MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

相模湾のヤリイカ釣りもいよいよ本格シーズンに突入した。相模湾、長井出船で狙うポイントは、近場では城ヶ島沖、少し足を伸ばして洲崎沖から沖ノ瀬と広範囲にわたる。潮の速さや水温、釣れているイカがヤリイカメインなのかスルメイカメインなのかで、それぞれを釣り分けている。

perm_media 《画像ギャラリー》釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】の画像をチェック! navigate_next

潮の状況によって洲崎沖、沖ノ瀬、城ヶ島沖を狙い分ける

この日は水温が急上昇し、沖ノ瀬の潮が速く釣りにならず、城ヶ島沖へ移動。始めは小型がポツポツと乗っていたが、後半は良型も目立った。

ヤリイカは小さいアタリを見極める。そのためには、竿をシャクったら必ず竿を止めてアタリを見ること。

中小型サイズも多く、感覚的にはまだシーズン序盤という感じ。

朝方はサバの猛攻も。ブランコでは釣りにならないシーンも。

このサイズがいるうちはまだまだ安心だ。しっかりアタリを取って乗せたい。

日によってスルメも多くまじる。やはり仕掛けは各種揃えていきたい。

この日の最大は沖ノ瀬で。やはり沖のほうが大型が多いという。

水深は100~200mぐらいと、ポイントによって大きく異なる。

今シーズンのヤリイカは、2月下旬の時点ですでに広いエリアにわたって好調な乗りを見せているが、やっぱり気になるのは相模湾東部から東京湾口エリアなど近場の動向だろう。このエリアはうれしいことに、狙えるポイントが豊富にあって「ココはダメでもあっち」、「潮が速いからこっち」などと状況によって狙い分けられることが強みのひとつだ。
潮の状況によって洲崎沖、沖ノ瀬、城ヶ島沖を狙い分けるのが良い。日によって大型ばかりのことや小型の数釣り、スルメメインになったりと状況が変わる。さらに潮が澄んでサバも多くなっている。このようなさまざまな状況に対応できるかで釣果が変わってくる。
上達法は何よりも「状況対応力」だ。たとえば「ヤリイカ乗合」と書いてあったからといって、プラヅノ11㎝仕掛けのみを持参すればいいというのもではない。あらゆる状況に対応するには、14㎝、18㎝、さらには直結仕掛けも必要になる。
これからは沖(沖ノ瀬)で大型が多くなる。3月後半からはヤリイカオンリーになるので、釣りやすくなる。連休明けまでは楽しめる。
あらゆる状況を想定して、ヤリイカを乗せまくろう!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
東京湾 秋のサワラ祭りが開幕!ドラグが唸りをあげるほどの「マッハ・ラン」を繰り返す1m超のファイトが東京湾で手軽に楽しめる!ぜひ体験してみよう!
べた凪ぎの海で根魚&タイと遊ぶ!晩夏のタイラバゲームは入門のチャンスだ!水深20m前後の「シャロー」では、アカハタが裏本命となる。ぜひ挑戦してみよう!
9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている!金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
最新記事
魚から見えにくくハリスに最適な高強度ナイロンライン 仕掛け屋本舗「ザ・万力スーパーピンク」3~100号
手軽に楽しめる東京湾のイシモチ!アタリは明確で引きも強い!釣ってよし!食べてよし!お土産確率が高い三拍子揃った人気者!ビギナーやファミリーにもオススメだ!
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル