ビギナーや入門に最適! 東京湾口のLTウイリー五目【東京湾口】

ビギナーや入門に最適! 東京湾口のLTウイリー五目【東京湾口】

まずは目的の魚が釣れた喜び。次にその魚がたくさん釣れた喜び。そして思いがけない大きさの魚や、高級な魚が釣れたときの喜び。こんな「喜び」の階段をのぼりながら沖釣りにハマっていった。そんなビギナー向けの「喜びの階段」が取りそろえられた沖釣りメニューがある。金沢漁港「忠彦丸」の沖のLTウイリー五目だ。


旬の釣りものを豊富に織り込んだ五目メニューは、ウイリー仕掛けで釣れる魚は全部狙おうという欲張りなメニューなのだ

アジのポイントで大型アマダイがあがってビックリ!

オキメバルも数釣れる魚だ。

潮が流れればアマダイも数出る。

こちらはアカイサキ。

色鮮やかなシキシマハナダイ。

ポイントは東京湾口周辺。翌日は大ダイやメダイもあがった。

あがってくるまで何が釣れたかわからない楽しさがある五目釣り。

ウイリー3本と付けエサが基本。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」。

沖釣りを始めたい、あるいは始めたばかりのビギナー、または高級魚を狙いたいがオデコを恐れてついつい敬遠してしまいがちな釣り人に、うってつけの沖釣りメニューがある。
金沢漁港「忠彦丸」の沖のLTウイリー五目だ。マダイやアマダイなどの高級魚を軸に、アジやメバルなどのその時期その時期の旬の釣りものを豊富に織り込んだこの五目メニューは、ウイリー仕掛けで釣れる魚は全部狙ってしまおうというなんとも欲張りなメニューなのだ。ゲストには、アカイサキ、ムシガレイ、ウマヅラハギにホウボウ、オニカサゴなど、旨い魚が目白押しのまさに五目釣り。
数が釣れると釣りは楽しい。良型の魚が釣れると釣りは楽しい。高級な魚が釣れると釣りはもっと楽しい。誰もが夢見るその楽しさをいっぺんに追うことができる沖のLTウイリー五目。
これから暖かくなり、沖釣りにもさらに出かけやすい季節になる。竿からウェアまですべての道具がレンタルできる「忠彦丸」は、クーラーひとつ抱えていくだけで夢のような沖釣りが楽しめるぞ!!

以上の記事は「つり丸」2012年4月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


激ウマシーズン開幕! 幅広イサキをLTで楽しもう!(一義丸)

激ウマシーズン開幕! 幅広イサキをLTで楽しもう!(一義丸)

6月1日から開幕している剣崎沖のイサキ。開幕初日は低調な結果に終わったが、翌日からは上向き傾向。6月3日には爆発。今回取材で乗船した剣崎松輪「一義丸」ではトップ53匹を記録。他船でもトップ50匹台や70匹台を記録する船があった。


関東屈指の大場所健在! 大ダイのチャンス大!!【東京湾口・剣崎沖】

関東屈指の大場所健在! 大ダイのチャンス大!!【東京湾口・剣崎沖】

毎年安定してマダイの乗っ込みがある、関東屈指の大場所が剣崎沖だ。今年の乗っ込み突入は遅れ気味だったが、4月に入ると気配が見えはじめ、乗っ込みシーズン突入となった。


メダイ、クロムツも出る東京湾口の中深場五目【東京湾口】

メダイ、クロムツも出る東京湾口の中深場五目【東京湾口】

今回はマダイ乗っ込み狙いで仕立の予約をしていたが、まだ少し早かったようなのでクロムツ・メダイなどの中深場五目に変更。三浦半島を回り込み東京湾内に入ると数隻の船が集結しているのが見える。クロムツやメダイを狙う船団だ。ポイントの水深は150〜200mほど。


提灯行列もある!? アコウが好機! 東京湾口の深海釣り【東京湾口】

提灯行列もある!? アコウが好機! 東京湾口の深海釣り【東京湾口】

一般に春を告げる魚というとメバルだが、深場釣り師にとってはアコウダイがそれだろう。500mもの深海からの巻き上げが終わり、紺碧の海面にボコン! と真紅のアコウ花が咲けばまさに春満開。このアコウダイをリーズナブルにそしてお手軽に狙わせてくれるのが金沢八景の「一之瀬丸」で、東京湾奥から深場乗合いを出す唯一無二の貴重な船宿。


手軽なカサゴ釣りを、半日船でさらに気軽に!【東京湾・本牧沖】

手軽なカサゴ釣りを、半日船でさらに気軽に!【東京湾・本牧沖】

カサゴは簡単に誰でも釣れるターゲットだが、それをさらに気軽にリーズナブルに楽しめるのが午前、午後の半日船だ。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読