沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

絶景スポットでもある内房・富浦沖で、一風変わったイワシの泳がせ釣りを行なってきた。


生きの良いイワシを泳がせ、ヒラメやマハタなどの高級魚や大型のメバル、カサゴを狙う

カタクチイワシの泳がせでは良型メバルの数釣りが楽しめる。

早朝、まだ暗いうちはメバルの食いが活発だった。

この日、カサゴはよくカタクチイワシを追った。

このサイズがアベレージなので魅力たっぷり。

カタクチイワシの泳がせでは良型のアカハタが釣れた。

身のメバル竿を気持ちよく曲げて春告魚が姿を現す。

定置網で獲ったカタクチイワシを海のイケスで買い付け、それをそのままエサにするのだ。
生きたイワシは元気バツグン、大量にあるのでエサがなくなる心配もない。
そんな生きの良いイワシを泳がせて、ヒラメやマハタなどの高級魚や大型のメバル、カサゴを狙うのだ。
この日は、残念ながらヒラメやマハタの顔は見られなかったが、メバルやカサゴは絶好調。
特に大型カサゴが入れ食いになった時間帯は、歓声が船中に響きみんな一心不乱に釣っていた。
これからの時期、定置網で獲れるイワシも安定してくる。泳がせ釣りは、これからが本格的なシーズンになる。

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

天羽のシャクリマダイが面白い。天羽とは、富津市の一部をそう呼んだ、かつての郡名らしいが、内房総・上総湊「とう市丸」の船上には「天羽 とう市丸」と書かれているプレートが貼られている。そんなところにもこの釣りの歴史を感じるが、なにより手バネ竿でマダイを釣るのは、マダイ釣りの歴史に触れたような味わいがある。


高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

クロムツとオニカサゴ、深場釣り、中深場釣りで人気のターゲットを1日で両方狙ってやろう。そんな贅沢な仕立釣りができるのが富浦港の「酒井丸」だ。


好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

「さえむ丸」のアオリイカはオーソドックスなショートロッドを用いたスタイルが主流だ。タックルは1.3〜1.5mほどのアオリイカ専用竿ほか、軟らかめのマルイカ竿やライトゲーム用のロッドなども流用できる。もちろんロングロッドでもOKだ。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

「最近は浅場だけでなく中深場を狙うことも多くなってきました。いままでのジギングでは攻略できなかったターゲットも狙って釣れるようになってきたので、ぜひ挑戦してもらいたいですね」言葉の主は新潟県柏崎港を拠点とする「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長。


最新の投稿


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

9月9日(日)におこなわれた「第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫」の大会結果報告です。


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読