MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。

perm_media 《画像ギャラリー》今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

半日でトップ40~50本、サイズも70~80㎝というグッドサイズも登場!

第一投目からヒット、ヒット、ヒット! いよいよベストシーズンの到来だ。

「シーバスは始めてまだ3回目なんです」というアングラーに70㎝オーバー!

こちらも70㎝オーバー! このサイズともなれば引きはかなり強烈だ!

小型は抜き上げてもいいが、危険を伴ううえにロッドの破損につながりやすいので十分に注意して行おう。

春の荒食いスタート!!

シーバスはとてもおいしい魚。持ち帰る場合はかなり大きめのクーラーが必携ですよ!

当日はピンク系のジグにヒットが集中。「TGチビマサムネCB」や「メタルフォーカス」(いずれもスミス)の60gがとくによかったゾ!

タックルは、フォールのアタリを取りやすいベイトタックルがおすすめ。今年の新製品「SLP」シリーズ(スミス)のロッドはパワーがありランカークラスがヒットしても安心。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・川崎「つり幸」。

船長の爆釣宣言通り、東京湾のシーバスはなんと取材翌日から爆釣モードに突入してしまった。半日でトップ40~50本、サイズも70~80㎝というグッドサイズも登場! 本格的荒食いシーズンがついに始まったのだ。
ちなみに取材当日は、半日でトップ20本超、70㎝オーバーも2本登場し、本誌的にはまずまず。だが幸田船長に言わせると「数日前からかなり状況は渋くてね…。これではとても満足できませんよ」とのこと。翌日の釣果を考えれば、納得の言葉だった。
さて、この時期メインとなる釣り方はジギング。60~80gのメタルジグを、基本は「海底まで落として、巻きあげるだけ」でOK! 子供や女性も手軽に楽しめるうえに、前述のような70~80㎝という大型が誰にもヒットする可能性がある、というのもこの釣りの大きな魅力のひとつ。この春は、みんなでシーバスジギングを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル