MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】

今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】

ウイリー仕掛けを使ったこの「ライト五目」は、もはや相模湾の名物的釣り物のひとつと言っても過言ではないだろう。道具が軽く、釣り方も難しくなく、さらにはいろんな種類の魚が釣れるとあって、女性や子供にも大人気の釣り物である。

perm_media 《画像ギャラリー》今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】の画像をチェック! navigate_next

ヘダイは、スズキ目タイ科ヘダイ属の魚。マダイと同じタイ科。そう、ちゃんとした“タイ”なのだ

初めて釣りました! 顔が丸っこくてかわいい!」と齋藤絵理さん。

タイというだけあって、マダイやハナダイのようにキュンキュンとよく引く。

ポイントは茅ヶ崎港を出てスグ。水深は30m前後と浅いから手巻きリールでOK。

ヘダイを脇役なんて言わせないぜ!!

オキアミのほうが食いがいというが、ウイリー付きのハリにも食ってきた!

今年はこのヘダイが湧いている。トップ20〜30枚以上釣れる日も! このサイズがアベレージだ。

ヘダイの食いが落ちてきたら場所を変えてアジ狙いに。こちらも水深30m前後。居つきだからおいしい!

「ヘダイ」という魚をご存じだろうか? これまで関東近郊では専門で狙うことはなく、ゲストで釣れることも少ないので、知らない人も多いのではないだろうか?
ヘダイは、スズキ目タイ科ヘダイ属の魚。マダイと同じタイ科だ。そう、ちゃんとした“タイ”なのだ。
そんなヘダイが相模湾のライト五目で釣れている。それも、ちゃんと“狙って”釣っている。
「こんなに釣れる年は初めてです。タイというだけあって引きはキュンキュンと強くて楽しいですよ。味はクロダイよりもおいしいっていう人が多いですね」と常連の釣り人は語る。
タナは海底から3m。そこを丁寧に攻めていくと“ゴゴン!”と明確で強いアタリ。だが、これがなかなかハリ掛かりしない。
「あれ~あんなにはっきりアタるのに、なんで掛らないの! これは熱くなりますね」と“えりりん”こと齋藤絵理さんもヘダイの意外なおもしろさにすっかり熱中! 寒さも吹っ飛ぶ熱~いヘダイ釣り。マジでハマります!!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
外房・岩船~大原沖の梅雨イサキが、食い活発でいよいよ最盛期に!コマセ釣りの楽しさが満載!!みんなで数釣りを楽しもう!
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル