MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
安定感抜群! これから春の絶好機、瀬ノ海のマアジ【相模湾・瀬ノ海】

安定感抜群! これから春の絶好機、瀬ノ海のマアジ【相模湾・瀬ノ海】

厳しい寒さが徐々に和らいだ2月、春の釣りが待ち遠しい時期だ。沖釣りの定番魚種である相模湾のアジ釣りもこれからいい時期を迎える。越冬したアジが産卵準備のために活発な食いを見せる、春アジのシーズンだ。ひと足早い春を感じに、大磯港に向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》安定感抜群! これから春の絶好機、瀬ノ海のマアジ【相模湾・瀬ノ海】の画像をチェック! navigate_next

相模湾、瀬ノ海のアジは安定度が抜群、キラキラ輝く新鮮なアジのお土産にあぶれることは滅多にない

瀬ノ海のアジは数が安定してるだけでなく、大型もまじるのがうれしい。3月中旬から後半は潮が濁りさらに釣りやすくなるぞ。

瀬ノ海は大磯〜二宮沖に広がるアジの一大ポイントだ。

この日は良型が目立った。

水深90m前後から小気味いい引き味を何度も楽しめる。

ダブル、トリプルで数を伸ばそう。

ベタナギの春の海からキラリと光るアジを抜き上げる。

みなさん安定釣果を堪能した模様だ。

ビシはポリビシを使う。

サバ避け対策には銀バリを。

老若男女、ビギナーからベテラン、誰にでも楽しめる釣りの代表格はやっぱりアジ釣りだろう。特に相模湾、瀬ノ海のアジは安定度が抜群、キラキラ輝く新鮮なアジのお土産にあぶれることは滅多にない。現在、春アジシーズンに向けて釣果も上昇中だ。
ポイントは大磯から二宮沖に広がる瀬ノ海の水深90〜120m。港からも近く、風に強い場所なのでビギナーでもアジ釣りが楽しめるポイントだ。
底から4mでコマセをまいて、5mで魚信を待てば、ほどなく竿先を押さえ込むアジのアタリが到来した。投入のたびに空振りなしで釣れてくる時間帯もあり魚影は濃い。現在釣れているアジは25〜35㎝のサイズ。春の濁り潮になれば、産卵間近の40㎝級の大型アジも口を使い出して、数型ともに伸びていくだろう。
好釣果を出すコツは正確なタナ取りとしっかりとしたコマセまきだ。指示ダナに合わせ、コマセの詰め替えをマメにすれば大漁への道は難しくない。寒さも緩む3月、海の上は快適だ。穏やかな春の日を選んでアジ釣りへと出かけよう。

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル