MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】

今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】

ウイリー仕掛けを使ったこの「ライト五目」は、もはや相模湾の名物的釣り物のひとつと言っても過言ではないだろう。道具が軽く、釣り方も難しくなく、さらにはいろんな種類の魚が釣れるとあって、女性や子供にも大人気の釣り物である。

perm_media 《画像ギャラリー》今年好調の「ヘダイ」は引きが良く食べても美味【相模湾・茅ヶ崎沖】の画像をチェック! navigate_next

ヘダイは、スズキ目タイ科ヘダイ属の魚。マダイと同じタイ科。そう、ちゃんとした“タイ”なのだ

初めて釣りました! 顔が丸っこくてかわいい!」と齋藤絵理さん。

タイというだけあって、マダイやハナダイのようにキュンキュンとよく引く。

ポイントは茅ヶ崎港を出てスグ。水深は30m前後と浅いから手巻きリールでOK。

ヘダイを脇役なんて言わせないぜ!!

オキアミのほうが食いがいというが、ウイリー付きのハリにも食ってきた!

今年はこのヘダイが湧いている。トップ20〜30枚以上釣れる日も! このサイズがアベレージだ。

ヘダイの食いが落ちてきたら場所を変えてアジ狙いに。こちらも水深30m前後。居つきだからおいしい!

「ヘダイ」という魚をご存じだろうか? これまで関東近郊では専門で狙うことはなく、ゲストで釣れることも少ないので、知らない人も多いのではないだろうか?
ヘダイは、スズキ目タイ科ヘダイ属の魚。マダイと同じタイ科だ。そう、ちゃんとした“タイ”なのだ。
そんなヘダイが相模湾のライト五目で釣れている。それも、ちゃんと“狙って”釣っている。
「こんなに釣れる年は初めてです。タイというだけあって引きはキュンキュンと強くて楽しいですよ。味はクロダイよりもおいしいっていう人が多いですね」と常連の釣り人は語る。
タナは海底から3m。そこを丁寧に攻めていくと“ゴゴン!”と明確で強いアタリ。だが、これがなかなかハリ掛かりしない。
「あれ~あんなにはっきりアタるのに、なんで掛らないの! これは熱くなりますね」と“えりりん”こと齋藤絵理さんもヘダイの意外なおもしろさにすっかり熱中! 寒さも吹っ飛ぶ熱~いヘダイ釣り。マジでハマります!!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
最新記事
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル