MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込み! ジャンボヤリイカがターゲット【茨城・波崎〜鹿島沖】

乗っ込み! ジャンボヤリイカがターゲット【茨城・波崎〜鹿島沖】

親潮の影響が色濃い茨城海域でも、ヤリイカシーズンがいよいよ開幕した。ここのヤリイカ釣りの最大の特徴は昼間の釣りにも関わらず、ポイントの水深が浅いこと。浅場の豊富なベイトを求めて、産卵のために集結するのだ。親潮域だからこその環境だ。

perm_media 《画像ギャラリー》乗っ込み! ジャンボヤリイカがターゲット【茨城・波崎〜鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

浅場がベースであるので、ライトタックルも可能だ。ひとつスッテ釣法ももちろんできる

誰もが3点4点掛け可能だ。

1杯乗ったら、必ず追い乗りを期待しながら、巻き上げよう。

身厚のジャンボヤリイカが釣れる。

1杯乗ったら、必ず追い乗りを期待しながら、巻き上げよう。

オケのなかはこの通り。イカの大きさがお分かりいただけるだろう。

早いスムーズな投入と丁寧なイカの取り込みが数を確実に伸ばすコツ。

7点パーフェクト!!

なんとケンサキイカがヒット。

ポイントの水深は30〜80m。今回の取材時には130mラインも攻めたが、6月までのロングランの間に水深はどんどん浅くなる。30〜60mラインがメインポイントになるというから、普段深場で釣り慣れているイカファンにとってはかなりうれしいこと。そしてさらには、ヤリイカのサイズが大きい。いいことずくめのイカパラダイスなのだ。
茨城でも主要な遊漁船の基地である波崎と鹿島港に属する船宿は、これからの時期このヤリイカを看板にあげる予定だ。
群れを当てれば、“爆乗り確定”のため、いかに群れを探し当てるかがカギ。だから、波崎、鹿島すべての船で群れを探す。そんな協力体制があるからこそ、波崎〜鹿島沖のヤリイカは数釣れるのである。
浅場がベースであるので、ライトタックルも可能だ。ひとつスッテ釣法ももちろんできる。この機会にぜひ、北へ拡大し続ける茨城ヤリイカワールドを体感してみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
小さなジグと軽いタックルで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!取材当日は、激闘の末に90cm・6kgのヒラマサが浮上!
夏の風物詩!鹿島沖の夜ムラサキイカ釣りが開幕!ムラサキイカ&スジイカが絶好調!ライトのイカメタル釣法が超オススメだ!
テンヤにジグを組み合わせて「もっと簡単にビギナーにも釣って欲しい」と「テン巻き」を提唱する鹿島港「植田丸」。手軽に楽しく多彩な魚種と遊ぶスタイルに挑戦してみよう。
南伊豆出船で狙う、キハダのジギング&キャスティングゲームが好調。パワフルファイトを満喫して、ぜひともビッグワンを仕留めていただきたい。
最新記事
良型&激ウマ!剣崎沖のワラサが好調!剣崎間口港「利一丸」では、ワラサ&マダイ!ワラサ&テンヤタチウオなど、仕立船ならではのリレー釣りもオススメ!
相模湾のキハダが激アツゾーン突入!連日デカヒット中だ!今年も狙うぜモンスター級!カツオも依然大型食い続く!当たり年の気配プンプンだ!
東京湾でも人気爆発のテンヤタチウオ!現在のヒットパターンはシェイクからのチョイ巻き!釣れるサイズは圧巻のドラゴン級主体だ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル