しめで、深海からの小さなシグナルに応じてフッキングを決めたマニアが、ゆっくりゆっくり巻き上げてくる。走ることはない。ときおり首を振る相手をアブラボウズと信じること約30分。果たして水面に浮いたのは、念願のアブラボウズだった。
後から考えれば潮変わりの時合だったようだ。流し替えるたびに誰かのロッドが絞り込まれた。2枚潮がキツくなり、早じまいとなるまでに、30㎏クラスのバラムツもまじえ、2本目の本命も登場。念願成就に船上は大いに盛り上がった。下船後の検量で、一発目は28㎏、二発目は30㎏と判明。まだまだ上が望めるサイズだが、それは今後の目標として残しておけばよいだろう。
誰にでも気楽に楽しめる、という釣りではないが、夢のある釣りであることには間違いない。興味のある方はぜひ「南伊豆忠兵衛丸」までお問い合わせあれ。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連する投稿


日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

激うまキンメ、トロキンメなどど称され、抜群のブランド力で人気なのが新島沖のキンメダイ。職漁師はもちろん、エサ釣りで狙う人も多い。そんな新島沖のキンメにキンメに惹き寄せられるかのように、近年、スロー系ジギングで攻める釣り人が急増している。


本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

伊豆半島沖で釣れるキンメダイは、伊豆を代表するブランド魚だ。その価値は年々うなぎのぼり。上質の脂が乗った身を一口でも味わえば、すっかりキンメダイの虜になること間違いなし。さあ、食卓をホットにする赤い魚求めて、海へ出船しよう!!


チビムロシーズン真っ最中、食べごろカンパチ数釣りOK!【銭洲】

チビムロシーズン真っ最中、食べごろカンパチ数釣りOK!【銭洲】

キハダ・ワラサ・ヒラマサ・カンパチと晩夏から秋は青物の季節。近年シーズンがロングランで楽しめるムロアジ泳がせカンパチへ行こう!!


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読