MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春は数、型ともに期待大! 狙うは5㎏超の大ダイだ【外房・片貝沖】

春は数、型ともに期待大! 狙うは5㎏超の大ダイだ【外房・片貝沖】

ハナダイ、アジ釣りが盛んに行われている片貝沖。ほかにもヤリイカ、アカムツ、キンメ、ヒラメなど多彩な釣り物があるが、不思議とマダイは専門に狙われていなかった。ところが一昨年の11月から、片貝港の何軒かの船宿が、細いPEラインと軽いテンヤで狙う「ひとつテンヤ釣法」でマダイを狙い始めたのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》春は数、型ともに期待大! 狙うは5㎏超の大ダイだ【外房・片貝沖】の画像をチェック! navigate_next

取材当日は朝からハナダイ、ホウボウをゲストに、0.5〜1.5㎏のマダイが連発。数釣りで盛り上がった

当日最大は、この5.5㎏! これを皮切りに大型のヒットが続いた。

当日は「片貝漁礁」と呼ばれる漁礁周りをメインに狙った。このほかにも手つかずのポイントが多数あるという!

クーラーに入った大ダイの下には中小型マダイが隠れている。数、型ともに期待できる時期だ。

大ダイヒット! 水深が30m前後と浅いので、竿が曲がる方向からもわかるように横走りする!

食いがいいときは、このサイズがそろう。

メインに使うテンヤは5、6号。エサは冷凍エビ。

ハナダイは定番ゲスト。

細いラインでやり取りをするので、ラインを出しながら慎重に!

差し出すタモに無事に取り込まれた! 釣り人の表情からもわかるように嬉しい瞬間だ!

5.5㎏のあとには5㎏の大ダイも上がった!

一昨年から本格的にスタートした片貝沖のひとつテンヤマダイ。今年は、水温が最も下がる厳寒期でも12度台までしか下がらなかった。そのことから、昨年秋のシーズンから「型よりも数」の釣りが続いていた。
しかし、ここへきて水温の上昇に合わせるかのように型物が出始め、全体的な釣果も上向いてきた。
取材当日は朝からハナダイ、ホウボウをゲストに、0.5〜1.5㎏のマダイが連発。数釣りで盛り上がった。
そして、10時頃、潮が緩みだして海の状況が変わってきたところに、ドッカーンと来た! 20mくらい一気に突っ走り、その後も一進一退の攻防を繰り広げること約10分。少しずつ距離が詰まり、真っ赤に発色した5.5㎏が浮上。これに続いて5㎏も取り込まれて歓喜に沸いたのだった。
また、バラシも何度かあって、まだまだ大物は潜んでいる様子。いつアタるかわからない強襲に備えて、ドラグとラインの点検は忘れずに!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル