MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
荒食い期に突入! 東京湾のマコガレイ【東京湾】

荒食い期に突入! 東京湾のマコガレイ【東京湾】

東京湾のマコガレイが産卵期を終えて、荒食いのシーズンに入った。この時期のマコガレイはとにかくサイズがいいのが魅力で、小さくても30㎝ぐらいあって釣り応え満点だ。

perm_media 《画像ギャラリー》荒食い期に突入! 東京湾のマコガレイ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

産卵後の 荒食い期に突入! 40㎝オーバーを狙え!

カレイに並々ならぬ情熱を注ぐ清常智之さんは超厳しい状況の中で本命をゲット。前週は40㎝オーバーを2枚ゲット。

アンカーを入れたカカリ釣り。

取材翌日に出た42㎝と41㎝。

4本の竿を交互に聞いていく。

産卵後の荒食い期は良型メインだ。

エサ付けは房掛け。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」。

「みなさん、40㎝オーバーを釣りたい、って通ってくれる人が多いですよ」とは、この釣りにこだわりを持つ金沢八景「荒川屋」の山下光昭船長だ。
サイズが大きいということは、それだけ1枚の価値が高いということ。さらに江戸前のマコガレイは食味の面でも人気が高い。
東京湾のカレイ釣りというと、のんびりと竿を並べて待つ釣りのイメージだが、猛者たちは「釣れる筋」を探したり、アグレッシブに攻めの釣りを展開して大物を手中にしている。
「数はそんなに多くありませんが、東京湾で大型記録を更新したいならいましかありません」とは、この釣りに通い詰める清常智之さん。40㎝オーバーは高確率、夢はでっかく50㎝オーバーといこうじゃありませんか! 3月は激アツだ!

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル