MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

相模湾のヤリイカ釣りもいよいよ本格シーズンに突入した。相模湾、長井出船で狙うポイントは、近場では城ヶ島沖、少し足を伸ばして洲崎沖から沖ノ瀬と広範囲にわたる。潮の速さや水温、釣れているイカがヤリイカメインなのかスルメイカメインなのかで、それぞれを釣り分けている。

perm_media 《画像ギャラリー》釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】の画像をチェック! navigate_next

潮の状況によって洲崎沖、沖ノ瀬、城ヶ島沖を狙い分ける

この日は水温が急上昇し、沖ノ瀬の潮が速く釣りにならず、城ヶ島沖へ移動。始めは小型がポツポツと乗っていたが、後半は良型も目立った。

ヤリイカは小さいアタリを見極める。そのためには、竿をシャクったら必ず竿を止めてアタリを見ること。

中小型サイズも多く、感覚的にはまだシーズン序盤という感じ。

朝方はサバの猛攻も。ブランコでは釣りにならないシーンも。

このサイズがいるうちはまだまだ安心だ。しっかりアタリを取って乗せたい。

日によってスルメも多くまじる。やはり仕掛けは各種揃えていきたい。

この日の最大は沖ノ瀬で。やはり沖のほうが大型が多いという。

水深は100~200mぐらいと、ポイントによって大きく異なる。

今シーズンのヤリイカは、2月下旬の時点ですでに広いエリアにわたって好調な乗りを見せているが、やっぱり気になるのは相模湾東部から東京湾口エリアなど近場の動向だろう。このエリアはうれしいことに、狙えるポイントが豊富にあって「ココはダメでもあっち」、「潮が速いからこっち」などと状況によって狙い分けられることが強みのひとつだ。
潮の状況によって洲崎沖、沖ノ瀬、城ヶ島沖を狙い分けるのが良い。日によって大型ばかりのことや小型の数釣り、スルメメインになったりと状況が変わる。さらに潮が澄んでサバも多くなっている。このようなさまざまな状況に対応できるかで釣果が変わってくる。
上達法は何よりも「状況対応力」だ。たとえば「ヤリイカ乗合」と書いてあったからといって、プラヅノ11㎝仕掛けのみを持参すればいいというのもではない。あらゆる状況に対応するには、14㎝、18㎝、さらには直結仕掛けも必要になる。
これからは沖(沖ノ瀬)で大型が多くなる。3月後半からはヤリイカオンリーになるので、釣りやすくなる。連休明けまでは楽しめる。
あらゆる状況を想定して、ヤリイカを乗せまくろう!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
3月の鹿島沖テンヤマダイ船は、ジグマダイ船になった!45~60gの小型タングステンジグが大活躍!うれしいゲストはホウボウ&メバル!ぜひ挑戦してみてほしい!
最新記事
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
フラッシュブーストにタコはメロメロ、超高アピールするタコ餌木「タコマスターフラッシュブースト 3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル