沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

絶景スポットでもある内房・富浦沖で、一風変わったイワシの泳がせ釣りを行なってきた。


生きの良いイワシを泳がせ、ヒラメやマハタなどの高級魚や大型のメバル、カサゴを狙う

カタクチイワシの泳がせでは良型メバルの数釣りが楽しめる。

早朝、まだ暗いうちはメバルの食いが活発だった。

この日、カサゴはよくカタクチイワシを追った。

このサイズがアベレージなので魅力たっぷり。

カタクチイワシの泳がせでは良型のアカハタが釣れた。

身のメバル竿を気持ちよく曲げて春告魚が姿を現す。

定置網で獲ったカタクチイワシを海のイケスで買い付け、それをそのままエサにするのだ。
生きたイワシは元気バツグン、大量にあるのでエサがなくなる心配もない。
そんな生きの良いイワシを泳がせて、ヒラメやマハタなどの高級魚や大型のメバル、カサゴを狙うのだ。
この日は、残念ながらヒラメやマハタの顔は見られなかったが、メバルやカサゴは絶好調。
特に大型カサゴが入れ食いになった時間帯は、歓声が船中に響きみんな一心不乱に釣っていた。
これからの時期、定置網で獲れるイワシも安定してくる。泳がせ釣りは、これからが本格的なシーズンになる。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


マダイの初釣りにオススメ! 数釣りOK、マダイ仕掛け(共栄丸)

マダイの初釣りにオススメ! 数釣りOK、マダイ仕掛け(共栄丸)

「共栄丸」の船長がすすめる仕掛けは2段テーパーハリス。上ハリス(クッション側)6号4〜5m。下ハリス(ハリ側)は4号5〜6m。サルカンを介して上ハリスと下ハリスをつないで全長10mにする。


スミ&モンゴウまじりで楽しい!シャクリアオリイカ仕掛け(さえむ丸)

スミ&モンゴウまじりで楽しい!シャクリアオリイカ仕掛け(さえむ丸)

タックルは、シャクれるライト系の竿なら何でもOK。昔はシャクリアオリ専用ロッドも発売されていたが、現在は1.4~1.6mの軟らかめのマルイカロッドや、LTゲーム用のロッドを使用する。


LT新釣法! ”ティップランプラス”(庄三郎丸・さえむ丸・ゆたか丸)

LT新釣法! ”ティップランプラス”(庄三郎丸・さえむ丸・ゆたか丸)

関東圏で話題になりつつある2つの餌木を付けて釣るアオリイカの新釣法〝ティップランプラス〟。この釣りを開発した張本人たちが関東の海で新釣法を披露した。


状況次第では数釣りも…富浦沖のコマセマダイ仕掛け(第三共栄丸)

状況次第では数釣りも…富浦沖のコマセマダイ仕掛け(第三共栄丸)

「第三共栄丸」での使用ビシは80号。そのため、竿は80号のビシを使用できるコマセマダイ用がベスト。竿は2.5〜3.6m。リールは小型電動がオススメ。これからの時期は、水深60m以上のポイントがほとんど。手返しという点でも電動リール使用が楽だ。道糸はPEラインの3〜6号を200m以上巻いておこう。


東京湾の伝統釣法”手バネのシャクリマダイ”只今絶好調!(とう市丸)

東京湾の伝統釣法”手バネのシャクリマダイ”只今絶好調!(とう市丸)

掛ける醍醐味はもちろん、手でファイトするエキサイティングなやりとりでファンを魅了! 釣った感が全身で味わえる東京湾内房のシャクリマダイが、秋の最盛期を迎え、今、まさに盛り上がっている。


最新の投稿


ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。


「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

1月26日に東京都豊島区のホテルベルクラシック東京で開催される「第20回 JGFA新春パーティー」の参加者募集内容です。


良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。


基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

仕掛けはプラヅノ11㎝で組んだブランコ式の5〜7本ヅノが標準。枝スは3号、幹糸は5号。仕掛けの途中に赤白のウキスッテをまぜると有効なときもあるので準備しておくといいだろう。


寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読