魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


なにが来るかわからない。そんな期待を寄せながら一日のんびりと糸を垂れる

凪ぎの西伊豆は空気が澄んでいて大変気持ちいい。女性にもおすすめだ。

土肥沖はアマダイの穴場ポイント!? 当たれば大釣り可能。

コマセでマダイを狙うと、2㎏のマダイがヒット。乗っ込みが待ち遠しい。

イトヨリがヒット。おいしいゲストだ。

普段攻めていない場所を攻めると浅場でオニカサゴが来た。

タマガシラ。

カイワリ。

マハタ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・土肥港「とび島丸」。

「アマダイを狙って、ライトなタックルでマダイポイント周辺を狙うとけっこういろんないい魚が釣れます。たまには趣向を変えて、近場で五目釣りするのも楽しいですよね。なにが来るかわからない。そんな期待を寄せながら一日のんびりと糸を垂れる。この時期だからこそ、そんな遊びができます。ぜひ、気軽に来てください」とは、コマセマダイ釣りのカリスマ船長として有名な「第18とび島丸」の鈴木健司船長の弁。
風光明媚な景色のなか釣りと温泉宿の泊まりがけ釣行が楽しめる西伊豆。ぜひ、気軽に出かけてみてはいかが。

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


コマセマダイ釣りの代表的釣り場がここだ!【西伊豆・土肥〜田子沖】

コマセマダイ釣りの代表的釣り場がここだ!【西伊豆・土肥〜田子沖】

伊豆土肥沖のコマセマダイ釣り場といえば、コマセマダイ釣りの最高峰の釣り場のひとつと言える。ここでは、起伏に富んだ地形で生じるさまざまな潮の流れを読みながら、釣りをしなければならない。釣れるマダイは良型メインで、とても元気のある個体ばかりだ。


まだまだチャンスあり! 大型好調! 東京湾のアマダイ【東京湾】

まだまだチャンスあり! 大型好調! 東京湾のアマダイ【東京湾】

この寒さもあってか、なかなか元気のある釣り物が少ない現在の東京湾にあって、ファンの間で盛り上がっているのがアマダイだ。良型主体にときに50㎝オーバーも。終盤戦ながら依然衰え知らず。そこで、2月8日、久比里「巳之助丸」から狙ってきた。


「アマダイ」の寿司…「甘鯛」と書きたくなる気持ちが分かる程の甘み

「アマダイ」の寿司…「甘鯛」と書きたくなる気持ちが分かる程の甘み

一月も半ば過ぎとなって、ふと窓の外を見ると早咲きの紅梅が咲いている。年を取るごとに一年が短くなる。梅が咲いたら、いつの間にか師走とならないように今年こそがんばろう。さて、仕事が終わって、今宵の晩酌の肴は超高級アマダイの若狭焼き。七輪で酒を塗り塗り焼き上げる。この時間がまことに、よろしおすなー。


相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

穂先を「ツツッ」と引き込まれアワセを入れると、これまでのゲストとは明らかに違う引き味。ドラグを締めすぎないよう注意しながら巻き上げると、澄んだ冬の海に泡を吹きながらピンク色の魚体が浮いてきた。


今シーズンはチャンス、高級魚アマダイが絶好調【相模湾・江の島沖】

今シーズンはチャンス、高級魚アマダイが絶好調【相模湾・江の島沖】

今回の取材釣行は、湘南片瀬港「島きち丸」のアマダイだ。「今年の相模湾は異常だよね」という会話が、アマダイ釣りを好む釣り人たちの間では、もはや挨拶がわりとなっている。それほどまでに釣れている相模湾のアマダイ。取材日のような好ましくない潮流でさえも凌駕してしまうのだろうか?


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読