MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】

相模湾のヤリイカ釣りもいよいよ本格シーズンに突入した。相模湾、長井出船で狙うポイントは、近場では城ヶ島沖、少し足を伸ばして洲崎沖から沖ノ瀬と広範囲にわたる。潮の速さや水温、釣れているイカがヤリイカメインなのかスルメイカメインなのかで、それぞれを釣り分けている。

perm_media 《画像ギャラリー》釣れてます、相模湾のヤリイカ【相模湾・城ヶ島沖~洲崎沖&沖ノ瀬】の画像をチェック! navigate_next

潮の状況によって洲崎沖、沖ノ瀬、城ヶ島沖を狙い分ける

この日は水温が急上昇し、沖ノ瀬の潮が速く釣りにならず、城ヶ島沖へ移動。始めは小型がポツポツと乗っていたが、後半は良型も目立った。

ヤリイカは小さいアタリを見極める。そのためには、竿をシャクったら必ず竿を止めてアタリを見ること。

中小型サイズも多く、感覚的にはまだシーズン序盤という感じ。

朝方はサバの猛攻も。ブランコでは釣りにならないシーンも。

このサイズがいるうちはまだまだ安心だ。しっかりアタリを取って乗せたい。

日によってスルメも多くまじる。やはり仕掛けは各種揃えていきたい。

この日の最大は沖ノ瀬で。やはり沖のほうが大型が多いという。

水深は100~200mぐらいと、ポイントによって大きく異なる。

今シーズンのヤリイカは、2月下旬の時点ですでに広いエリアにわたって好調な乗りを見せているが、やっぱり気になるのは相模湾東部から東京湾口エリアなど近場の動向だろう。このエリアはうれしいことに、狙えるポイントが豊富にあって「ココはダメでもあっち」、「潮が速いからこっち」などと状況によって狙い分けられることが強みのひとつだ。
潮の状況によって洲崎沖、沖ノ瀬、城ヶ島沖を狙い分けるのが良い。日によって大型ばかりのことや小型の数釣り、スルメメインになったりと状況が変わる。さらに潮が澄んでサバも多くなっている。このようなさまざまな状況に対応できるかで釣果が変わってくる。
上達法は何よりも「状況対応力」だ。たとえば「ヤリイカ乗合」と書いてあったからといって、プラヅノ11㎝仕掛けのみを持参すればいいというのもではない。あらゆる状況に対応するには、14㎝、18㎝、さらには直結仕掛けも必要になる。
これからは沖(沖ノ瀬)で大型が多くなる。3月後半からはヤリイカオンリーになるので、釣りやすくなる。連休明けまでは楽しめる。
あらゆる状況を想定して、ヤリイカを乗せまくろう!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル