MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。

perm_media 《画像ギャラリー》沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】の画像をチェック! navigate_next

エサ&ルアー、いずれもレンジ攻略がカギ

エサ&ルアーいずれもレンジ攻略がカギ。

夜釣りはまだまだ寒い。防寒対策を万全に。「真成丸」のキャビン外部の手すりはヒーターになっている。ぜひ活用しよう。

エサ釣り好調! ドラゴン級もまじるぞ!!

トルクフルのあるファイトを楽しませてくれる千本浜沖のタチウオ。

ヒットレンジをねちねちと攻める作戦が有効。

メタルジグはシンプルな形状なものがおすすめ。カラーは好みで。当たりカラーは、ジグの早いローテーションで見つけ出そう。

ジグは100〜130g。あまりスライドしないものがおすすめ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」。

釣り方は、エサ釣りとルアー釣り。
エサ釣りはハリス10号2ヒロ1本バリ、サンマの切り身エサでテンビン吹き流し仕掛けで狙う。
ルアーはメタルジグ80〜130号でジギングだ。
「千本浜のタチウオの群れは西から移動してくるんだ。だから、隣の船が連れ出したら、うちの船も釣れだすよ」とは、タチウオ釣りに詳しい沼津静浦港「真成丸」高橋判船長。
遊漁船の釣り時間は、18時から22時30分まで。だが、現場到着16時ごろ。釣り開始時間より早い理由は、場所取りのためだ。ここのタチウオ釣りではアンカーを打ってのカカリ釣りのため、どこを陣取るかで釣果が大きくかわるという。
「ここのタチは、タナをどう探るかがカギだよ。指示ダナより上を探るが基本です。エサもルアーも同じですよ」と高橋船長は言う。
例年なら終盤戦だが、昨年夏からロングランで継続中の沼津沖の夜タチウオ。まだまだ、釣れ続く雰囲気はムンムン。防寒対策をして臨んでほしい。

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!
「つり丸・3月15日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された茨城・鹿島沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
飯岡沖のテンヤマダイが釣果上昇中!中、大ダイがまじりサイズも期待できる展開に!取材日の飯岡港「幸丸」でもコンスタントにマダイがヒット!今がまさに釣りどきだ!
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル