ビギナーや入門に最適! 東京湾口のLTウイリー五目【東京湾口】

ビギナーや入門に最適! 東京湾口のLTウイリー五目【東京湾口】

まずは目的の魚が釣れた喜び。次にその魚がたくさん釣れた喜び。そして思いがけない大きさの魚や、高級な魚が釣れたときの喜び。こんな「喜び」の階段をのぼりながら沖釣りにハマっていった。そんなビギナー向けの「喜びの階段」が取りそろえられた沖釣りメニューがある。金沢漁港「忠彦丸」の沖のLTウイリー五目だ。


旬の釣りものを豊富に織り込んだ五目メニューは、ウイリー仕掛けで釣れる魚は全部狙おうという欲張りなメニューなのだ

アジのポイントで大型アマダイがあがってビックリ!

オキメバルも数釣れる魚だ。

潮が流れればアマダイも数出る。

こちらはアカイサキ。

色鮮やかなシキシマハナダイ。

関連する投稿


ビギナーにもオススメの半日LTアジ【東京湾・八景沖】

ビギナーにもオススメの半日LTアジ【東京湾・八景沖】

東京湾の手軽な釣り物の代表格であるLTアジ。今や周年、近場の浅場で狙えるターゲットだ。


相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカが本格的な開幕を迎えるのは、暮れから年明けにかけて、というのがここ数年のパターンになっている。狙う海域の洲崎沖、城ヶ島沖、沖ノ瀬は、いずれも黒潮の影響を受けやすく、厳冬期でも高水温をキープしていることが、ヤリイカシーズンが遅れる理由とも言われている。


半日船で楽しむアカメフグメインのフグ乗合!【東京湾・八景沖】

半日船で楽しむアカメフグメインのフグ乗合!【東京湾・八景沖】

金沢漁港「忠彦丸」のフグ船は、午前と午後の一日二便出船する半日船だ。そのフグ船を担当する生駒剛船長は「今の(アカメ)フグは活性が高く、一番おもしろい時期です」と話す。いずれの便も釣り時間は4時間ほどだが、トップ5匹前後の日が多い。いい時にはトップ7〜8匹という日もあるのだ。


剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

もうすぐ正月。正月に食するおめでタイを自ら釣ってみてはいかがでしょう。「今シーズンはこれまでで一番50㎝オーバーが出てるよ!」と話すのは久比里「山天丸」臼井雄二船長だ。


ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

すっかり冬場の人気ターゲットとして定着した、剣崎沖のイシダイ五目。今年も11月に入るとイシダイが顔を出すようになり、シーズンに突入した。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読