MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型の確率アップ! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

大型の確率アップ! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

江戸前の釣りといえば、ハゼにシロギス、スミイカなどが思いつく。だが、忘れてならないのがマコガレイ。冬に産卵のために東京湾奥に乗っ込んだマコガレイは、産卵後に浅場で盛んにエサを食べて体力を回復させる。春になると「花見ガレイ」と呼ばれる身の厚い見事な魚体にに育つ。そのマコガレイを釣ろうと金沢八景の「荒川屋」にお邪魔した。

取材当日は風が冷たく波も少しある海況だったが、小柴沖の浅瀬を狙って最大46㎝を含み、竿頭は8枚という好釣果だった

当日最大はこの46㎝! トップは8枚だった。

ヒット! 置き竿でアタリを待つ静かな時間が一変。緊張感に包まれる。

良型カレイは最後まで抵抗する。

やったぜ! 一安心だ。

山下光昭船長も良型をそろえた。

仕掛けはシンプルなタイプが好まれて使われる。

2、3本の竿を投げ分けて狙う。

目立たせるためにエサのアオイソメは房掛けで!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」。

「パッと来て簡単に釣れるとは書かないでくださいね。昔に比べると数は減ってるし貴重な魚です。それにこれら東京湾の釣りは、お客さん同士がつないでいく心意気の釣りなんです。でも、釣りに来たら思う存分楽しんでいただければうれしいです」とは、マコガレイ釣りにこだわる金沢八景「荒川屋」の山下光昭船長。
取材当日は風が冷たく、波も少しある海況だったが、小柴沖の浅瀬を狙って最大46㎝を含み、竿頭は8枚という好釣果に恵まれた。
東京湾の釣り方は置き竿が主流。だが、待ちっぱなしではいい結果はうまれない。誘いか、待ちか、それとも粘りか、大いに迷うところだ。「誰かが釣れたら、それが口火となって連続ヒットすることが多いですよ。その時がひとつのチャンスと思ってください」と山下船長はアドバイスする。
東京湾の春の風物詩、湾奥のマコガレイは今年も健在だ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読