MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】

今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】

ウイリー仕掛けを使ったこの「ライト五目」は、もはや相模湾の名物的釣り物のひとつと言っても過言ではないだろう。道具が軽く、釣り方も難しくなく、さらにはいろんな種類の魚が釣れるとあって、女性や子供にも大人気の釣り物である。

ヘダイは、スズキ目タイ科ヘダイ属の魚。マダイと同じタイ科。そう、ちゃんとした“タイ”なのだ

初めて釣りました! 顔が丸っこくてかわいい!」と齋藤絵理さん。

タイというだけあって、マダイやハナダイのようにキュンキュンとよく引く。

ポイントは茅ヶ崎港を出てスグ。水深は30m前後と浅いから手巻きリールでOK。

ヘダイを脇役なんて言わせないぜ!!

オキアミのほうが食いがいというが、ウイリー付きのハリにも食ってきた!

今年はこのヘダイが湧いている。トップ20〜30枚以上釣れる日も! このサイズがアベレージだ。

ヘダイの食いが落ちてきたら場所を変えてアジ狙いに。こちらも水深30m前後。居つきだからおいしい!

「ヘダイ」という魚をご存じだろうか? これまで関東近郊では専門で狙うことはなく、ゲストで釣れることも少ないので、知らない人も多いのではないだろうか?
ヘダイは、スズキ目タイ科ヘダイ属の魚。マダイと同じタイ科だ。そう、ちゃんとした“タイ”なのだ。
そんなヘダイが相模湾のライト五目で釣れている。それも、ちゃんと“狙って”釣っている。
「こんなに釣れる年は初めてです。タイというだけあって引きはキュンキュンと強くて楽しいですよ。味はクロダイよりもおいしいっていう人が多いですね」と常連の釣り人は語る。
タナは海底から3m。そこを丁寧に攻めていくと“ゴゴン!”と明確で強いアタリ。だが、これがなかなかハリ掛かりしない。
「あれ~あんなにはっきりアタるのに、なんで掛らないの! これは熱くなりますね」と“えりりん”こと齋藤絵理さんもヘダイの意外なおもしろさにすっかり熱中! 寒さも吹っ飛ぶ熱~いヘダイ釣り。マジでハマります!!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読