MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

相模湾のヤリイカ釣りもいよいよ本格シーズンに突入した。相模湾、長井出船で狙うポイントは、近場では城ヶ島沖、少し足を伸ばして洲崎沖から沖ノ瀬と広範囲にわたる。潮の速さや水温、釣れているイカがヤリイカメインなのかスルメイカメインなのかで、それぞれを釣り分けている。

潮の状況によって洲崎沖、沖ノ瀬、城ヶ島沖を狙い分ける

この日は水温が急上昇し、沖ノ瀬の潮が速く釣りにならず、城ヶ島沖へ移動。始めは小型がポツポツと乗っていたが、後半は良型も目立った。

ヤリイカは小さいアタリを見極める。そのためには、竿をシャクったら必ず竿を止めてアタリを見ること。

中小型サイズも多く、感覚的にはまだシーズン序盤という感じ。

朝方はサバの猛攻も。ブランコでは釣りにならないシーンも。

このサイズがいるうちはまだまだ安心だ。しっかりアタリを取って乗せたい。

日によってスルメも多くまじる。やはり仕掛けは各種揃えていきたい。

この日の最大は沖ノ瀬で。やはり沖のほうが大型が多いという。

水深は100~200mぐらいと、ポイントによって大きく異なる。

今シーズンのヤリイカは、2月下旬の時点ですでに広いエリアにわたって好調な乗りを見せているが、やっぱり気になるのは相模湾東部から東京湾口エリアなど近場の動向だろう。このエリアはうれしいことに、狙えるポイントが豊富にあって「ココはダメでもあっち」、「潮が速いからこっち」などと状況によって狙い分けられることが強みのひとつだ。
潮の状況によって洲崎沖、沖ノ瀬、城ヶ島沖を狙い分けるのが良い。日によって大型ばかりのことや小型の数釣り、スルメメインになったりと状況が変わる。さらに潮が澄んでサバも多くなっている。このようなさまざまな状況に対応できるかで釣果が変わってくる。
上達法は何よりも「状況対応力」だ。たとえば「ヤリイカ乗合」と書いてあったからといって、プラヅノ11㎝仕掛けのみを持参すればいいというのもではない。あらゆる状況に対応するには、14㎝、18㎝、さらには直結仕掛けも必要になる。
これからは沖(沖ノ瀬)で大型が多くなる。3月後半からはヤリイカオンリーになるので、釣りやすくなる。連休明けまでは楽しめる。
あらゆる状況を想定して、ヤリイカを乗せまくろう!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読